52週のMD研究夏バテに関するアンケート 2011’

「52週のMD研究」では主要なイベントの際に、ショッパー(店頭での購買者)は何をどんな理由で買ったのか、 また、店頭ではどんなMDで訴求したのかをまとめています。今回は「夏バテ」です。
皆さんは夏バテ防止に、どんなメニューを選んだのでしょうか??2011年のトレンドを探りました。

調査結果のポイント

Point.1 何を食べるのかさっぱり系メニューで夏バテ防止!割合は48.8%
女性のスタミナ系の割合が増加傾向
全体ではスタミナ系が減りさっぱり系が増加

Point.2 いつから食べるのか「7月から」食べ始める人が37.6%
男性よりも女性が食べ始める時期を意識している

Point.3 何で紹介されたものか「雑誌・テレビで紹介されたもの」が男女ともに多い。
特に女性では21.6%と男性に比べて多い

夏バテ防止に何を食べますか?[単数回答]

・夏バテ防止に食べるものは、スタミナ系の料理が増加。特に女性では2010年に比べて8%増加しています
・2010年に比べて夏バテしないという人も増えています。
・男女別でみると、男性はスタミナ系が36%で全体より高く、女性はスタミナ系が増えているものの、さっぱり系が54%と全体に比べて高くなっています。

夏バテ防止を意識して食べるメニューは?[複数回答]

「ネバネバ系料理」が最も多く、33%の人が食べています。
・2010年に比べると、ネバネバ系料理、豚肉料理、お酢料理が増加していますが、うなぎ料理は減少しています。

いつから夏バテメニューを食べますか?[単数回答]

「7月から」夏バテ防止メニューを食べる人が最も多く、38%です。
・「特に決まった時期がない」人も多く、37%が時期を意識していないようです。
・男女別で見ると、「特に決まった時期がない」が41%と全体に比べて多く、男性は時期を意識しておらず、女性の方が時期を意識しているようです。

夏バテを意識して実際に試したことがあるメニューは何で紹介されたもの?[単数回答]

・男性、女性ともに最も多いのは「雑誌・テレビで紹介」で、次いで「店頭で紹介」「企業サイトで紹介」の順になっています。
・男女別で見ると、女性は「雑誌・テレビで紹介されたメニュー」の割合が男性に比べて高く、「雑誌・テレビ」が有効なきっかけになっているようです。また、男性は総じて女性に比べて低く、試さない人が多いようです。

店頭で印象に残ったり、つい買ってしまった商品や食材はありますか?
また、その時の売り場の様子はいかがでしたか? [自由回答]

自由回答抜粋

土用の丑の日にスーパーで実演販売していて美味しそうな香りに誘われて買ってしまった。 (40代女性)

土用の丑の日に、うなぎの蒲焼が「夏バテ防止に」というキャッチコピーをつけて売られていたので、つい買ってしまった。(30代女性)

ゴーヤとゴーヤチャンプルの素がセットで販売されており、そのまま手にとってしまった。 (40代女性)

スーパーでゴーヤが山積みになっていて夏バテに!!とが付いていたのを見た。 (30代女性)

オクラ…実際にメニューが書いてあるポップがおいてあった。(30代女性)

レバカツスタミナアップというポップがついていて購入した(30代女性)

モロヘイヤ。「夏バテ防止にネバネバしたものが効果があります」と料理したものを試食できるようにスタッフさんが作っていた。(40代女性)

ウナギを夏バテの効果がある様にポスターが貼られ売られていた。 (40代女性)

うなぎのかば焼き土用の丑の日のイベントで購入した(50代女性)

ゴーヤ夏バテ防止にと宣伝が書いてあった(50代女性)

ゴーヤが、節電の緑のカーテンも作れると言うキャッチフレーズと共に売られていた。 (20代男性)

オクラ・・普段の場所の前に箱を置いて出してあった。「ネバネバ効果で夏バテ・・」のポップがあった(50代女性)

レバー(焼き鳥)。付近に飾られていたポップに「夏バテに効果抜群!」と書いてあったのでつい。(20代男性)

穀物酢です。酢の和え物メニューの作り方をテレビでやっていて。(50代女性)

レジの前に売っていた物で、商品に「夏バテに!」「失った塩分を摂取」などデカデカと書かれていた。(20代女性)

含まれている栄養成分の説明や効果的なレシピが紹介されていて、レシピカードが一緒においてあった。(30代男性)

・最も多かったのは「うなぎ」で40%。次いで、ゴーヤが10%、ネバネバ系(納豆、オクラ)が6%。
「うなぎ」「土用の丑の日」でつい買ってしまったという回答が多く、日常的に夏バテを意識するのではなく、「土用の丑」での購入が多いようです。日常ではメニューで多かったネバネバ系料理が夏バテ防止として購入されているようです。
・店頭販促では、「夏バテ防止に」というキーワードでの「POP」「接客」が最も印象に残りやすいようです。

【調査対象】 弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2011年8月30日〜9月6日

【調査方法】インターネット調査

【回収数】3,961名

【調査内容】 (1)夏バテ防止に何を食べるか?
(2)夏バテ防止を意識して食べるメニュー
(3)いつから夏バテ防止メニューを食べるか?
(4)夏バテ防止の効果はあったのか?


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved