モノのある生活個性豊かな4人のイラストレーターが
週替わりで『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。 毎週金曜日更新です。
>>執筆陣紹介はこちらから
>>バックナンバー一覧

2008.08.22 涼感シーツってどうなのさ? 【多田歩実】

涼感シーツってどうなのさ?【多田歩実】

我が家の寝室は西の角部屋。西日の熱が残るなか、窓を開け放せないのが辛いです。
今年は仕舞われたままの竹シーツですが、使い始めの感触はなかなか良いので、
寝つきが早くて硬めの寝床でも大丈夫な方にはお勧めできます。

涼感シーツってどうなのさ?【多田歩実】

とあるネットショップで見つけたこのシーツ。残念ながらそこでは既に品切れ。
他のいくつかのショップでも、品切れ品薄の人気商品だったので、
否が応でも期待は高まります。

涼感シーツってどうなのさ?【多田歩実】

私が鈍感なのかも…。

涼感シーツってどうなのさ?【多田歩実】

確かに、あんまり冷えすぎても体に悪いかもしれませんが、
もしかしたら、普通の綿シーツと半々で寝たら多少は違いがわかったかもしれませんが、

全くといっていいほどキシリトールの効果は実感できませんでした。
私だけ?私が鈍感すぎるだけ?
他の方の感想も聞いてみたいところです。

 
執筆者紹介
多田歩実 多田歩実 誕生日2.23現住所神奈川県
ひとこと
イラストや漫画、必要となればデザインも手がけております。
最近の関心事はロハス。ただし気軽に取り組めるものに限ります。

『ペット大集合!ポチたま 日本地図めいろ―だいすけ君の旅―』■最新の著書■
『ペット大集合!ポチたま 日本地図めいろ―だいすけ君の旅―』
横山験也/著  多田歩実/絵 (ほるぷ出版)
テレビ東京でおなじみ、「ポチたま」のめいろ絵本が出来ました。
だいすけ君と一緒に全国を旅しながら、県名や特産品を学ぼう!
『ビジュアルガイド 明治・大正・昭和のくらし3 昭和のくらしと文化』(汐文社)
 昭和のくらしと文化を、写真とイラストたっぷりでわかりやすく解説。

『お仕事図鑑 それいけ!新聞記者』(フレーベル館)
 新聞記者を徹底取材。イラストでその全貌をくわしく紹介します。

次回予告→【今井ヨージ】 8月29日(金)の更新です。お楽しみに!

今井ヨージ
 
執筆者別バックナンバー
【連載中】
柏木きなこ
たみちん
影山直美
【連載終了】
多田歩実
今井ヨージ
たみやともか
 
ゆみぞうのオピ日記

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
麻さん  20代女性  2008/08/25 11:24:37
寝苦しい時には、タオル地よりも凹凸の多いワッフル地やサッカー地のような生地を敷いて寝ると、それなりに寝苦しさが解消されます。
ひんやり感はないですが、凹凸がある分、肌との接触面が減って、サラッとした感触がいつまでも続くので、綿シーツだけよりは寝易かったです。

あと、水分に反応して冷たくなる、という仕組みならば、寝る前に霧吹きで軽く湿らせてみてはいかがでしょうか?(笑)

やぶさん  30代女性  2008/08/23 11:21:00
今年ジェルタイプのシートを買いました。最初はひんやりしているのですが、寝つきに入りやすいように使用するものという感じでずっとひんやりが続くわけではないですね。それとある程度部屋自体をエアコンや扇風機等で涼しくしていないと効果は薄いようです。

さくらさん  30代女性  2008/08/23 3:20:35
私は「NASAが開発」というふれこみの涼感シーツを買いましたが、値段が高い割に(シングル用で1万円程度)効果は実感できませんでした。
触ったばかりの時は、多少ひんやりするんですが・・。
ジェルタイプは使える期間が短いみたいだし、みなさんのコメントを見ても、やっぱりどれにしても限界があるような気がしちゃいますね。

ちょさん  30代女性  2008/08/23 0:44:37
背中が暑くて何度も起きたこの夏
買おうかすごく悩みました
汗をかきたくないから欲しいのに…
うむむむ。
ジェルタイプは重いらしいし。
そうこうしているうちに、また夏が終わる…

みかんさん  30代女性  2008/08/22 20:32:10
私も以前同種と思われるシーツを使ったことありました。シーツに触った瞬間は、若干冷たかったですが、寝ていると効果は分かりにくかったなあ。
やっぱりそう上手いこといかないのかも。

キャットさん  20代女性  2008/08/22 16:50:14
汗かかなければ冷えないし、汗かくほど暑かったら眠れない・・・・
確かに矛盾してますねww

 
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved