個性豊かな4人のイラストレーターが
週替わりで『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
毎週金曜日更新です。
>>バックナンバー一覧

2009.01.30 料理道具についてのあれこれ---まな板 【影山直美】

まな板…
料理道具の中ではわりと地味な存在ですよね。
今まであまり深く考えたことがなかったのですが、
新しい物を買うのにあたって
思いがけず迷ってしまいました。

今まで使っていたのは、ヒノキのまな板。
子供の頃から家にあって見慣れていたからか、
まな板といったらこれ、という感じで自然に選んでいました。
白いまな板も使ってみたのですが
たまたま選んだものがそうだったのか、
切るときに包丁が滑るような感触があり、
なじめませんでした。

料理道具についてのあれこれ---まな板【影山直美】
料理道具についてのあれこれ---まな板【影山直美】

そういえば先日クイズ番組を見ていたら、
黒いまな板というのがあると知ってびっくり。
黒いところに食材を置くのは
なんだか抵抗があるなぁと思ったけど、
黒い理由を聞いて納得。

高齢者にとっては白いまな板では白い食材が見えにくい。
まな板が黒なら、豆腐もタマネギも
見やすいからということでした。

さて結局、私が新しいまな板に選んだのは
EPICUREAN 耐熱カッティングボード Lサイズ

料理道具についてのあれこれ---まな板【影山直美】

手入れはとてもラクです。丈夫なのに軽いのも魅力。
でもなーんか違う…。
包丁を降ろしたときの音が甲高いというか荒っぽいというか…
もうこれは好みの問題ですが。
やっぱり私はヒノキのまな板に戻りそうな予感(捨てないでよかった)。
料理するものによって使い分けるのがいいかもしれませんね。

【耐熱カッティングボードについての補足と参考リンク】

天然の木の繊維を固めて作られたカッティングボードです。
耐久性に優れ、優しい質感で包丁を痛めにくいのも特徴です。
また食器洗浄機で洗浄することができるので、メンテナンスも簡単です。
「エピキュリアン カッティングボード」などで検索すると、取り扱い店舗を探すことが出来ます。

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

三たび柴犬さんのツボ

最新刊:(著書)『柴犬ゴンのへなちょこ日記』幻冬舎文庫
『柴犬さんのツボ』『続・柴犬さんのツボ』辰巳出版
『となりは柴犬3丁目』 メディアファクトリー
2008年11月11日に『三たび柴犬さんのツボ』(辰巳出版)が発売になりました!

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/


 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
すすさん  30代女性  2009/02/03 12:27:08
まな板の音が気になるのって、自分だけじゃなかったんだ!
という気持ちでいっぱいです。やっぱり木のまな板は、
音がやわらかくて良いですよね。一度、白いプラスチック製に浮気したのですが、脳天に響く音が気になって、
再び木に戻ってきました。

みーさん  20代女性  2009/01/31 23:02:15
私もエピキュリアンを使っています。
本当に軽くて洗うのが苦にならないし、お肉やお魚を切っても衛生的なのでお気に入りです。
でもやはり硬さは気になるので、エピキュリアンを使うときはヘンケルス、もう一枚の檜製のものを使うときはセラミック、と包丁を使い分けています。

ぴーたんさん  40代女性  2009/01/31 6:35:00
私も最近まな板を買い換えました。でも音が気に入らないんです。やっぱり甲高くてなんだかしっくりこない。古いのは捨ててしまったのでしばらくこれで我慢するしかなさそうです。ヒノキのまな板いいですよね!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved