お正月におせち料理を「食べた」は7割。

今年のお正月におせち料理を「食べた」は7割。
年代別 では、お正月におせち料理を「食べた」は、「50代以上」は8割を超え、「30代」、「20代」は6割。

今年のお正月におせち料理を食べましたか?(n=2125)

おせち料理を「食べたいと思っていた」は6割

今年のお正月におせち料理を「食べたいと思っていた」は約6割。一方で「食べたいと思っていなかった」が2割いる。
年代別 では、おせち料理を「食べたいと思っていた」が「50代以上」は7割、「40代」は5割。「30代以下」は「食べたいと思っていなかった」が3割前後

今年おせち料理を食べたいと思っていましたか?(n=2125)

お正月のおせち料理は「自分の家でつくったものが多い」が3割

お正月のおせち料理は、「自分の家でつくったものが多い」と購入したおせちをお重に詰めたものが多い」をあわせると約6割。半数が自宅で準備している結果となった。「セットのものを購入」は約2割。
おせちは、「60代以上」は「自分の家でつくったものが多い」の割合が高い。「セットのものを購入」は「50代以上」が他年代よりも高く3割。
「30代」は「実家で用意されたもの」がもっとも多くなっている。

そのおせちは自宅で作ったものですか?購入したものですか?(n=1517)

セットのおせち料理を選ぶ時に重視するものは「価格」

おせち料理の購入を決める際に、最も重視するのは「価格」で5割。次いで「品数や種類の多さ」、「好きなものが入っている」が多く4割。
セットのおせち料理を購入するときに最も重視するのは、「20代」は「好きなものが入っている」、「30代」は「品数や種類の多さ」、「40代以上」は「価格」となった。

「セット」のおせちを選ぶ時に、何を重視して購入しましたか (n=363)

セットもののおせち料理の購入金額は「10,000〜15,000円」

セットものおせち料理の購入金額でもっとも多い価格帯は「10,000〜15,000円」で約3割。

どれぐらいの金額のものを購入しましたか (n=363)

おせち料理に「あるべきもの」と思うものは「黒豆」/おせち料理のなかで「好きなもの」は「黒豆」と「栗きんとん」

おせち料理に「あるべきもの」と思うものは「黒豆」が最も多く7割。次いで、「数の子」、「かまぼこ」、「栗きんとん」が多く、いずれも6割以上。
おせち料理のなかで「好きなもの」では、「黒豆」、「栗きんとん」、「数の子」の順に多く、4割前後が「好き」と回答。おせち料理に「あるべきと思うもの」とほぼ同様の傾向がみられた。
年代別では、「好きなもの」は「40代以下」では「栗きんとん」がもっとも多く、「50代」は「黒豆」、「60代以上」は「数の子」となった。

おせち料理の中身について (n=2125)

お正月にはおせち料理を食べたい

お正月のおせち料理について、「とてもそう思う」+「そう思う」の割合は、年代 に関係 なくほとんどの項目で半数を超えている。「日本料理のすばらしさを感じる」、「縁起物なので食べたい」、でとくに高い割合となっている。
年代別で大きく割合の異なる項目は、「食べないとお正月を迎えた感じがしない」、「縁起物なのでお正月には食べたい」、「こだわりはないが、選べるならば、正月はおせち料理を食べようと思う」でが、いずれも60代 以上は8割、20代は6割以下。意識の違いを感じる結果になった。

おせち料理についてあなた自身が感じていることをお答え下さい(n=2125)

こんなおせちが美味しかった、我が家のおせち料理自慢やレシピなど

おせちは自宅で作るものだと思って、毎年作っておりましたが、子供が生まれてからは毎年購入しています(かまぼこは別に購入しますが)。
やはり料理店・料亭などのプロのおせちは洗練されており見た目も美しい。味も、それぞれのお店の特徴が出ていて、毎年、今年はどこのおせちにしようと考えるのも楽しいです。
今年いただいた、たん熊北店のおせちはオーソドックスな物でしたが、どれをいただいても美味しく子供たちも喜んで食べておりました。
家庭で作る機会は減ってしまったとしても、日本の伝統・文化は続いて行ってほしいと感じます。(30代女性)

毎年のことですが、「お雑煮」が一番お正月の雰囲気を感じてしまいますね。ダシにはこだわってます。特に、ヤマサの「白だし」を使用することで一段と風味と旨味が増しますね。お餅は、比較的小さめで薄いものが食べやすく好きです。ミツバをそっと乗せた香りもいいですね。我が家では醤油味です。ゴボウは必ず使用します。他に大根、ニンジン、蕗やワラビ、油揚げ、高野豆腐などを具にします。これはその家々で異なる様ですね。(40代女性)

うちではもう30年近くおせち料理は作っていないが、なんちゃっておせちは作ってみたことがある。全部お菓子で作るレシピを入手したので、例えば昆布巻きは羊羹をピーラーで薄く切ったもので杏を巻いたり、黒豆はアーモンドチョコにチョコソースを絡めたりして、本物のおせちに見せて楽しんだ。でも結構高くついたので、それっきりですけど。(40代女性)

今年は初めて昆布巻きを作ってみました。 売っているものはしょっぱいので、自家製は美味しいと評判でした。 肉料理は割りと毎年変えます。 今年はハムステーキ用の厚切りのハムを芯にして肉巻き(八幡巻き風)を作って好評でした。
栗きんとんも自家製です。売っているのを見るとベタベタで買う気がしません。(50代女性)

購入すれば手間は省けますが、自分の好みの味のものを食べたいので、毎年ささやかながら用意します。特に栗きんとんや黒豆は甘さを調節できるので自家製がいいと思います。普段は実家に帰省するので、母の作ったものを食べることが多いのですが…(50代女性)

市販の伊達巻は甘いので自分で作っている。茹で卵をすり鉢でつぶし、お砂糖を加え更によく混ぜ合わせてから、簀巻きに濡れ布巾を敷きしっかり巻いて半日ぐらい冷蔵庫で保存。
簀巻きから卵を外して適当な厚さに切る。甘すぎず孫も大好き。(70代以上女性)

一度、洋風おせちを知り合いのフランス料理店に注文したことがあったが目先が変わって中々美味しかった。和風も良いがたまには変わったおせちも話の種にもなるし素材の料理方が違って発見もあるので楽しいと思った。(50代女性)

デパートで小ぶりでローストビーフなど入ったおせち頼む他に豚肉の紅茶煮やぶりの照り焼き、お歳暮でいつももらうロースハムのステーキをします。おせちは冷たいのであたたかいものも欲しいので。元旦はブランチのような時間にだらだら家族で食べてゆっくりするのが恒例です。
おせちはデパートで頼むほうが食べきれますし、効率的だと思います。最近は総合スーパーなども元日から開いてますし、お正月の元旦のみの恒例行事的な感じで良いかなあと思います。(50代女性)

おせちは手作りと決まっていたが、息子が就職した会社の取引先との付き合いで、既成のおせちセットをとるようになった。我が家ならではの数種はいまだに手作りだが、最近のおせちセットは工夫がこらされ、味もまあまあ、盛り付けも美しく、珍しい材料が使われていたりするので、一年に一度の贅沢と楽しみと割り切れるようになった60代後半の高齢夫婦世帯です。時代の流れには逆らえないのか、乗る楽しみを知ってしまったのか・・・心境はやや複雑。(60代女性)

実家のお節が、父の仕事が転勤族であるために各地のものを取り入れたものだったことと、自分で作るおせちの中で唯一、黒豆だけはけっこう上手く作れる(古釘を入れないので色は淡いのですが)のが気に入っています。
ちなみに黒豆が上手く、皺がよらずに作れるのは100%シャトルシェフという保温調理鍋と、シャトルシェフ向きの有元葉子さんのレシピのおかげです。(30代女性)

ここ数年は「かずのこ」の自家製に凝っており、塩漬けのかずのこの塩抜きから仕上げの味付けまで孫たちの期待に応えなければならない重要な仕事です。肝心要の漬けダレの仕込みは、毎年工夫を凝らしながらもサッパリとした味付けに仕上がるように心掛けております。今年も好評のうち三が日で完食してもらい満足いたしております。(70代以上男性)

数年前に初めて購入したおせち(和洋折衷)を食べたのですが、いつもより皆の箸の進みが良かったです。
また、おせちの具の意味などを教えてもらいながら食べるのは、普段食べないものをいただくきっかけになるので、子供たちにも引き継いでいきたいと思いました。(50代女性)

毎回近所のお寿司屋さんに注文しますが、タイなどの魚類から黒豆、数の子など、おせち料理に入っているものがひととおり入っていて、ほかに何も用意しなくて良かったです 栗きんとんやレモンが入っているエビと野菜のマリネが美味しかったです。(50代女性)

昨年末はお魚が特に高値で、手も足も出ない状態だったので、昆布巻きの中身はシーチキン缶にしました、家族には大好評でした、私もニシンよりもツナの方がさっぱりしていて美味しかったと思いますけど、巻くのが大変でした。(50代女性)

【調査対象】弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2015年2月16日〜2月13日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2125件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved