52週の
MD研究
「敬老の日」のプレゼント2009‘
「52週のMD研究」では主要なイベントの際に、ショッパー(店頭での購買者)は何をどんな理由で買ったのか、
また、店頭ではどんなMDで訴求したのかをまとめています。今回は「敬老の日」です。店頭でどのような訴求が見られたのでしょうか??また、皆さんはどんなプレゼントをあげたのでしょうか??今年のトレンドを探りました。
調査結果のポイント
Point.1
敬老の日の傾向
敬老の日のギフトは、
“孫が祖父母に”だけでなく、“自分の親にも”贈る
Point.2
実際にあげたものの傾向
定番の「お菓子」や「花」が人気。
定番以外はバラつく結果に。
選んだギフトは「敬老の日」向けに
紹介されていなかったものが大半!
Point.3
ビジネスチャンスは?
敬老の日の店頭提案が効く!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

実際に買ったもの【アンケート結果概要】
敬老の日に贈ったギフトは?(ランキング)
敬老の日のギフトは、“孫が祖父母に”だけでなく、“自分の親にも”プレゼントする傾向がある!
ギフトの内容では、定番の「お菓子」や「花」が人気。一方、定番以外ではギフトの種類にバラつく結果に。
敬老の日に贈ったギフト(年代別傾向)
20代以下は「現金」や「小物・雑貨」など、感謝の気持ちをモノや現金でプレゼントする傾向が
40代以上はモノのプレゼントに加え、「旅行」など敬老の日にコミュニケーションをとるためのプレゼントが傾向としてみられた。
敬老の日のプレゼントは毎年していますか?
+α 今年贈ったギフトとの関係をみると…
「プレゼントを毎年している」人は他に比べて「花」や「お菓子」など気軽なギフトを贈った割合が高く、「する年、しない年がある」人は「洋服」「スカーフ」「パジャマ」等、被服のプレゼントを贈った割合が高くなっていた。また、「ここ5年はしていない」人は「旅行」や「食器」「財布」など、敬老の日に提案していやすいギフトを贈っている割合が高かった。
今年の敬老の日はプレゼントをするつもりでしたか?
+α 今年贈ったギフトとの関係をみると…
「元々しようと思っていた」人は、他に比べて「お菓子」を贈った割合が高く、「しようかなと思っていた」人は「スカーフ」が、「するつもりはなかった」人は「現金」や「旅行」と回答した割合が高くなっていた。
プレゼントしたギフトは敬老の日向けに訴求されていたものでしたか?
『敬老の日向け』として選ばれているギフトは「お菓子」「花」!
『敬老の日向け』ではないが選ばれているギフトは「お菓子以外の食品」「洋服」「小物」「お酒」!
敬老の日のギフトは、敬老の日向け以外のギフトを贈っている人が多い!
贈るつもりがなかったが、実際には贈った“想起によるプレゼント”は半数程度も存在。
提案次第でニーズの喚起がより広がる!!
敬老の日のプレゼントは?×理由

買ったものとその理由からは(1)定番だから定番商品を買う
(2)好きなものを買って欲しいから現金を贈る
(3)祖父母が欲しがっていたから買う
(4)祖父母のことを考えて買う
といったプレゼントの傾向・買い方が見えてきた。
とりわけ、「(4)祖父母のことを考えて買う」人に対しては、店頭提案が効果的に働くと考える。
調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年9月
調査方法インターネット調査