オピネット
世論調査
2009年を振り返る
〜今年1年の評価・来年1年の予想〜
今年(2009年)は、昨年のリーマンショックから続く景気の低迷や政府のデフレ宣言。
そして自民党から民主党への政権交代・・・と様々な動きがありました。
さて、消費者は自身の今年1年をどう評価するのでしょう。過去7年間のデータと合わせて振り返ります。
そして、2010年はどんな1年になるとかんがえているのでしょう。消費者の今の気持ちを探ります。
調査結果のポイント
Point.1
2009年の評価
例年よりも
「悪い1年だった」との評価が増加
Point.2
2010年の予想
願望を込めて
「良い1年になる」と思う人が多い!
Point.3
消費者のホンネ
2009年は厳しい1年だった。
しかし、悲観的にではなく前向きに、
2010年を迎えたいのがホンネ!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年12月4日〜9日
調査方法インターネット調査
回収数2646名 
調査内容(1)2009年はどんな1年でしたか?
(2)2010年はどんな1年になると思いますか?
回答者属性男性:34.5% 女性:65.5%
20代37.4% 30代35.3% 40代29.8% 
50代11.3% 60代以上5.5%