みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.178:有楽製菓株式会社(3)〜ブラックサンダーの限定商品・コラボ商品と直営店〜 2018.09.19

まず、ブラックサンダーシリーズの限定商品について教えてください。

ブラックサンダーの地域限定商品は現在、弊社の生産拠点のある北海道・東京・豊橋に加え、沖縄で販売しています。
北海道エリアでは「白いブラックサンダー」を通年で、「メロ〜ンなブラックサンダー」と「ピンクなブラックサンダー」を季節限定で販売しています。「白いブラックサンダー」は、最初は通販限定商品として2010年に作られましたが、札幌工場で生産していること、北海道産のミルクと甜菜糖を使用していることなどから、2011年より北海道土産としての販売を開始し、2017年7月に累計販売本数が1億本を突破した人気商品です。

2017年9月のブラックサンダーのフルリニューアルを追いかける形で、「白いブラックサンダー」も2018年7月に初のフルリニューアルを行いました。まず、より北海道限定商品とわかりやすいようにパッケージを刷新しました。ロゴはブラックサンダー同様疾走感のあるデザインに変更し、お菓子の写真についても今までは横たわっているような構図だったのに対して、新パッケージでは下から飛び出している感じを強調しました。

同時に社内外へ味の感想についてアンケートを実施したところ、「少し甘すぎる」という声があったため、甘さを抑えてミルク感をアップさせました。ブラックサンダー以外の商品についても以前よりも「甘さが強い」と言われることが増えたため、人々の味覚の変化に合わせて味を少しずつ改良しています。
「白いブラックサンダー」というネーミングについても、一見すると「黒なの?白なの?」と思いますよね。「『ホワイトサンダー』ではないのか」とよく言われますが、実際に食べてみると、外のコーティングがホワイトチョコレートで中身は黒(=ブラックサンダー)なので文字通り「白いブラックサンダー」なんです。「ブラックサンダー」のシリーズ品であることを伝えたいということもあり、「白いブラックサンダー」というネーミングになりました。
また、現在北海道地域限定かつ季節限定商品として「メロ〜ンなブラックサンダー」と「ピンクなブラックサンダー」も販売しています。「メロ〜ンなブラックサンダー」は北海道産のメロンパウダーと北海道産ミルクを使用したメロンチョコレートでコーティングしています。2018年の夏季期間に販売を開始したものには新たにメロンチョコチャンクを配合し、メロンの風味がより強く感じられるようにリニューアルしました。2017年の冬季期間に販売していた「ピンクなブラックサンダー」は、北海道産100%のいちごパウダーと、北海道産生クリームを使用したホワイトチョコレートをブレンドしたチョコレートでコーティングしています。いずれも北海道の素材をふんだんに使っている自信作ですので、ぜひご賞味ください。

「東京ブラックサンダー」は、東京銘菓である浅草常盤堂様の「雷おこし」とコラボさせていただいております。ブラックサンダーのココアクッキーとプレーンビスケットに、ピーナッツ・あられを加えて黒糖味に仕上げた商品です。外国の方に人気の「雷おこし」を使用することで、東京土産としてだけでなく日本土産としてもご利用いただけるようになっています。

「豊橋ブラックサンダーミニバー」は、ブラックサンダーの生まれ故郷である愛知県豊橋市の様々な名物が描かれたオリジナルパッケージの商品です。箱表面には豊橋のシンボルである路面電車が描かれ、個包装には「トヨッキー(豊橋市の市制施行100周年記念マスコット)」などが描かれています。(なお、中身はブラックサンダーミニバーと同じものです。)

トヨハシサンダーズ(一部抜粋)

また、創業者や現社長の出身地でもある豊橋地域への地域貢献活動として、地元企業とのコラボレーション企画「ブラックサンダー×トヨハシサンダーズ」を行い、地域の活性化を目指しています。お亀堂様の「あん巻き」というもっちりした皮に「ブラックサンダー」のチョコあんを包んだ「ブラックサンダーあん巻き」などの商品があります。トヨハシサンダーズは、豊橋駅内の「mikawa bonTore」というお店で全種類を取り扱っておりますので、お近くに行かれた際はぜひチェックしてみてください。

また2018年は生産拠点以外で初めて沖縄エリアでの限定商品の販売にチャレンジしました。その名も「白いブラックサンダー沖縄出張中」という商品です。コーティングのホワイトチョコレートに沖縄海水100%から作られた「北谷の塩」を配合し、中には沖縄県産の「黒糖」で表面をコーティングしたアーモンドを入れた、特別なブラックサンダーです。
近年、おかげさまで「白いブラックサンダー」をはじめ、「サンダーシリーズ」の知名度が徐々に上がってきていると感じております。これまでは生産拠点のあるところで地域限定商品を販売してまいりましたが、「ブラックサンダーを国民食にしたい」という目標のもと、これからもお土産商品を増やしていけたらと思っています。

お土産にピッタリの商品ばかりですね。
続いて、コラボ商品について教えてください。

2018年のコラボ商品としては、カルビー株式会社様の「フルグラ®」とコラボさせていただいた「フルグラ®サンダー」と、マクドナルド様の「マックフルーリー」とコラボさせていただいた「マックフルーリー ブラックサンダー」「マックフルーリー 白いブラックサンダー」があります。
「フルグラ®サンダー」は、「フルグラ®」を使用し、「お手軽価格のグラノーラチョコバー」としていつでもどこでもグラノーラを美味しく楽しんでいただけるような商品に仕上げました。9月10日(月)から、食べやすい一口サイズの「プリティスタイル」としても新たに販売を開始しております。
「マックフルーリー ブラックサンダー」は2017年に初めてコラボさせていただきましたが、おかげさまでご好評いただき、2018年8月1日から数量限定で復活させていただきました。また、第2弾企画として、8月29日からは「マックフルーリー 白いブラックサンダー」も数量限定で初登場いたしました。普段北海道土産として販売している「白いブラックサンダー」ですが、今回「マックフルーリー 白いブラックサンダー」として初の全国デビューを果たしました。

フルグラ®サンダーもマックフルーリーとのコラボも大きな話題になりましたね。
最後に、直営店について教えてください。

直営店は、愛知県豊橋市の豊橋夢工場直営店と東京都小平市の東京工場直営店の2店舗を展開しています。豊橋夢工場直営店は2016年10月に改築、東京工場直営店は2017年1月に東京工場の建替えに合わせて、お客様にご利用いただきやすい店舗形態になりました。

豊橋夢工場直営店は「サンダーショップ」として「ブラックサンダー」をはじめとするシリーズ商品を中心に取り扱っています。豊橋限定の「豊橋ブラックサンダーミニバー」はもちろん、北海道限定の「白いブラックサンダー」や東京限定の「東京ブラックサンダー」など、地域限定のサンダー商品も取り扱っています。「デラックスミルクチョコレート」をはじめとしたデラックスシリーズも長くご好評いただいております。その他直営店限定商品もあり、多くのお客様にご利用いただいております。

東京工場直営店は2017年1月に「チョコレートショップ」としてリニューアルオープンしました。知る人ぞ知るロングセラー商品の「デラックスミルクチョコレート」をはじめとした、デラックスシリーズの商品を中心に取り扱っています。

その他の直営店限定商品として、直営店に隣接する生産室で1本1本ハンドメイドで作り上げている「デラックスチョコバー」シリーズや夏季限定の5種類のフルーツの味が楽しめるゼリー菓子「パート・ド・フリュイ」があります。

また、今年の6月からは夏季限定でソフトクリームの販売も行っており、実は隠れた人気商品の1つなんです!濃厚なミルクソフトまたはチョコソフトにトッピングを追加することができ、「ココアクッキー」や「プレーンビスケット」のブラックサンダーの素もご用意しておりますので、お好みに合わせてブラックサンダー風に仕上げることもできます。おすすめの組み合わせもご紹介しておりますので、ぜひ試してみてください。

魅力いっぱいの直営店ですね!
いよいよ次回が最終回です。話題のイベントについて教えていただきます。

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved