モノのある生活個性豊かな4人のイラストレーターが
週替わりで『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。 毎週金曜日更新です。
>>執筆陣紹介はこちらから
>>バックナンバー一覧

2007.1.12 洋服店での体験談発表 【多田歩実】

洋服店での体験談発表【多田歩実】
「洋服屋で販売員さんに話しかけられると、緊張しちゃうのって私だけ? みんなは、どんなふうに接しているの?会話しているの?」
という疑問から、昨年募集しました体験談。色々頂きました。 いよいよ発表です!
洋服店での体験談発表【多田歩実】
洋服店での体験談発表【多田歩実】
チェーン展開しているおしゃれ系の服さんで
悲しいかな、帰国後太った私は肩幅から腕までが、かなり太くなりまして…仕事でジャケットが欲しくて行ったのですが、どれもきつく。
でも店員さんは一生懸命探してきてくれるのです。
でも、キツイ…。それでもめげない、いえ親切に探してきてくれる店員さん、ありがたいけど、どんどん微妙な雰囲気になっていく…声をかけるまで、そっとして欲しい〜(((((^〜^:)

※マウスを合わせるとちょっとした続きが見れます※

洋服店での体験談発表【多田歩実】
5年ほど前、コムサのバーゲンに行ったときのことです。
とてもフレンドリーな女性の店員さんが付いてくれたのですが、この人がとてもすすめ上手でした。
「こちらのパンツもいいですけど、このスカートはどうですか?」
「え、スカートはかないんですか?もったいない、絶対似合うのに!ちょっとはいてみてくださいよ!」
「ああ、やっぱり良く似合ってますよ!素敵です!」
などなど、気がつくとスカートは喪服ぐらいしか持っていないパンツ党の私が、スカートを買っていました。
その他にも、このスカートに似合うカットソーやベルトなど、バーゲンにしては高く付いた買い物でした。
財布のひもが固い私にしては、うまく乗せられた感じです。
逆に言えば、とても感じの良い店員さんだったのですね。
ひとつ間違えば、嫌みに聞こえそうな言葉も、彼女が言うとすんなりと受け入れられたのです。
進められた服は今でもお気に入り。
ちなみに、今でもスカートはやっぱりその一着しか持っていません(喪服以外は)。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
こんにちは。いつも楽しみにしてます。
某池袋ア○パに入っている洋服屋さん。
きっとノルマがあるのでしょうが、何を合わせても「お似合いですよ〜」「ぴったりじゃないですか〜」って・・・。
私の趣味が店員さんにわからないのは仕方ないんですが、どう見てもコレ、サイズあってないでしょ!?さらに某池袋西○の洋服屋さん・・・に限らず、特に若い店員さんが、 「いらっしゃいませ〜」「どうぞお手にとってご覧くださいませ〜」 ・・・と、マニュアルどおりの台詞を抑揚もなく客の顔すら見ずに機械人形のように連発しているお店。
入ってみる気すらしません・・・。
アパレル業界の仕事がキツイってのは聞いたことあるんですが、
でもこっちだって、慣れないショッピングで精一杯自分に合いそうな服を探してるのよぅ〜!
・・・とじたじたしたくなってしまうのです。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
私は積極的に販売員さんとコミュニケーションを取って買い物したい派です。自分から逆アプローチすることもよくあります。
まず、自分のセンスに自信がないので、購入の後押しをしてもらいたいのと(まさにカモネギ客です♪)買い物する時間自体を楽しみたいから。私にとって買い物は大切なストレス発散法なのです。
私が販売員さんと接する時の手?は「販売員さんを逆に褒める」こと。「この服、あなたによくお似合いですね」「いいものを勧めてもらえて助かったよ」など。
自分に販売経験があるので分かるのですが、販売員さんも人の子、褒められたら嬉しいもの。
顔を覚えてもらったら、「正直、この服は止めた方がいい」等、
本音のアドバイスももらえたりするので、仲良くなるに越したことはないです。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
セレクトショップにシャツを探しに行ったときに、店員さんが色々提案してくれたのですが、なかなか気に入ったものがなくて「こんなのないですか?」って話をしたら店の奥から一枚のシャツを出してきてくれました。
「おすすめはできませんが、いかがですか?」って。店頭にないデザインだし、勿論値札もついていません。中のタグ(綿100とかブランドロゴが書いてあるタグ)も手書き。
実はそのシャツ、試作品で、商品評価のために店に届いたものだったのです。内緒と言われましたが、もう時効だと思うので投稿しちゃいます。そのシャツは今でもお気に入りです。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
高校生の頃、ブランドショップの店員のお姉さんに一目ぼれ!
なけなしのお金を握り締め、お姉さんに会うために、また「ありがとうございました」と言ってもらうために一生懸命ショップに通いました。
ある程度仲良くはなれたものの、もちろん店員とお客の関係以上になることなどはなく・・・・
今となってみればよい思い出です。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
パンツを買うときに、試着をするのって面倒だし、体型がわかったりすると悲しいですよね。でも、そのお店は、ぱっと見て、「お客様とよく似た骨格や身長・体型のお客様で、こういうタイプが非常にお似合いだったので」とお薦めしてくれて、非常に納得できて、しかも、買ったものがぴったりだったので、すごく良かったです。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
特に珍しい体験というのは持っていないんですが、突然話しかけたりおすすめされたりするとどうもゆっくり見られない感じがして居心地が悪いです…!
ただ、お客に全く関心無しで聞きたいことがあってもこっちを気にしてなく何かしているから声をかけることも出来ないような店員さんも困りますよね…!
そのバランスが難しいとは思いますが必要最低限の話は気軽に出来る雰囲気を持ってる人がいいです。
そういう店員さんが居る店はついリピートしちゃいます♪
洋服店での体験談発表【多田歩実】
ただ“可愛い”とか見ればわかるアピールをしてくるよりも、“着るとここが立体的になって〜こんな風に見える効果が有るんです”とか、のアピールをしっかりしてくれるとつい買う気になっちゃいます!
この間ついつい買っちゃったのはシワのつきかたでウェストが細く見えるというシロモノ★
実際着てみて確かに細く見えるのでお気に入りです…!これはでも元は店員サンというより商品そのもの力ですけどね。
洋服店での体験談発表【多田歩実】
執筆者紹介
多田歩実 多田歩実 誕生日2.23現住所神奈川県
ひとこと
イラストや漫画、必要となればデザインも手がけております。
最近の関心事はロハス。ただし気軽に取り組めるものに限ります。
次回予告→【今井ヨージ】 1月19日(金)の更新です。お楽しみに!
今井ヨージ
 
執筆者別バックナンバー
【連載中】
柏木きなこ
たみちん
影山直美
【連載終了】
多田歩実
今井ヨージ
たみやともか
 
ゆみぞうのオピ日記

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
まいさん  10代女性  2007/12/28 18:13:14
cさん、わかります、それ!
雑貨屋の若い店員さんが、「いらっしゃいませー」と商品をならべながらそれこそ機械人形のようのに言うんです。なんだかいやなかんじ。
ちゃんとお客の顔みて、笑顔で言ってほしいですね。

ほよぴよぽんぱんさん  30代女性  2007/01/17 11:56:26
私も、『いらっしゃいませ』『これなんかどうですか?』と話しかけられると緊張しちゃう方なのですが、最近よく行く店の定員さんがおススメ上手でビックリ。まずタイミングがいい!〜ですよ。の後の笑顔が思わずクラッと来てしまう。他の定員に同じ事言われても『ふーん』って感じなのに不思議と“じゃあ、コレ”って気になってしまい、私の中でカリスマ定員です。

YUMAさん  30代女性  2007/01/14 2:10:09
店員さんの「お似合いですよ」の一言、お世辞に聞こえていやです。でも、「下に白のカットソーを持ってくるとあいますよ」などと適切なアドバイスをしてもらうと、その店員さんと距離感が縮まるから不思議。

さたやんさん  20代女性  2007/01/12 18:38:21
距離感、大切ですね〜。
私も店員さんに話しかけられるとどきどきして選べなくなる派なので、温かく見守っていてほしいです。
でも服って好みで買うといつも似た系統になってしまうんですよね・・・いつもと違う雰囲気の服が欲しいとき、素敵な店員のお姉さんが居るお店はいいですよね〜。

 
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved