みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.175:小林製薬株式会社 春の新製品内覧会レポート(2)〜消臭芳香剤〜 2018.02.23

消臭芳香剤

部屋、トイレ、玄関、車・・・。家中のいたるところにある芳香剤ですが、日本初のトイレ用芳香剤「サワデー」は昭和50年に小林製薬が発売しました。昭和62年には消臭機能をプラスし、「芳香剤」から「芳香消臭剤」に進化しました。
その後、トイレから部屋、玄関など様々な空間に合わせた商品が発売されています。そして、2015年に小林製薬の芳香消臭剤は40周年を迎え、2017年11月には消臭元が「液体タイプ 芳香・消臭剤における最大のブランド(最新年間売り上げ)」(2016年年間売上$123,000,000)として、ギネス世界記録に認定されました。
最近では香りと消臭機能だけでなく、見た目にもこだわった製品が販売されるようになりました。今回はどのような製品が発売されるのか楽しみですね。

新製品のキーワードは「見た目のおしゃれさ」と「プレミアム」

<Sawaday PINKPINK Stick>

会場でひと際目を引いたのはSawaday PINKPINK Stickのブースです。ピンク色のパッケージの「エンジェルシャボン」と白色パッケージの「ウェディングプランナー」。
エンジェルシャボンは、シャボン玉をイメージしたピンクと白の風船のゲートが迎えてくれました。
白色のウェディングプランナーはきれいに花が飾られていて思わず歓声をあげてしまうほどでした。

Sawaday PINKPINK Stickはどちらもスティックタイプでクリスタルガラスのような見た目の容器にピンクと白の2色のスティックが入っています。従来の「PINKPINK置き型」のターゲットはキュートな女性で、かわいいイメージが強く、高級感のあるイメージは弱かったそうです。そこで容器により高級感をプラスし、上品フェミニンな女性に似合う香りが開発されました。
街のインテリアショップで売られてもおかしくありません。かわいらしい見た目と上品な香りの芳香剤はさらに心地よい空間にしてくれそうですね。

<PARFUM ROSE>

PARFUMシリーズは、白や黒を基調とする部屋に似合うような上質な香水調の香りと高級感のあるスタイリッシュな容器で登場しました。それまでに発売されていた「Sawaday PINKPINK」のかわいらしい印象とは対照的なクールなイメージの製品です。
今回はそのシリーズに女性向けの "ROSE(ロゼ)"がプラスされます。2色のシンプルなパッケージなのでどこに置いても部屋の雰囲気を崩しません。
部屋用、トイレ用に加え、車専用もあるので同じ香りで統一するのも良いですね。

お客様の声に応えたパッケージリニューアル製品

会場では新製品以外にもお客様の声に応えて新しいパッケージにリニューアルした製品がいくつも紹介されていました。パッケージリニューアル製品は自然に移行していきます。いつものお買い物の際、パッケージにも注目してみると楽しいかもしれません。

<消臭元ボタニカル>

これまではボトル上部に中身の黄色がわずかに見えていたのですが、「ボタニカルのイメージに合わない」という声もありました。そんな声に応えて着色ボトルを採用したそうです。

<無香空間>

製品名の通り、香りを一切使用していない無香タイプの消臭剤ですがこちらもパッケージがリニューアルされます。
これまでのパッケージでは使用時に容器の一部をラベルが覆っていてビーズの減りが見えにくくなっていました。ビーズの減りによって目で見て効果が実感できるようにとパッケージに変更したそうです。

芳香消臭剤ではとくに小林製薬の使い心地へのこだわりを感じました。
香りだけでなく、容器までお気に入りの芳香剤だったら、空間全体を心地よいものにしてくれますね。
様々な香りがあるのでお気に入りの香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2018 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved