ワインは薦められたら飲む

最も多いのは「薦められたら飲む程度」で全体の2割を占めている。また、「お酒自体飲まない」人も同じく2割いる。
週に1回以上ワインを飲む人は、全体の18%であった。

あなたは普段どのくらいの頻度でワインを飲みますか?(1つ)[n=2476]

ボジョレーヌーボ関連のイベントに参加経験をある人は全体の約3割

その中で最も多かったのは、「たまたま」「機会があって」イベントに参加した経験のある人で約11%を占めている。一方約7割が興味を示していない。

Q2.「ボージョレヌーボ」が出たら、それを楽しむイベント(個人での楽しみも含め)をしますか(参加しますか) [n=2476]

今年のボジョレーヌーボを飲んだ人は全体の約15%を占めている

その中でQ1の普段のワインの飲み方の割合を見てみると、約半数が「週に1回以上」ワインを飲む人であった。
「2、3週間に1回〜月1回程度」飲む人は3割を占めており、約8割が普段から定期的にワインを飲む習慣のある人であった。

Q3.今年の「ボージョレヌーボ」について、それを楽しむイベント(個人での楽しみも含め)をしましたか(参加しましたか)[n=2476]

ワインにあう定番は「チーズ」「ピザ」「生ハム」

ワインと一緒に食べたもので最も多かったのは「チーズ」で4割。次いで「ピザ」「生ハム」が3割ずつ。「サラダ」や「パスタ」も人気でそれぞれ2割前後いた。
その他の回答では、「パン」や「グラタン」「スモークサーモン」が挙げられていた。

Q4.ボジョレー・ヌーボーと一緒にテーブルにあった食べ物は何ですか [n=568]

ボジョレーヌーボは「赤」が人気

赤ワインが圧倒的に多く、約9割となった。
白ワインとロゼはともに1割となっている。

Q5.今年、飲んだ「ボージョレヌーボ」はどのようなものでしたか [n=368]

自宅で飲んだ人が8割

自宅で飲んだ人が約8割で最も多く、店や友人・知人宅というひとが約1割程度であった。

Q6.今年、飲んだ「ボージョレヌーボ」はどこで飲みましたか[n=428]

自分で用意した人が6割

自分でボジョレーヌーボを購入した人が約6割で最も多く、次に約2割は家族・知人が用意した人であった。お店で注文した人は約1割を少なかった。また、もらった人も少なかった。

今年、飲んだ「ボージョレヌーボ」は、あなたが買ったものですか [n=428]

最も多い価格帯は1000〜2000円

ボジョレーヌーボの価格帯で最も多かったのは1本1000円台で3割を占めている。次いで、1本2000円台⇒1本1000円未満が続いている。
1本5000円以上の高額ワインを購入した人は0.8%であった。

Q8.今年、買った「ボージョレヌーボ」はどれぐらいの価格のものですか。複数買った場合は、最も高いものを選んでください。[n=255]

スーパーで購入した人が半数

ボジョレーヌーボーはスーパーで購入した人が半数を超えました。次にデパートや専門店というひとがそれぞれ2割程度。通販という人は少なかった。

Q9.ボージョレー・ヌーヴォーを購入した場所を教えてください[n=255]

もともと買う予定の人が8割

ボジョレーヌーボの購入はあらかじめ買おうと計画していた人が約8割で圧倒的に多く、買うつもりがなかったけれど購入した人は16%と少なかった。

Q10.ボジョレー・ヌーボーは元々買う予定でしたか?[n=255]

買うつもりがなかったけれど、買ってしまった理由は「陳列ディスプレイ」

「陳列ディスプレイを見て」思わず購入してしまった人が、約7割で他に比べて圧倒的に多くなっている。
店員さんの薦めて購入してしまった人がその次に多く12%、ネット情報で購入した人は10%であった。

Q11.買う予定ではなかったのに買ってしまった理由は何ですか?[n=42]

ワインだけでなく、ワインに+αをつけることがカギ!?

「全くそう思う」+「場合によってはそうである」が50%を超えているのは「ワインだけでなく、色々なものがお店に並ぶのが楽しい」「ボジョレーヌーボには興味を持てない」の2つで、ワインだけの訴求では魅力を感じない人が多くなっているのかもしれない。
ワインをより魅力的に見せる+αが今後の訴求のカギなのかもしれない。

ボージョレヌーボに関して当てはまるものを選んで下さい[n=2476]

【調査対象】 弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2013年12月13日〜2014年1月4日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2476件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved