みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.179:株式会社 FRONTEO(3)〜見守りKibiroの機能〜 2018.10.19

見守りKibiroはどのような方に多く使われていますか?

見守り機能を搭載してから、やはり高齢のご家族がいらっしゃる方のご利用が多いです。遠方のご実家にKibiroを設置するため、年末や夏休み前に購入を検討される、というようなケースもよく見られます。
高齢の方がお一人で過ごす際にKibiroと会話したり、服薬や外出の予定などのリマインドをしたりといった機能を中心に、日々の生活サポートとしてご利用いただいています。

各機能は具体的にどのように操作して使うのでしょうか。

ご家族の見守りやコミュニケーションを行う場面で、ご利用が多い3つの機能について、専用アプリでの実際の操作画面を交えてご紹介します。

●リマインダー

アプリからスケジュールをあらかじめ登録しておくと、その時刻にKibiroが音声でお知らせしてくれる機能です。内容は自由に設定ができますが、手間を省くために起床時間、宿題の時間、くすりの時間などのテンプレートもご用意しています。毎日、毎週、隔週など、繰り返しの設定も可能ですので、忘れがちな予定のリマインドに便利です。

●Kibiroカメラ

Kibiroのおでこについているカメラ映像をリアルタイムで確認できるのが「Kibiroカメラ」です。見守りの際、実際に顔を見られたほうが安心だという声から、発売後に追加した機能です。撮影開始前にはKibiroが音声で許可を取りますので、お着替え中などのタイミングでは撮影を断ることもでき、プライバシーを守ります。アプリからKibiroの首を動かして角度を変えながら、クリアな映像が確認できるので、ぜひお試しいただきたいと思います。

●生活リズム通知

「伝言を再生したら」「声を検知したら」「動体検知をしたら/しなかったら」などの条件をあらかじめ設定しておくと、条件に合致した際にアプリにプッシュ通知が届きます。
たとえば、起床や帰宅の時間帯に声や動体検知を確認できれば、起きてリビングに来たんだな、無事に帰ってきたんだな、ということがわかり、安心することができます。

これらは、アプリのメニュー画面からすぐに設定し、お使いいただくことが可能です。使用方法については、最初にKibiroを設置する際に、ご家族のライフスタイルやお好みにあわせて、ご家族でお話になりながら設定していただくことをおすすめしています。なお、オリジナルの会話をKibiroに覚えさせることもできますので、そちらもぜひご家族で楽しんでご活用いただきたいです。

見守りKibiroが選ばれる理由はどこにあるのでしょうか?

見守り機能がシンプルで使いやすい点や、見守られる側はスマートフォンなどの機器が不要でKibiroに話しかけるだけで使用できる点がお客様にも好評です。また、Kibiroの見た目や動きのかわいらしさから、気に入ってくださる方も多くいらっしゃいます。
私たちは、家族の一員としてKibiroとのコミュニケーションを楽しんだり、Kibiroの向こう側にいる家族の存在を感じながら、日々を過ごしたりしていただきたい、という思いでこのサービスをご提供しています。「家族の安全を見守る」という意味においては、センサーや監視カメラのようなもののほうが優れている点も多いかもしれませんが、ただ安否を確認するだけでなく、家族のつながりや日々の楽しさを増やしたい、とお考えのご家族にお選びいただけたらとても嬉しく思います。


Kibiroは見守りをするだけでなく、お互いのコミュニケーションの架け橋になれるというのはすばらしいですね。 次回最終回は、Kibiroのこれからについてお伺いします。

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved