消費動向
レポート
美容院・理容院に行く回数の変化は?
-2011-

調査結果のポイント
1)一年前に比べて
  美容院・理容院への
  来店頻度の変化は?
・全体的に「減った」は減少、「変わらない」は増加
 ⇒来店回数の変化に落ち着き。
・女性では、「減った」3割と過去最少
 ⇒減少傾向に歯止め。
・男女共に、前年より来店頻度は微かにアップ。
 「1〜2ヵ月に1回」
が増加。
2)来店頻度が減った・
  変わらない理由は?
・減った人の理由No.1は、男女共に「節約!」
・増えた人の理由は、
 「短髪」「低コストで回数増」「白髪染め」。
3)行く店や使う金額の
  変化は?
店を替えた人は3割、
 その内半数が「価格が低い店にチェンジ」と前年と同様。
「2箇所併用」「クーポン使用」など、
 新しい節約スタイルの流れも。
4)髪型の長さと変化(女性)年々増える「女子ショート」。
「ロング派」は引き続き減少中。
5)“なりたい”髪のイメージ男女ともベスト3は「ナチュラル」「カジュアル」「清潔感」
男性は更に「2S(スポーティ・スマート)」
女性は「上品、女性らしさ」が理想。
6)髪型の長さと変化(男性)「ショート」が8割と強し。
20代は「ミディアム※」3割⇒長髪男子が多い。
7)美容院で頼むメニューを    控えている?(女性)「カラー」は、「控えずに店でやる」人が微増。
「トリートメント」は、「控える」人が増加。
「トリートメント経験者」は増えた。
8)来店頻度の変化は?
 (女性・年代別)
全年代で「来店頻度は変わらない」が増加。
40代より上にいくほど、
「1〜2ヵ月に1回」とマメに行く人が増加。
9)髪の長さの変化は?
 (女性・年代別)
年代が若いほど「ロング率」高、年が上になるほど「ショート率」高
年代問わず人気が高いのは「YOU」
「吉瀬美智子」
が人気急上昇(昨年比)。
10)カラー・パーマの変化は?
  (女性・年代別)
カラー率が高いのは白髪染め中心の『50〜60代』だが、
やや減少傾向
20代は「キュート」、30代は「女性らしさ」
5〜60代は「上品さ」重視。

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
全国の10代以上の男女
調査期間2011年7月
調査方法インターネット調査
調査内容ヘアスタイルに関するアンケート
回収数3182人