個性豊かな4人のイラストレーターが
週替わりで『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
毎週金曜日更新です。
>>バックナンバー一覧

2008.09.12 救命講習に参加してきました 【影山直美】

いつかは受講したいと思っていた「救命講習」。
人工呼吸? 心臓マッサージ? 
なんか難しそーう、自分にはできなーい…と弱気になってしまうかもしれませんが、
家族や友人が倒れて心臓や呼吸が止まったとき、
救急車が来るまでの間に(*1)ただ手をこまねいていては
助かる命も助からなくなってしまいます。
今回、たまたま町内会で開催されることになったので行ってまいりました。

初めに「3時間やります…」と聞き、正直ちょっとブルーな気持ちに。
でも内容のほとんどが実習とのこと。
座りっぱなしで講義を聴くというものではないので、ホッ。

この日教えてもらうのは人工呼吸や心臓マッサージなどの「心肺蘇生法」と、
「AED(*2)の使用法」。
「AED」とは、電気ショックを行う機器です。
駅や空港、公共施設などで見かけることもあるかと思います。

救命講習に参加してきました【影山直美】
救命講習に参加してきました【影山直美】

これは見学しただけとか1回やってみただけでは忘れてしまいそう。
でも繰りかえし実習をすることによって、
だんだんと自信がついてきました。
3時間という時間配分も、そのためだったのかも。

こういった技術は、もちろん出番がないにこしたことはありませんが、
万が一の時に、練習したことがあるのとないのとでは大違い。
AEDが近くにない場合や人工呼吸ができない場合には、
心臓マッサージだけでもじゅうぶん行う意義があるそうです。
もし興味を持たれた方は、
お住まいの地域の講習に参加してみてはいかがでしょうか。


(*1) 救急車が到着するまでの間に、全国平均で6分以上かかるといわれています。
(*2) AED・・・自動体外式除細動

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

となりは柴犬3丁目

(著書)『柴犬ゴンのへなちょこ日記』 幻冬舎文庫
    『柴犬さんのツボ』『続・柴犬さんのツボ』 辰巳出版
2008年6月20日にキャラクターブック
『となりは柴犬3丁目』(メディアファクトリー)が発売になりました!

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/


 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
りえぽんさん  40代女性  2008/09/22 15:25:04
わたしも講習を受けたことがあります。

その時に一番印象に残ったのは消防士さんの一言。
「うまくできるかな?とか失敗せえへんかな?とかは考えなくていいです。
どうせ死んでるんですから、思い切ってやってください」

要するに心臓マッサージや人工呼吸が必要な時は心配停止状態=死んでいる状態なので
ダメ元でもやってみる方がいいのだ、やらないよりはいいのだ、ということです。
そう考えると「やってみようか?」ってなりますよね(笑)

大阪の講習ならではのお笑いありの講習でしたが
この一言が聞けただけでも価値はあると思いました。
そういう場面には居合わせたくはないですが
この一言が頭にあるので、もしもの時には思い切って行動できると思います。

ゆうさん  40代女性  2008/09/12 22:17:39
教習所で、やりました。

ちょこっぺさん  30代女性  2008/09/12 15:00:42
海外で教師をしていたのですが、小学生にもAE
Dの講習がありました、高学年だけでしたが、緊急救命の大切さも経験でき、子供にとっても良い授業になるな〜と思いました。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved