みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.176:株式会社ヤッホーブルーイング(4)〜クラフトビールをもっと楽しく、美味しく飲む秘訣〜 2018.04.13

クラフトビールを美味しく飲むにはどうすればいいですか?

ともかくビールをおいしく飲むには、まずグラスに入れることです。缶は飲むためのものじゃない。単なる容器。缶で飲むのは、鼻をつまんで飲むようなものです。ワインや日本酒をビンのまま飲む人はいませんよね?それと同じです。
クラフトビールを楽しむ上で、香りはとても重要な構成要素です。缶のままでは、100の楽しみのうち、60くらいしか楽しめません。グラスを回すと香りは立ちますが、炭酸が抜けてしまうので注意です!

どういうグラスがおススメですか?


一番左のグラスが「チューリップグラス」

チューリップグラスと呼ばれるものがおすすめです(写真、一番左)。どんなクラフトビールでも楽しめると言われているグラスです。ただ、初心者の方は何でもいいからグラスに入れることからはじめていただければと思います。
形状の違うグラスを出して飲み比べるとよくわかりますが、グラスによって味は変わります。ワインが赤、白で使うグラスが違うように、ビールによっても違います。クラフトビールは種類がたくさんあるので、それに合わせてグラスがあるわけです。
アメリカのビアバーは、パイントグラスで出てきますが、あれはそういう"スタイル"なんですね。IPAにはIPAグラスが良いということはありますが、自分が好きなスタイルや気分で飲んで楽しんでもらえるのが一番だと思いますよ。ただし、陶器はクラフトビールの色が見えなくなるので、あまりお勧めはしません。


ホームページを拝見すると、飲むのに適温があると書いてありますが・・・

クラフトビールはキンキンに冷えすぎていると、香りがあまり立ちません。
味と香りのバランスが一番良い温度がビールそれぞれにありますが、適切な温度にするのは大変なので、意識して飲んでもらえればいいと思っています。
まずグラスに入れると、約1度上がります。クラフトビールは、ゆっくり飲むと温度が上がり、ビールの表情が変わってきて、後半になると本領を発揮します。
ただ、当たり前ですが、「冷たいのがおいしい、のど越しを楽しむビール」は、冷たいほうが良い。世の中のビールは色々あるので、それに合わせて楽しめばいいと思いますよ。


それぞれのクラフトビールに、おススメの料理はありますか?


 
 
 

ペアリングと呼ばれるのですが、基本は『色』で合わせると良いです。
たとえば、「よなよなエール」はスタンダードなローストチキンなどがおススメです。
「水曜日のネコ」のような淡色系は、チキンや白身魚といったハーバルなものが良いです。
黒ビールはビーフシチューや黒酢あんかけ、しょうゆ系といった黒色の料理。麦芽のロースト感が強いので、バニラアイスなどコーヒーに合うものは合います。
IPAはビール自体にパンチがあるので、スパイシーなものが良いです。カレーとか、餃子とか。餃子でもラム肉の餃子といった味にクセのあるものもよく合います。
ベルギーはビールとのペアリングが進んでいるので、それを研究して真似てみると良いと思いますよ。

話を聞いているだけで、ビールが飲みたくなって仕方がありません!
次回は、お客さまが集うイベントの様子についてお聞きします。

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved