みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.153:株式会社ユーグレナ(1)〜What is euglena?〜 2014.09.24

ユーグレナ(euglena)という生物をご存知でしょうか。
オランダのレーウェンフック氏が発見し、
ラテン語で「美しい(eu)目(glena)」の意を込めて名付けられました。この美しい名前をもつ生物の正体こそ、誰もが小学生時代、理科の授業の顕微鏡で見たミドリムシなのです。
このユーグレナ(和名:ミドリムシ)がみなさんの食を変え、そして環境問題や食料問題までも解決できるほどの可能性を秘めているというのです。
そこで、2005年に設立され、ユーグレナの研究・開発・製造・販売を展開している株式会社ユーグレナさんについてご紹介します。

今回お話を聞かせていただいたのは、
株式会社ユーグレナ 経営戦略部
広報・IR担当 チームリーダー 安間さんです。

ユーグレナについて教えてください。

ユーグレナは植物と動物の両方の特徴をもち、ミドリムシと名はつきますが、実は虫ではなくワカメや昆布と同じ藻の一種です。
緑色の体で植物のように光合成を行って成長していくので水、光、二酸化炭素があれば育つことができます。そして栄養素の生産効率はなんと稲の約80倍とも言われています。また、高濃度の二酸化炭素の中という過酷な環境下でも成長していける生存能力の高さも注目すべき部分です。
大気中の約1,000倍という高い二酸化炭素濃度の中でも、元気に生育していく適応能力を持っています。そして光合成を行うので酸素を作る、つまりは吸収してくれるので、二酸化炭素の削減から温暖化防止への貢献も期待されています。ユーグレナの二酸化炭素削減能力は熱帯雨林の十数倍というデータもあるほどなのです。

ユーグレナの研究はいつ頃から始まったのでしょうか。

実はユーグレナの研究史は古く、多くの大学、研究機関で研究されてきました。
発見は今から350年程前の1660年代。1970年代ごろにはNASAからも注目され、宇宙開発の視点での研究が進みました。
また、1990年代では、ユーグレナを使った医療、医薬品の開発、二酸化炭素固定などについての研究がさらに実施されていきました。そして2005年に当社が、世界初となる食品としての屋外大量培養に成功し、東京大学、大阪府立大学、近畿大学、兵庫県立大学などと連携して、ユーグレナを活用した製品の開発、および生産管理を行っています。

ユーグレナの食品としての大量培養は難しかったのですか。

当社は、世界で初めてユーグレナの屋外での食用大量培養に成功したとして、 2010 年に「ベンチャー企業大賞」に選ばれました。実は以前からNASA でもユーグレナなどの藻類が「未来の食料」、「宇宙で育てる食料」として研究されてきました。しかし、世界でただ一人も、食用での屋外大量培養に成功した人はいなかったのです。 ユーグレナを大量培養するには無菌状態にしなければなりません。他の微生物が入ると、食べ尽くされます。

そこで、ユーグレナだけが生きられる培養液を完成させ、世界で初めてユーグレナを食材として安全に培養する技術を確立したのです。 現在、沖縄県の石垣島に培養施設があります。外界との間に何の仕切りもなく、本来なら昆虫やバクテリアなどが繁殖してしまいますが、特別な培養液を用いることで、ユーグレナを守っています。食材としてのユーグレナは、培養液を遠心分離機によって分離してから回収し、スプレードライヤーを使って粉末にするので、培養液の成分は残りません。純粋に、ミドリムシだけが取り出せる仕組みとなっています。

ユーグレナを食品とする魅力とはなんですか。

動物と植物、両方の性質を備えているユーグレナは59種類もの豊富な栄養素を持っています。
動物と植物、両方の性質を備えているユーグレナは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、カロテノイド、不飽和脂肪酸など、実に59種類もの栄養素を備えています。人間が生きていくために必要な栄養素の大半を、含んでいると言っても過言ではありません。 高い栄養価から、先進国の人々にとっては日々の食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品、サプリメントとして頼りになる存在です。また、発展途上国などで栄養素不足に苦しんでいる人々に向けた食材として、大きな手助けとなりえる可能性を持っています。ミドリムシの栄養素は効率的にヒトの体内へ吸収されます。
また、ユーグレナには植物にある細胞壁がなく、細胞膜で構成されています。人間には細胞壁を分解するセルラーゼという分解酵素を作ることができないため、植物の栄養素の吸収効率は高くありませんでした。ですが、ミドリムシは細胞膜のみのため、効率的な栄養吸収が可能となります。
本来なら吸収効率の悪い植物性栄養素を、動物性栄養素と同じくらい、確実に体内で取り込むことができます。

世界で初めてミドリムシの屋外での食用大量培養に成功というのはスゴイですね!
次回はユーグレナを使用した商品についてご紹介します。

>>オピ研 バックナンバー
感想や、ユーグレナに関することなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
ひとしいさん  20代男性  2014/10/21 17:51:01
前に自由が丘駅周辺で移動販売車発見して、おいしそうだったのでミドリムシ入りベーグル買いました。おいしかったです。

ゆりなさん  20代女性  2014/09/30 11:16:13
最近いろいろなところで話題になっていますよね。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved