52週の
MD研究
 「父の日」のプレゼント 2009‘
「52週のMD研究」では主要なイベントの際に、ショッパー(店頭での購買者)は何をどんな理由で買ったのか、
また、店頭ではどんなMDで訴求したのかをまとめています。今回は「母の日」です。今年は店頭でどのような訴求が見られた
のでしょうか??また、皆さんはどんなプレゼントをあげたのでしょうか??今年のトレンドを探りました。
調査結果のポイント
Point.1
店頭での新しい訴求テーマ。
多く見られた訴求テーマ。
今年の店頭訴求キーワード
「健康」「メタボ」「家飲み」
「オシャレパパ」「ファースト・パパ」
Point.2
実際にあげたもの特徴
実際にあげたものは
「お酒」「洋服」「食品」「菓子」
特徴は定番ではなく
贈る相手を考えて選んでいる
Point.3
MDのヒントは?
店頭で具体的なシーン想起を!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

今年始めた見られた訴求
高島屋では今年、団塊ジュニア世代にあたる30歳前後の新米パパを対象に「ファーストファザーズデー」を新たに展開。これまで50〜60代に贈られることが多かった父の日ギフトの対象世代を広げようというのがその狙い。初めて子供ができた男性に、妻や両親から感謝や祝福の意を込めてオムツ入れにも最適な「ファザーズバッグ」など育児応援グッズや記念商品を売り出している。
視点:新しい提案で父の日需要の幅を広げた。
高島屋東京店の紳士物売り場では、父の日の定番ギフトであるポロシャツの横に、果実酢を並べて販売した。最近のポロシャツはタイトなものが多くなり「メタボ体質のおなかを解消し、スリム体形でなくては似合わない」というのが、このMDのきっかけ。そこで、健康によいお酢に着目。ビネガー専門店「オークスハート」の「飲むシトラス&ジンジャーの酢」を、紳士物売り場で扱うことにした。
そして実は、こうした健康志向の高まりに着目したMD展開の背景には、ポロシャツの単価下落も影響している。ポロシャツの価格帯は2〜3年前と比べ3000円程度単価が下がった。そこでポロシャツの値段が下がった分、1本1260円の果実酢を購入してもらい、客単価の維持を狙うのが作戦だ。
視点:今年のトレンドはメタボ対策訴求。単価が下がった分は売り方を工夫!
西武百貨店池袋本店では、外での飲酒を控え、家に帰って酒を飲む「家飲み」に合わせたギフトを展開した。消費が冷え込む中でも日本酒やワインの売り上げは堅調といい、加えて夏の本格需要期を前に「食器売り場ではタンブラーの売り上げが好調」で、仏最大のクリスタルガラスメーカー、バカラ社製のタンブラーや、クリーミーな泡を作れるように加工したビアグラスが売れているという。
メタボ、メタボと家族から嫌味を言われるお父さんに、「父の日」ぐらいは存分に食べてもらおうと、高島屋大阪店が用意したのはロースカツとヘレカツ、コロッケにエビフライ、そして大盛りのご飯というお弁当。
(約1500kcal,5千円)。実は、この商品はフィットネスクラブ利用券5枚とのセット商品。30分のジョギング5回分の消費カロリーを、一度に食べてしまうからだとか。
視点:ちょっとしたプレゼントにユーモアさで付加価値付け。
父の日に贈ったもの(ランキング)
フリーアンサー(一部抜粋)
・母の日と一緒にペアの箸【30代女性】
・最近スポーツクラブで汗を流しているのでタオルをあげました。【40代女性】
下着を贈ることが恒例になっている。【50代女性】
・しまむらでの広告の品、父の日限定のトランクスを購入しました。【40代女性】
毎年シャツを贈ることに決めています。夏に父の従兄弟たちがそろって旅行するので、そこで着ていけるようなポロシャツなどを渡しています。毎年シャツと決めておくと準備も楽ですし、父も楽しみにしているのでうれしいです。【40代女性】
・毎年母の日よりも悩みます。今年はわらび餅にしました。【30代女性】
・父の日当日にちょうど実家へ遊びにいったので、その日に慌てて近所のショッピングセンターへ行き、お買い得なパジャマを発見して父の日のプレゼントに購入しました。ついでに夫にもおそろいで購入♪実家でも自宅でも同じパジャマが見られるのも楽しいですね!【40代女性】
普段は節約して発泡酒なので、ビールを贈りました。【40代女性】
もともと買おうとしていたものか?
≫大多数が「もともと贈ろうとしていたものを贈っていた」ことがわかった。
しかし、「スポーツ用品」「パジャマ」は「もともと買おうとしていたものとは違ったものを買ってしまった」割合が他よりもやや高くなっていた。
プレゼントの購入理由は? (現金、金券を除く上位10位までのギフトについて)
母の日は定番品、店頭訴求品が選ばれやすいのに対し父の日は父が自分で買わないものなど具体的な個々のニーズを考えた贈り方をしている!
父の日向けに訴求されていた商品か?
【まとめ】
今年の流通の現場では「家飲み」としてお酒や酒器などが、「メタボ対策」として健康器具やスポーツウエアが、「オシャレパパ」として洋服が訴求される特徴が見られた。
実際に購入したモノではばらつきはあるものの「お酒」や「洋服」「食品」「菓子」が上位にきていた。
傾向としては、もともと決めていたものを購入する傾向があるようで、選んだ理由でも「欲しがっていたもの」「自分では買わないもの」が目だった。
父の日には定番品があまりなく、欲しいものやもらってほしいものなど具体的な個々のシーンを考えて贈っているようだ。
お父さんを思い出させる具体的なシーン想起!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年6月
調査方法インターネット調査