52週の
MD研究
「母の日」のプレゼント 2009‘
「52週のMD研究」では主要なイベントの際に、ショッパー(店頭での購買者)は何をどんな理由で買ったのか、
また、店頭ではどんなMDで訴求したのかをまとめています。今回は「母の日」です。今年は店頭でどのような訴求が見られた
のでしょうか??また、皆さんはどんなプレゼントをあげたのでしょうか??今年のトレンドを探りました。
調査結果のポイント
Point.1
店頭での新しい訴求。
多く見られるようになった
プレゼント。
ファースト・ママへ!
はじめてママになった人への店頭訴求が見られた
非日常をプレゼント!
モノだけでなく、サービスのプレゼントの訴求が増加
Point.2
実際にあげたものとは?
非検討者には店頭想起が効く!?
店頭プロモーションが購入理由になった割合は3割程度!
店頭想起ではカーネーションなどの定番商品が人気
Point.3
ビジネスチャンスは?
店頭での「ライフスタイル」想起!
母の日のプレゼントは店頭提案が効く!!
提案次第で定番商品以外も需要が広がる可能性も・・・
カギは 「ライフスタイル」で売る!

>>>詳細のレポート(PDF版)をダウンロードする

母の日に贈ったもの(ランキング)
≫最も多いプレゼントは「カーネーション」。次に多いものが「お菓子」「カーネーション以外の花」…。
 全体としては今年も花、お菓子といった定番商品が人気。
店頭想起のレベル別×商品購入の理由
≫全体として「欲しがっていたもの」「定番」が上位の理由としてあげられた。
また、「プレゼントをしようかな、するつもりはなかった」人にとっては、「陳列・ディスプレイを見て決めた」という割合が高くなった。
母の日自体の想起には「陳列・ディスプレイ」が想起につながりやすい!特に「自分も欲しいもの」も効果的!
購入商品の想起には「陳列・ディスプレイ」「フェア」が想起につながりやすい!特に「自分では買わないもの」提案が効果的!
母の日のプレゼントの特徴
≫「母の日向け商品」として訴求されている商品では、「カーネーション」「カーネーション以外のお花」「お菓子」「食品」を選び、「母の日向け商品」の訴求をしなくても選ばれるのは「洋服」。
定番商品は「母の日向け」の訴求が効果的。
しかし、洋服をはじめ雑貨やバックなど定番商品以外にも「母の日向け」の提案が効く商品もありそうだ。
【まとめ】
定番商品が店頭訴求で売れるのは当然のこと。
今後は「定番商品以外を店頭提案で売る!」ことが求められるのではないか。
今年の流通の現場では「ファーストママへ」など新しい展開が見られるようになった。
こうした狭く深く提案することが「定番商品以外にも店頭提案で売る!」カギになるだろう。
ビジネスチャンス店頭での具体的な「ライフスタイル」想起!
調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間2009年5月
調査方法インターネット調査