みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.182:株式会社ナガサワ文具センター(3)〜Kobe 店舗・その他商品のご紹介〜 2019.03.14

人気のカラーを教えてください!

2007年の発売開始以来、新色を年間約6色というペースで発売し、これまでに定番色を70色、地域・ショップ限定色等19色、トータルで80色以上を出してきました。その中でも、最近の人気のカラーをご紹介します。

第1位 神戸ヒメアジサイ

第1位 神戸ヒメアジサイ (No.57)

神戸市の花、紫陽花の多種多様な色彩の競演は、毎年我々の目を楽しませてくれる自然からの贈り物です。その溢れるグラデーションの中からややピンク寄りの紫陽花色を表現しました。

第2位 湊川ライム

第2位 湊川ライム (No.19)

「楠公さん」の名で親しまれる神戸の名社、楠木正成公(大楠公)が祀られている”湊川神社”。珍しい白壁や柱を、県木である「楠木」の生い茂る葉に包み込まれた独特の風情は市民の憩いの場を提供してくれます。そんな和みのライムグリーンをインクで表現しました。

第3位 六甲アイランドスカイ

第3位 六甲アイランドスカイ (No.42)

港海上文化都市 六甲アイランドには、”神戸らしいセンスが溢れるライフスタイルの発信”をコンセプトに掲げる「神戸ファッションマート」が存在します。
神戸らしい彩りを提案し続ける海上都市にふさわしい、透明感ある爽やかな青空をイメージしたスカイブルーをお届けします。

第4位 水道筋マルシェブルー

第4位 水道筋マルシェブルー (No.48)

600軒近い個性的なショップが軒を連ね昭和の香りが今なお残る神戸随一の商店街水道筋周辺には、気軽に楽しめる行楽地もたくさんあります。その個性あふれる地区には六甲の豊かな緑と瀬戸内海の輝く青を程良くブレンドした元気なブルーが似合います。

また、春先になると桜や明るい青に移行する傾向がありますね。
国内では一般向きの紺系や深みあるグリーンも安定した人気があります。

最近は明るい色のカラーも増えてきていますね!

カリグラフィ


岡本ピンク

はい。最近は文字を書くと読みにくいのではないか、というような色が人気です。何故かというと、文字だけではなく、イラストを描くときや右の写真のような“カリグラフィ”に使っていただくことが多くなっています。
初めは文字を書くために使うだろうという先入観で、濃い色を作っていたんです。ただ売れないかもしれないけど、ピンクはファンが多そうだし、梅林がきれいな「岡本ピンク(No.12)」を作ってみました。すると初めはあまり人気がありませんでしたが、学校の先生の間で“丸付けの時に使うといい”と話題になったんです。それから先生が続けて何十人と買いに来てくれて、これはいけると思い、そういう打ち出し方をするようになりました。おかげさまで色々な用途があると気付かせてもらえ、最近は明るい色を増やしています。

インクだけでなく、文房具も充実しているんですよね。お薦めの文具を教えてください!

オリジナル万年筆「プロカラーモデル」

まず、オリジナル万年筆の「プロカラーモデル」です。万年筆のボディの色と連動したKobe INK物語のインクの色を入れて楽しんで頂ける万年筆です。
個性的なカラーは神戸各地の風景を、細かなラメを散りばめたボディとゴールドパーツは神戸の上品な雰囲気を表現しています。持ちやすいバランスの標準軸をベースに、ボールペンに慣れた方にも使いやすいステンレス製のペン先を使用していますので、初めて使う万年筆としてもおすすめです!

「カクノ」(Kobe INK物語パッケージ)

こちらは国内メーカーが初めて子供用に作った万年筆「カクノ」です。その完成度の高さから、大人の初心者や万年筆愛好家の事務用万年筆として人気が出たものです。パイロットの人気万年筆「カクノ」にKobe INK物語のパッケージでお馴染みの神戸の風景をあしらいました。透明なので、中に入れたインクのカラーを楽しむこともできます!

「ボルトレッティ」イタリア製 ガラスペン

こちらはオリジナル文具ではないのですが、ナガサワが直輸入しているイタリアのムラーノガラスと宝飾の真鍮加工職人の手によって作られるガラスペンです。1本ずつ手作りされているため、軸の模様が豊富です。また、真鍮細工の技術を応用して、ガラスペンでは珍しいペン先交換ができる仕様です。

これらの商品はどこで購入できるんですか?

ネット通販と店舗で購入していただけます。その中でも店名を“NAGASAWA”と表記する、万年筆・Kobe INK物語を中心としたオリジナル文具を販売している店舗をいくつかご紹介いたします。

【NAGASAWA PenStyle DEN】

三宮センター街ジュンク堂書店三宮店の3階にある、ナガサワ文具センター本店内にあります。大人のこだわりショップとして数多くのオリジナル商品を取扱いしています。

【NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店】

神戸ハーバーランドumieの近くにある店舗です。神戸らしさを感じられるお洒落な外観で、店内には神戸発のオリジナル文具がたくさん並んでいます。

【NAGASAWA 梅田茶屋町店】

こちらは大阪に唯一ある店舗です。大阪という立地のため、東京などの遠方からのお客様や、海外からのお客様が多く、そのようなお客様との交流の場にしています。

人気カラー・オリジナル文具・店舗のご紹介をありがとうございます。
次回では、異業種とのコラボのお話や今後の展開についてお伺いしたいと思います!

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved