ショッパー
レポート
チラシを見る頻度 2009
-折り込みチラシ・ネットチラシの利用状況-
近年、若年層の新聞離れと共に新聞購読率も低下しつつあり、折込チラシへの需要も減少してきている
ことが予想されます。そんな中、ネットチラシ(電子チラシ)を活用する小売、配信を行う企業などが
拡大してきています。そうしたチラシの常識が変化してきた今、消費者はどれくらいの頻度で
折り込みチラシを、ネットチラシを見るのでしょうか、また、どのように活用しているのでしょうか。
調査結果のポイント
Point.1
折り込みチラシの利用・活用
圧倒的に「毎日」が一番多い
情報入手だけでなく“楽しみ”になっている
Point.2
ネットチラシの利用・活用
「月に1回程度」が多いが分散
折り込みチラシとネットチラシは使い分ける
Point.3
ビジネスチャンスは?
折り込みチラシは“楽しさ”の仕掛けを!
ネットチラシは店頭とのクロスメディアを!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年8月3日〜20日
調査方法インターネット調査
回収数3253名 
ネットチラシについては回答協力のあった2469件を対象とし、
「利用したことがある」と回答した1932件を対象に頻度を聞いた
調査内容(1)折込みチラシを見る頻度
(2)好きな折込みチラシの種類
(3)折り込みチラシの見るポイント
(4)ネットチラシの利用状況
回答者属性男性:34.2% 女性:65.8%
20代以下:13.6%、30代:35.2%、40代:31.6%、
50代:13.2%、60代以上:6.4%