みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.159:オレンジトーキョー株式会社(3)〜MERIが誕生してから〜 2015.03.11

改良され、北欧デザインに生まれ変わったMERIはどのように発売されたのでしょうか。

2012年5月に初めて実店舗で販売しました。
恵比寿で開催された1週間限定の催事で、当初予想していた40足を大きく上回る130足を売り上げました。買って行ってくれた方は、想定していた40代女性よりも少し年齢層の高い方が多かった印象ですね。また、ちょうど母の日が近かったこともあり、プレゼントとして買っていかれる若い方も多くいらっしゃいました。
すぐ近くに外国人観光客が多く泊まるホテルがあったのですが、そういった方たちがまとめ買いしてくれたというのも印象的でしたね。

たまたまそのイベントに関西の百貨店のバイヤーさんもいらしてまして、ご自身用にと購入された分を気に入っていただいたそうで、大阪の催事への出展へ熱心なお誘いをいただきました。
そのような経緯で東京で初めて販売したすぐ後にも大阪へ行ったのですが、まったく客層も異なる中140足を売りました。期間は同じ一週間で客層も客足も違う店舗で売れた数に大きな差は出なかったんですね。そこで、集客に関わらず価値を感じてくれる人には売れる商品だと確信を持ちました。

他にも催事への出展はしたのですか?

2013年の1月には、初めて海外の展示会に出展しました。パリで行われている、欧州最大規模の雑貨の見本市、メゾン・エ・オブジェ(Maison et objet)です。
実は以前にも一度チャレンジしたことがあったのですが、審査に落ちてしまっていたんですね。改良を重ねたMERIで再挑戦してみたところ、審査に通り出展までこぎつけました。
展示会では割と反応もよく、成約もとれましたが、ここで一番良かったのが日本のバイヤーとの繋がりができたこと。国内の展示会と違いゆっくりバイヤーの方と話すこともでき、そのうえで改めて帰国後にご案内することができました。 最初は海外に出店を目指して展示会にでましたが、結果として日本で販売していくための繋がりができました。

東京に戻ってからはどのように展開していったのでしょうか。


meri matka(メリ マトカ) 成田空港第1ターミナル店

もうひとつ展示会出展で良かったことが、成田空港のバイヤーさんから出店の声がかかったことなんです。空港は常夏の国へ行く人がいれば、来る人もいる。もともと、MERIは基本的には暖かい時期に好まれるルームシューズのため、季節の影響が少ない空港での出店というのは理想的なんです。
そんな中で思いがけず空港での出店のお話を頂き決めました。成田空港の売上の6割ほどは海外の方が買ってくださる分ですね。 海外からの観光客も年々増えていて、どのお店でも免税対応などしています。この出店がきかっけでこちらから海外に積極的に出ていくよりも、来日した方々に買っていただくという方が私たちには近道ではないかと感じました。

そしてその後に両国に本社兼工房をオープンされたんですね。


MERI KOTI(メリ コティ) 北斎通り店

はい。このショップをオープンしたのが2014年9月です。
実はここにオープンしたのには大きな意味があります。
ショップがあるのは海外からの観光客が多い江戸東京博物館と平成28年度に開館予定のすみだ北斎美術館を結ぶ通りになります。葛飾北斎は海外でとても人気があり、すみだ北斎美術館には江戸東京博物館同様、海外からの観光客が多く訪れることが見込まれます。
日本文化に興味を持つ、文化感度の高い海外観光客がこの通りを往復するようになります。
そのため、是非ここで出店したいと考えて以前より物件を探していたのですが、良いご縁をいただきオープンすることができました。

>>オピ研 バックナンバー
感想や、オレンジトーキョー、MERIに関することなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
kumakoさんさん  50代女性  2015/03/20 18:32:13
懸命に一年間修業するも「作ったらほどく、作ったらほどくをひたすら繰り返して覚える」これは強烈なインパクトを覚えますね。でも、そのプロセスを経て「可愛く愛される製品」として羽ばたいていく姿は正に感動ものです。単に「親しみ」とかの表現は不向きでしょう。そして、共感し買い求める多くの人々と出会うんですよね。ステキです。応援してます。

ゆりりさん  20代女性  2015/03/16 17:46:31
おしゃれな部屋履きですね!ふかふかしそう。
使ってみたいです★

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved