みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.152:株式会社キングジム(5) キングジムとデジタルツール 2014.09.26

テプラではじめて電子文具を作られたということですが、
その後現在に至るまで更に色々な電子文具を発売されていますよね。


ポメラ
[藤本] はい。現在でもキングファイルに並びテプラはキングジムの大きな柱ですが、2008年に誕生した「ポメラ」も、おかげさまでキングジムを代表する商品となりました。「ポメラ」はテキストを打つことだけに特化したデジタルメモです。軽量、コンパクトで起動も早く長時間駆動なので、移動中や外出先、会議中にキーボードでメモを取るのに便利な製品です。

この製品の誕生は少し変わっているんですよ。当社の場合、製品の開発を始めるときは必ず開発会議でプランやコンセプト発表し、役員の承認を得て開発がスタートするのですが、ポメラの時はこの開発会議で「この時代にネットもメールもできないの?じゃあ何に使うの?」というような難色を示す意見が多かったんですね。

ポメラ

[藤本]一般的には、反対意見が多いとなると、「開発の着手を承認されないのでは?」とお考えになるかもしれませんが、当社は製品化するかを多数決では決めないんです。
まさにポメラがその良い例で、反対意見の出る中、大学教授をしている社外取締役が「こんな製品を待っていた!僕はいくら出してもいいからこの製品が欲しい。」と発言したことで、それまでの流れに反し製品化が決定しました。その方は出張も多く、原稿や論文を飛行機やホテルでも執筆したい、けれどもPCでは持ち歩くのも重いしバッテリも気になる不満をお持ちでした。だからこそ、ポメラに非常に魅力を感じたんですね。その様子を見ていた社長が、「数は少なくても、こんなにもこの製品を求める人がいるのなら、ヒット商品になる可能性がある。この製品を作ろう」という決断をしたんです。
開発会議の出席者の中で「これが欲しい」と熱望する人が1人でもいるならば、それを日本全体として考えた時には十分な市場になるという考え方なのです。

最近では、多機能な商品が多いように感じますが、ポメラはその逆ですよね。

[藤本] こちらも開発者自身の悩みから生まれています。外出先で打ち合わせをするときにPCを持っていくのは重い、でも手書きをするには自分の字が汚かったり、漢字が思い出せなかったり…と、ついそっちに気を取られてしまって話し合いに集中できないというな点を解決しようと考えられた製品です。外出先で快適にテキスト入力をしたいという目的のために、それ以外の機能はそぎ落したんです。
実際発売されると、同じ悩みを持った人は多く、ご好評をいただき現在ではラインアップも広く展開しております。2008年の発売なので、もう新商品ではないのですが、今でもお客様からたくさんのご意見やご要望をいただきます。

インターネットにつながらないという点が逆に“書くこと”に集中できるということで気に入ってくださっている方も多いですね。“書くこと”しかできないから文章が進むと仰っている方もいます。また、起動の時間も早いので思いついたときに、PCのように立ち上がりを待つこともないんです。
ある方は「今考えていることを雑念が入る前にキーボードでアウトプットするためのツール」とおっしゃっていました。

ポメラも開発者自身の悩みが元で生まれたのですね。

[藤本] はい。 そしてこのポメラの開発がきっかけになって、「ファイルとテプラだけじゃないキングジム」という雰囲気が浸透してきたように思います。
また、ちょうど2008年ごろはリーマンショックなどもあり、オフィス製品の法人需要の縮小が懸念されていた頃でして、当社もこれまで以上にパーソナルに向けた製品に注力し始めた時期でもありました。 そんな中、ポメラの成功が追い風になり、開発の中でもこれまでの枠にとらわれない「こんなことやってみたい」という積極的な空気が広がって行きました。

そこから「マメモ」や「ピットレック」をはじめ、色々な電子文具の製品が増えてきましたね。

製品を購入されたお客様の声というのはどのようにお聞きしているんですか?

[藤本] ひとつは製品にお客様カードのようなものを入れています。一般的な方法ですが、当社はその返信率が高い方なのではないかと思っています。 先ほどのポメラにしてもそうですが、製品に愛着を持って下さっている方が多いんですね。すごく熱いメッセージを細かく書いて送って下さる方もとても多いです。使っているところを写真にして送って下さる方もいるんですよ。 あとは、最近ですとTwitterや、FacebookなどのSNSから情報をチェックする場合が多いです。

熱心なお客様を大事にされているんですね。

[藤本] 狭い市場を狙った製品だけに、ユーザーからのご意見やご要望は大切にしています。機能を絞り込んだ分、そこに高い満足が得られないと意味がないんです。
万人に向けて作られたものではなく、本当に欲しいという限られた人に向けて作られたものなのでそこへ向けての作り込みは非常に気を配っています。

最近はテプラでも女性向けの可愛いものが販売されていますよね。


ガーリーテプラ
[藤本] ガーリーテプラですね。
テプラは以前からお子様のお名前付けなどで、家庭向けの需要はあったものの、メインとしてはビジネス向けで発売してきました。そんな中で、ガーリーテプラは、女性の持つ乙女ごころを意識したデザインや機能をたくさん搭載しています。これまでの機種よりも、もっと日常使いしやすくなった「テプラ」です。ハンドクラフトが好きな方を中心人気があります。
ガーリーテプラがきっかけになって、仕事だけでなく、ラッピングやコラージュにもテプラをご活用いただけるようになりました。2012年に発売していた“りぼん”に印字できるカートリッジとも相性が良く、一緒にお使いいただくケースも多いようです。 見た目の可愛さはもちろん、使える書体も手書き風のものなど可愛く使えるものが多数入っています。新しい絵文字も搭載していまして、ティアラや鍵、クラウンと言った大人の女性にも使い易い、線の細い可愛すぎない絵柄をご用意しています。

こちらは女性が開発されたのでしょうか?


こはる
[藤本] 女性です。
ガーリーテプラとは別に「こはる」という、マスキングテープに文字が印刷できるマスキングテーププリンターがあるのですが、そちらは実は男性の発案になります。
発案者の奥様がマスキングテープに賞味期限やメッセージを手書きで書いて貼っているのを見て「テプラを使えばいちいち手書きしなくてもいいのに」とマスキングテープに印字する製品を思いついたそうです。
効率や合理性ではなく自宅で可愛く使えるものをということで提案したのが「こはる」です。
ガーリーテプラも大きさには気を配りましたが、こはるは更に小さく、キッチンの引き出しにも置いておけるような大きさを意識しています。
発案したのは上記のとおり、男性でテプラの開発に長らく携わっていた開発者ですが、開発中は女性社員たちからデザインや絵文字の可愛さについてアドバイスしていました」。「全然可愛くないですよ」など、製品のためなら辛口の意見もためらわずに言い合えるのもキングジムらしさだと思います。
そんな中で作り上げていって、発売後、デザインも好評いただいています。

今後もテプラのバリエーションなどを増やしていこうとは思っているのでしょうか。

[藤本] 注目される新製品が多くでてきたとはいえ相変わらずキングジムの主力製品ですし、まだまだ色々な可能性を秘めていると思います。
最近では、オフィス向けに共有機としてテプラを活用するというコンセプトから、従来のUSB接続だけでなく無線LAN で印刷できるようなものも発売しています。
また、ガーリーテプラのような個人の方に向けたアイテムにももっと需要があると感じるので、引き続き本体もテープカートリッジも新しいご提案をして参りたいと思います。機能性テープや、りぼんなどの新しいテープはまだまだご存じいただいていない方も多く、テプラというと「ああ、オフィスで使っていた…」みたいなイメージも強いと思いますが、新しいチャレンジを続け、世の中に広めて行きたいですね。

最後にこれからについて教えてください。

[藤本] 今の時代に合った文房具を作って行きたいです。 デジタルの要素を取り入れたものや、いつも使っているビジネスツールと合わせて活用できる製品に注目しています。
今回お話しさせていただいた名刺もビジネスの現場ではとても身近なツールですよね。
キングジムは、ファイルやテプラ、さらにさかのぼって人名簿の時代から、いかに情報を整理して管理して活用させるかという部分は変わらないんです。ただ、その方法は時代やツールに合わせてどんどん変化していきます。 そこに合った製品をキングジムらしい一味違うアプローチをしていければいいなと思います。

これからの製品もとても楽しみですね!ありがとうございました!


↑第1〜2回目でご紹介した「メックル」を抽選で3名様にプレゼント!応募は上のバナーから!↑
>>オピ研 バックナンバー
感想や、キングジムに関すること、名刺整理についてなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
あやぽんたんさん  30代女性  2014/10/20 8:11:19
とても使いやすいのでいいですよね。普段から愛用しています

犬くんさん  40代女性  2014/10/11 23:06:08
名刺が増えすぎて、管理が追いつきません。
名刺フォルダに入れて管理していますが、いつもすぐに見つけられない、、、
名刺を効率的に管理して、仕事の能率も上げたいです。

ぱいなっぷるさん  40代女性  2014/10/09 11:32:52
名刺整理も時代が変わったのですね。

yykkさん  50代男性  2014/10/08 23:32:08
名刺は探すのが大変です

じぇふりぃちゅうぶさん  50代男性  2014/10/08 20:16:13
名刺は整理をサボって枚数が貯まると、本当に処理が大変。これは欲しいと思いました。

Sumikoさん  40代女性  2014/10/08 18:21:08
名刺・・・増えますよね
ライフオーガナイザーを学んでいるので
名刺のオーガナイザーに興味津々
メックル・・・我が家に取り入れたいです

さくさくさん  30代女性  2014/10/02 13:55:58
ずぼらなので、名刺整理は悩みの種です。
メックルいいですね!回すのが楽しそう。

農園管理人さん  50代男性  2014/09/24 1:02:18
名刺管理はどうすればいいか悩みである。

よもぎ庵さん  50代女性  2014/09/23 20:41:43
一括管理できるので便利そう

ふーちゃんさん  60代女性  2014/09/23 18:33:26
在職中に出来ていたらと残念です。

にゃにゃんさん  30代女性  2014/09/23 17:42:56
名刺フォルダなどでは出来ないデジタルならではの検索、そしてこのスタイリッシュなデザインとコンパクトであること!
どこに非を付けよう?とまで思えました。素晴らしい!!

ぱいなっぷるさん  40代女性  2014/09/23 12:04:51
発想が面白い、スキャンするだけなら他にもあるけど、
ダイヤルで回して探すのが専用機ならではだと思った。

シンさん  50代男性  2014/09/23 9:38:50
せっかくパソコンに接続する機能があるのなら、さらにメールソフト起動−アドレス自動入力・登録まで行えれば嬉しい。

hitoyoさん  40代男性  2014/09/23 7:12:00
発想がすごい。完璧すぎないのがいい気がする。

ha-channさん  60代男性  2014/09/22 22:28:01
使い勝手と長持ちするものを

rkさん  40代男性  2014/09/22 22:14:17
コンパクトで良さそう

康さん  50代男性  2014/09/22 17:42:06
息子の名詞ブックが溢れてきていました。観かねて、この機会に応募させてもらい、誕生日祝いに替えようかなって、当たりもしないのに、勝手に思っています。突然このような良い物を贈れたら、久々の笑顔が見られるのですが・・・。

ももかさん  30代女性  2014/09/22 16:53:33
これ、いいですね。溢れるほど溜まって整理に困っている紙の名刺をジャンジャン取り込みたいです!

ぐうたらさん  40代男性  2014/09/22 16:51:22
手間の掛からないのが何よりですね!

ゆあさん  20代女性  2014/09/09 11:38:03
私も電話番号が見れればいいのでメックルいいなあと思いました!

あいかさん  20代女性  2014/09/03 10:28:36
カメラで撮影してデータ登録するっておもしろいですね!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved