みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.194:株式会社アテックス(1)〜ルルドブランド〜 2020.07.16

皆さんはお気に入りのおうち時間を充実させるアイテムはありますか?
今回は、自宅でリラックスしたいときや体を動かしたいときにぴったりの
アイテムを多数販売している、マッサージ器・健康機能寝具メーカーの
株式会社アテックスさんにお話をお伺いしました。 

以前にもこのオピ研で取材をさせていただき、
今回は2回目となります!

お話を聞かせてくださったのは
企画マーケティング部 部長 田代 晶子さん
企画マーケティング部    江村 萌さん
商品開発本部 商品開発第1部 課長 大内 聡さん
商品開発本部 商品開発第2部 次長 佐藤 奈津貴さんです。
(左から:江村さん、佐藤さん、田代さん、大内さんです)

ルルドブランドについて教えてください!

ルルドでは「女性の毎日をいろいろなシーンで支える様々なアイテム」をラインナップしています。2009年のマッサージクッションの発売から始まったのですが、女性が自分の部屋やリビングに置きたくなるマッサージャーとして、このシリーズの累計出荷台数は1,000万台を超えるヒットとなりました。現在ではマッサージクッションだけでなく、頭皮のケアができるものからフットマッサージができるものまで様々な商品を販売しています。いつでも気軽に使え、インテリアとしてもポイントの高い商品を取り揃えており、お求めしやすい価格帯ということもあり、母の日やクリスマスのギフトとしても人気です。

1階の展示スペースにたくさんの商品が並んでいましたね!
今年からルルドブランドが分かれたそうですが…

2009年にルルド マッサージクッションが1 アイテム3 色展開で発売してから、10年経ちました。今ではマッサージクッション以外にフットマッサージ器や肩から背中をマッサージすることができるシートタイプのもの、動物をモチーフにかわいらいデザインの小型マッサージ器、そして、小型マッサージ器市場で売上no.1になった手指専用のマッサージ器など身体の色んな部位に特化した商品アイテムを展開し、今では約70 アイテムほどになりました。

ルルドは「女性向けのかわいい癒やしブランド」として20-30 代の女性をターゲットに商品を開発&発売しておりましたが、より多くのお客様に知っていただき、愛されるブランドになるために2020年春より新しい姉妹ブランドの「ルルドスタイル」と「モノルルド」を2 つ立ち上げ上げました。
「ルルドスタイル」はトレンドを意識した本格ホームエクササイズのブランド、「モノルルド」はガジェット好きで流行に敏感な20代から40代をターゲットに、シンプルでスタイリッシュなモノトーンアイテムを提案していく新しいブランドです。
そして、2020年にはルルドシェイプアップボードとルルドスタイル EMSシートを戦略商品と捉えフィットネス市場への本格参入を計画しています。

マッサージクッションは昨年、グッドデザイン賞を受賞したとお聞きしました!

発売から10年が経った「マッサージクッション」ですが、昨年発売したモデル(AX-HCL338)ついに“2019年度グッドデザイン賞”を受賞することができました。インテリアに馴染むデザインはそのままに、9cmという薄さに挑戦しながら、揉み心地も妥協なく従来品より機能をアップさせた点などを評価して頂きました。

約9cm のスリムボディタイプと、もみ玉の突出量が最大のタイプの
2種類のデザインがあるんですね!

そうなんです。実はなぜ2種類なのかというと、ブランドの誕生10周年と累計1,000万台販売を記念するモデルを発売しようと、社内でアイデアを募集したんですが、いくつかのアイデアを元に開発を進めたところ、今回発売となった2モデルが残ったんです。極限まで薄さを追求したものと、もみ玉が立体的に突出したもので、両極端のタイプです。それぞに良さがあり、2商品同時発売となりました。

(左側)「ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみR プロ」税込み¥10,780
(右側)「ルルドプレミアム マッサージクッション 3DもみR」税込み¥13,200
※受賞したのは左側の商品

私も展示スペースでいろんな商品を体験させていただきましたが、マッサージクッションはもみ具合がとても気持ちよく欲しくなりました!(笑)
次回は、開発スタッフも交えて、ヒットの裏側のお話を聞いてみたいと思います!

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved