個性豊かな4人のイラストレーターが
週替わりで『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
毎週金曜日更新です。
>>バックナンバー一覧

2007.01.05 熱燗をおいしく……「ミニかんすけ」 【影山直美】

熱燗をおいしく……「ミニかんすけ」

今回はお酒の話です。
冬はやっぱり熱燗だという方。晩酌の時はどのようにお燗していますか。
我が家は電子レンジを使用していたのですが、
時間がかかるのとお酒の香りが飛んでしまうのを不満に思っていました。
先日ふらりと入った酒屋(なぜふらりと入ってみたりするのだろう)にて、卓上でお燗できるという道具を発見。
その名も「ミニかんすけ」。
値段を見て迷ったけど、この前の夏は休みをとらなかったし、
このさき旅行の予定もないしと言い訳をつけて買ってしまいました。

熱燗をおいしく……「ミニかんすけ」

さっそく晩酌に登場させました。なるほど早い。
お湯を陶器にいれて錫チロリをセットするだけで、2分後にはぬる燗に。
お酒の香りも残っています。それにツンとしたところがなく、まろやかな味わいです。
更に2分ほど待てば、ひょろりと湯気の上がる熱燗のできあがり。このまま15分くらい保温できます。
ただ、一度に2合お燗しようとするとぬる燗までにしかならないのが悩み。
2セット買えばいいんじゃないかと悪魔がささやきます。

熱燗をおいしく……「ミニかんすけ」

でも特筆すべきは錫チロリの特長です。
錫はイオン効果が高いので、お酒はもちろん水もおいしくなります。
焼酎のお湯割りを作るときは、錫チロリに入れたお湯を使うとお酒がまろやかになるそうな。
いろいろ試してみたくなりました。

【“ちろり”に関する補足と参考リンク】

ちろり(銚釐)とは酒の燗(かん)をする為の道具で、銅・スズまたは真鍮(しんちゅう)製で下の方がややすぼんだ筒形をしています。
取っ手と注ぎ口がついていて、冷酒を注ぐ器としても使われています。

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

(著書)
「柴犬さんのツボ」(辰巳出版)
「柴犬ゴンのへなちょこ日記」(幻冬舎文庫)

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/


 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
mugiさん  50代男性  2014/02/22 21:21:16
 今日、例の酒飲み本拝見しました。一升瓶5本宅配 ハンコをつく手も振るえます。私も同感 油揚げの納豆づめいいですね。

和代さん  30代女性  2007/01/11 23:12:32
「ミニかんすけ」なるものをここで初めて知りました。
熱燗を手早く美味しく作れるのが気になりました。
焼酎のお湯割りもぜひ飲んでみたいです。安い焼酎もこれで美味しくなるかな!?

おおたきさん  40代女性  2007/01/05 22:17:56
お燗セット、あるところにはあるのですね。
ついでに、木枠と陶器だけ売っているところはないものでしょうか。我が家は「チロリ」だけあって、ひっくり返してしまう(結構安定しない)ことがよくあり、その度に夫は大騒ぎします。テーブルの下では、こぼれたお酒を犬がペロペロ舐めてますが....。

聖子さん  50代女性  2007/01/05 21:27:42
チロリ、いいですよね〜。
チロリでお燗をしてくれる居酒屋さんのお酒は、まろやかで美味しかったのを思い出しました。
私はぬる燗が好きなので、こういうのを傍らに置いてゆるゆると飲んでみたいです。

影山直美さん  40代女性  2007/01/05 15:42:56
著者の影山です。
「ミニかんすけ」のお値段を書くのを忘れました。
すみません。
14,700円です。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved