みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.159:オレンジトーキョー株式会社(1)〜ニット製ルームシューズMERI〜 2015.02.25

2012年に誕生したルームシューズ「MERI」が今、女性を中心に国内外問わず人気を博しています。機械編みのニット地を用いた布草履。北欧をモチーフとしたデザインと抜群の履き心地で支持を広げています。
墨田区の北斎通り沿いに本社兼工房ショップ「MERIKOTI」があります。通りから制作風景が見える大きなエントランスが特徴で、商品を手にとりゆっくり選べるだけではなく、その場で体験もできる空間となっています。
今回のオピ研ではルームシューズブランド“MERI”、靴下が中心の“TUTUMU TOKYO 1948”等を展開するオレンジトーキョー株式会社さんについてご紹介します。

お話を聞かせてくれたのは、
オレンジトーキョー株式会社 代表取締役 小高さんです。

MERIとはどんな商品でしょうか。

ニット製の紐を編んで作ったルームシューズです。いわゆる布草履なのですが、和風ではなく北欧をテーマにデザインをしています。
メリヤス編みという伸縮性に優れた編み方で編んだ紐を、一足一足職人さんが手編みをしています。
鼻緒や、一部の商品についているコサージュも手作りです。それぞれのパーツを作る職人さんと、それを組み立てる職人さん、さまざまなひとの手が関わってひとつのMERIが出来上がっていきます。

素材は東レさんの中空糸「エアレット」を使用しているため、夏は涼しく、冬は暖かく、吸水速乾性や抗菌防臭にも優れています。手洗いができますので清潔に使い続けていただくことができます。
素材に適度なハリやコシがあるうえに、土台の厚みがふかふかで、すごく履き心地が良いんですよ。
鼻緒部分は長さを変えることが出来るのでご自分のサイズに合わせてフィットするように調節できます。

壁一面にMERIが飾られていますが、現在何種類ほどあるのでしょうか?

現在30種類ほど販売しています。
2012年5月MERIがスタートしてから2年半で、毎年春と秋の2回新作を8〜9柄ほど発表しています。
廃盤になった柄もあるので実際は40柄ぐらい作ってきていますね。

北欧をテーマにデザインされているんですね。

Anne(左上)、Ellen(右上)、Hans(左下)、Tove(右下)

はい、その中でも「Anneアンネ」「Hansハンス」「Toveトーヴェ」「Ellenエレン」という4つのデザインに更に分かれているんですが、これは北欧に住むひとたちをイメージしているんです。

「Anne」は洗練されたおしゃれを楽しむ女の子のイメージ、小花柄や北欧風のパターンの鼻緒を使い都会的でスマートな印象のデザインです。
「Hans」は、ビタミンカラーやボーダーを使って、元気で明るい男の子のイメージに、「Tove」は知的で落ち着いた女性をイメージしており、シンプルで落ち着いたカラーが多いことから男性にも人気があるシリーズです。
「Ellen」はメルヘンで可愛らしい女の子をイメージしたロマンチックでフェミニンなデザイン、コサージュがついているのは「Ellen」です。

>>オピ研 バックナンバー
感想や、オレンジトーキョー、MERIに関することなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
kumakoさんさん  50代女性  2015/03/20 18:32:13
懸命に一年間修業するも「作ったらほどく、作ったらほどくをひたすら繰り返して覚える」これは強烈なインパクトを覚えますね。でも、そのプロセスを経て「可愛く愛される製品」として羽ばたいていく姿は正に感動ものです。単に「親しみ」とかの表現は不向きでしょう。そして、共感し買い求める多くの人々と出会うんですよね。ステキです。応援してます。

ゆりりさん  20代女性  2015/03/16 17:46:31
おしゃれな部屋履きですね!ふかふかしそう。
使ってみたいです★

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved