みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.150:NKアグリ株式会社「太陽光利用型工場栽培野菜 AQUAシリーズ」(4) 2014.07.09

AQUAシリーズはどこで購入することができるのですか

和歌山から発送して、鮮度を保つことができるエリアまでということで、中四国〜近畿〜東海・北陸〜関東までとなっています。
販売しているお店は約800店で、大きいところでは、イトーヨーカ堂さん、オークワさん、平和堂さん、カスミさん、いなげやさん、ヤオコーさん、サニーマートさんなどがあります。ただ、一部、入っていないお店もありますので、お問い合わせください。

800店ですか。この場所から、そんなに多くのところへ毎日出荷されているのですね。
ここまで、拡がるにはご苦労が多かったかと思うのですが。

全くこれまで農業にたずさわったことはありませんでしたから、農業については最初から勉強でした。相手は生き物ですし、太陽光を使うということで、自然とも向き合わなければなりません。なかなか、その植物にあわせた自然環境に近い快適環境に自動制御をしていくのはうまくいきませんでした。最初は売り物になるレベルのものは本当に少ない状況でした。弊社でつくる野菜は、年間一定価格ですが、露地野菜ではよくとれる季節、レタスですと春〜夏ですが、その時期になると、野菜の店頭価格が下がり品質もよくなります。どうしたら、相場に左右されない商品にできるか。試行錯誤の連続でした。今では、出荷できるものが9割になりましたが、当時を思えば考えられないことです。

例えば、鮮度を保つ技術なのですが、最初は、採れたての方がよいと思い、採れたてをいかに早く店頭に届けるかということを考えていました。ですが、いくら温度管理をきっちりして採れたてのものを輸送しても、店頭につくころには、野菜の元気がやっぱり減っている。どうしたら、あのみずみずしいとれたての状態にできるだけ近い形で、お客様のところに届けられるか。いろいろ研究した結果、野菜は収穫後も呼吸をしていて、呼吸することで鮮度が落ちていってしまうことがわかりました。そこで、包装した後に、専用予冷庫で予冷をしていったん寝かせてから出荷します。わかりやすく言うと、野菜を仮死状態にすることで、呼吸をとめるという感じですね。その結果店頭に届くまで、とれたて状態を保つことが出来るようになりました。他にも、こういったような独自のノウハウが多くあります。

せっかく、このようにいろいろなノウハウを培うことが出来ましたので、これを弊社だけに持っているのではなく、もっと広く活用していただくことで、新たな農業の発展に貢献していきたいと考えています。そこで、はじめたのが、新しい農業にチャレンジしたいと考えておられる農家さんなど生産者さんに、弊社の技術・ノウハウを提供し、新しい作物をつくっていただくというものです。「さちだほうれん草」や、「さらだみずな」は生産者さんと組んでAQUAブランドで出荷しているものです。その他、植物工場だけではなく、露地野菜や果物にも、技術を活用していただいています。いちご、みかん、パプリカなど、様々に拡がっています。

お客様の声を真摯にお聞きし対応することで、これだけ販路も広がりました。努力は報われるものだなと、つくづく思います。

私達が食べているもの野菜や果物の一部に実はNKアグリさんの技術が‥ということが、どんどん増えていきそうですごく楽しみですね。さらに、もっとすごい構想があるとお聞きしましたが‥。

今、京都府立医科大学、東京大学大学院、日本製粉、弊社とで、ポリフェノールやカテロイド等の健康に寄与する成分を高度に持つ野菜とその加工品の生産について共同研究しています。野菜としては、高リコピン・βカロチン含有ニンジンや高ルテイン・βカロチン含有ケールがあげられます。弊社では、これらの成分をより高含有化する技術を開発中です。このように、野菜を栽培するだけではなく、野菜の機能性成分の医学的な有用性を高めたり、有用成分の増加技術を開発したりといった「医農連携」により、健康に役立つ食の提供も進めていきたいと考えています。


応募の受け付けは締め切りました!たくさんのご応募ありがとうございました。
>>オピ研 バックナンバー
感想や、NKアグリに関すること、野菜についてなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
reo母さん  50代女性  2014/12/21 11:03:10
人参のこいくれないを購入しました、甘味がとても有りビックリしました、色も濃く見ただけで身体に良いことがわかりました。生で食べてもとても美味しくて、今までの物と味の濃さがちがいますね。価格が通常の物より少し高いですが、食べればこの内容なら安いと思いました。イトーヨーカドーで購入2回目です。

まこちゃんさん  60代女性  2014/07/13 10:43:17
根菜類は無理かもしれないけれど 葉物は安心して食べる事ができるという点では良いですね 後は味ですね 食べてみたい それと価格 少し高いくらいなら 買いますが〜〜

ときさん  30代女性  2014/07/10 16:44:49
野菜も呼吸をしていて、予鈴した方が鮮度が高い、という話は、へー、そうなんだとびっくりしました。そういわれと、なるほどという感じです。どう違うのか比べてみたいです。

さんさん  40代男性  2014/07/10 9:39:54
野菜の市場価格との差が知りたいです。事業採算性が合うなら革命的ですね。

ぶんぶんさん  30代男性  2014/07/09 13:15:22
初めて知りました。ぜひ食べてみたい。最近食の安全が脅かされる事件を目にすることが多いので、新鮮なものを安心して食べられるって、当たり前だけどとても大事に思えます。

ムンクさん  20代女性  2014/07/09 12:03:44
飴玉レタスかわいい!

ねいねいさん  30代女性  2014/07/09 12:02:31
大玉のレタスだと使いきれないことがあるので、これぐらいのサイズ感がベスト。
いろいろ試してみたくなります。

ちいさんさん  30代女性  2014/07/09 11:51:37
野菜がきらいな子供も食べやすそうで、興味があります

CIAOさん  10代男性  2014/07/08 23:04:30
できればあまり洗いたくない野菜は、清潔さがとてもありがたい。シャキシャキと生で食べたいですね。

akimamaさん  40代女性  2014/07/08 6:51:52
清潔な工場で栽培されている野菜、鮮度がよさそうですね。

フィーバーノバさん  10代男性  2014/07/07 23:44:58
どのような味わいか興味あり。

kawasemさん  50代女性  2014/07/06 14:36:25
虫が大嫌いなので、嬉しい。無農薬なのもうれしい。食べたいです。

maikoさん  20代女性  2014/07/06 10:04:43
虫がつかないとは今までにないことですね!是非試してみたいでです。

nonokoさん  40代女性  2014/07/06 6:45:13
どんな味なのかぜひ食べてみたいです。科学の進歩ですね。

kikiさん  60代女性  2014/07/05 19:29:26
農業はお百姓さんだけの物でなく、全然分野が違う業種でも出来るのですね。後継者が少ないと嘆くより、どうやって国内の自給率を高めるかが大切ですね。

chocochakoさん  50代女性  2014/07/05 17:14:21
聞いたことがありました。ぜひ食べてみたいです。

しげちんさん  50代男性  2014/07/05 16:17:00
野菜栽培をマンションのバルコニーでしていますが、もっと手軽に簡単に栽培できるのであれば、是非とも試したいと思っています。

gameraさん  30代女性  2014/07/05 16:06:53
興味がアリマス

んーちゃんさん  30代女性  2014/07/05 8:53:45
わー 自分でもやってみたい。自分で育てればさらにかわいいでしょうね

みっちーさん  10代男性  2014/07/05 0:26:04
水耕栽培は土を使わないので病害虫が少ないため農薬が不要、とても興味深く家庭菜園で挑戦してみたいが、野菜工場のような大規模な栽培では、万一養液が汚染されると被害が全体に及ぶという危険があると聞く。消費する側としての若干の不安は、大地で自然の試練を耐え抜いたものと、まるで病室で点滴を受けるように育てられたものとで、何か致命的な違いは出てこないのだろうか、ということ。

じょじょさん  40代女性  2014/07/04 21:14:36
天候に左右されないことだけではなくメリットがいろいろあってびっくりしました。野菜の価格が安定すると家計にもうれしいですよね。味はどうかな?

とろろいもさん  50代女性  2014/07/04 20:08:13
一日350ℊの野菜は中々とれませんが、このおいしい野菜ならたくさん食べられそうですね。

だまちゃんさん  60代女性  2014/07/04 19:10:07
普段 あまり好んで野菜を食べないので 美味しい野菜なら食べ続けられそう

下手の横好きさん  60代男性  2014/07/04 17:44:52
農業も工業に変化してきたようです。

納得ママさん  40代女性  2014/07/04 17:27:38
農薬が無いのに、虫がついていないのは画期的だと思います。まさに安心安全ですよね。
あとは、味ですね。食べてみたいです。

しゆうさん  30代女性  2014/07/04 17:10:56
科学はここまで進歩したんですね。画期的な野菜栽培だと思います。

よもぎさん  40代女性  2014/07/04 16:42:18
安全でおいしい野菜ぜひ食べてみたいです。

veggieさん  40代女性  2014/07/04 15:34:10
野菜嫌いの家のものが絶対興味を持って食べると思います。
素晴らしいと思います。

チャマさん  50代女性  2014/07/04 15:30:56
我が家では毎日生野菜を食べますが、レタスの傷みが早く造り置きが余り出来ないのが難点でした。でもこれなら傷みが遅く手軽なので、試してみたいです。

メメさん  60代女性  2014/07/04 10:41:58
土がないので雑菌の心配がない事と太陽光が魅力です。

ひだまり3さん  60代男性  2014/07/04 10:10:07
まさに隔世の感です。実家は農家でしたが泥まみれの栽培でした。お金が貯まったら空いている農地に栽培棟を作りたいです。

平田恵子さん  50代女性  2014/07/04 8:41:45
将来少し大きい水耕栽培をしたいです いろいろ楽しみたいです 家が農家なので余計に関心があります

だいたくさん  40代女性  2014/07/04 8:35:30
安心して食べられる野菜ってなかなかないので、ぜひ子供と一緒に食べたいです。

アンパンマンさん  30代女性  2014/07/04 8:03:14
おいしそうだし安全なのでぜひ食べてみたいです 家でもそだてられるキットがあるとこどもも喜ぶと思うのですが・・・ ぜひ作って欲しいです

sasasaさん  30代女性  2014/07/04 4:50:30
初めてみました。清潔そうでいいですね。是非食べてみたいです。!!!

マリリンさん  50代女性  2014/07/04 0:07:15
安全で洗わずに食べられる野菜は便利ですね。 ぜひ食べてみたいです。

ミミさん  60代女性  2014/07/03 23:48:31
おいしそうです

ぱいなっぷるさん  40代女性  2014/07/03 23:45:18
安全でおいしいなら食べていきたい。

mouyanさん  60代女性  2014/07/03 23:39:16
おいしそうにみえますね!!

もりもりさん  50代女性  2014/07/03 22:10:58
安定した供給ができて安全な野菜であれば、消費者も信頼して購入することができそう。

板さん777さん  40代男性  2014/07/03 21:04:37
安全で安心だし、節約にもなるからいいね。

muitoさん  50代男性  2014/07/03 19:47:40
美味しそうだし体に良さそう

えんみさん  60代男性  2014/07/03 19:40:51
最近話題になっていたので気になっていた。老人ホームに勤務しているが、経費の削減の意味もあり、入居者のお年寄りにぜひ試してみたい

まるさん  40代女性  2014/07/03 19:29:24
えぐみなどが苦手で野菜嫌いの子供がいるので、ぜひ食べさせてあげたいです。
野菜の美味しさを知ってほしいです。

チクママさん  40代女性  2014/07/03 19:25:40
野菜が苦手の子供に、食べさせたいです。

まりっぺぽんさん  40代女性  2014/07/03 19:00:59
安心な野菜で沢山サラダを作ってモリモリ家族で食べたいです!

どるちぇさん  50代女性  2014/07/03 18:57:23
安心して食べられそうです。野菜大好きなので興味あります。

たま テリーさん  50代女性  2014/07/03 18:41:56
安心安全な野菜で健康になれそうです

ピヨさん  20代女性  2014/07/03 18:28:17
農薬使っていないから、買ってすぐ自宅で使えるなと思いました。便利!
あといろいろ検査しているんですね。安心できます。

ポンタさん  30代女性  2014/06/23 12:02:44
どこに売っているのかを知りたいです。近くのスーパーでは見かけなかったので。

さやさん  40代女性  2014/06/20 12:35:48
太陽光でつくる工場野菜があるなんて知らなかったです。
何かしっかりした、より、普通のレタスに近い味のような気がします。あと、健康的に感じもしました。
レタスが気持ちよさそうです!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved