52週の
MD研究
ハロウィン2009‘
「52週のMD研究」では主要なイベントの際に、ショッパー(店頭での購買者)は何をどんな理由で買ったのか、また、店頭ではどんなMDで訴求したのかをまとめています。今回は「ハロウィン」です。店頭でどのような訴求が見られたのでしょうか??また、皆さんはどんなハロウィン商品を買ったのでしょうか??今年のトレンドを探りました。
調査結果のポイント
Point.1
“ハロウィン”とは?
“ハロウィン”の認知はあるが、
特別「何かをする」人は少ない!
Point.2
ハロウィン商品の定番は?
定番はお菓子(スイーツ)!
Point.3
ビジネスチャンスは?
パッケージや容器で他商品との差別化をはかり、
第一印象の強化を徹底する!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年11月2日〜9日
調査方法インターネット調査
回収数3554人
調査内容(1)ハロウィンをテーマにしたものでつい買ってしまったものはありますか?
(2)つい買ってしまったものと理由
(3)ハロウィンについて知っていること
回答者属性15歳以上の男女(全国)
男性:1217人 女性:2337人
20代以下:14.8%、30代:34.7%、40代:31.1%、
50代以上:19.3%