みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.149:中川政七商店“花ふきん”(1)〜奈良から「日本の工芸を元気にする!」今に生きる伝統を形づくる企業〜 2013.10.17

50年以上の歴史を持つ「グッドデザイン賞」
大型商品や技術的に新しい商品での受賞が多い中、ベスト15に贈られる金賞を受賞した“ふきん”を、皆さんご存じですか?
その名も「花ふきん」
2016年に創業300年を迎える中川政七商店さんの、ベストセラー商品です。
奈良の伝統工芸、奈良晒(ざらし)の老舗である中川政七商店さんでは、「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに、現代の生活を彩る様々な商品・ブランドを展開しています。
今回は「花ふきん」の開発秘話とともに、中川政七商店さんが誇る6つのブランドの魅力を探るべく、奈良の「遊 中川 本店」にお伺いしました!

▼今回お話を聞かせていただいたのは、
株式会社中川政七商店
経営企画室 広報/通販課 課長 鈴江さんです。

「オピ日記」でも何回か掲載させていただきました「中川政七商店」さん。
2016年で創業300年(!)ということですが、まずは会社の歴史について教えていただけますか?

奈良名勝豪商案内記(明治16年)
江戸初期の創業以来、奈良の伝統工芸品である
「奈良晒(ざらし)」…(奈良近在で産出した麻織物、武士の裃や僧侶の法衣など高級布として使用された)の商いを軸に展開してきました。時代の変化と共に、日本から海外へ生産拠点を移しつつも、昔ながらの手紡ぎ・手織りにこだわって麻布をつくり続けています。
大きな変化としては、先代(12代)の時代に、用途の限られていた手紡ぎ手織りの麻を日常生活で感じてもらおうと、
「遊 中川」という初めての直営店を立ち上げたこと。
更に13代目社長になり、より商品の魅力をお客様に直接届けることに力をいれ、直営店の出店やブランディングを進めています。現在は総合ブランド(お店のブランド)4つ、アイテムブランド2つを軸に展開していますが、どの総合ブランドにも「花ふきん」は置いてあります。それぞれ特色を持たせているので、後でご紹介しますね。

個人的に気になっているのが、富士山のデザインが印象的な…
あれも中川政七商店さんのブランドなんですか?世界遺産決定前からあったブランドなんでしょうか?


富士山ふきん、奈良ふきん、花ふきん
はい、4つの総合ブランドの1つで、「日本市」と言います。
「日本の土産もの」をコンセプトに、季節ものや土産もの、全国各地の特産品、工芸品などを紹介しています。自分の地元の
「日本一」を知ることで、誇らしい気持ち、また日本のモノづくりの素晴しさを感じて欲しい、という思いもあります。
「富士山」をモチーフにした商品は、世界遺産の決定「前」からあったんですが、決定前夜は固唾を飲んで見守っていましたね(笑)。世界遺産「祈念」から「記念」商品になったことで、花ふきんの仲間である「富士山ふきん」も売り上げが伸びていますし、各メディアでも多数取り上げていただいています。

[左]富士傘(ふじさん) [右]日本一かるた
富士山の世界遺産登録後に、NPO法人主催で始まった
『富嶽三十六プロジェクト』
というプロジェクトがあります。これは富士山を楽しみながら環境保全の寄付にも繋げるというプロジェクトです。そのプロダクト部門で、36アイテム中7つが「日本市」ブランドから選ばれました。「富士傘(ふじさん)」、「日本一かるた …日本一の山・富士山の歌と、47都道府県が誇る「日本一」のものをいろは歌のひらがな47文字にあわせて詠んだかるた」など、ユニークな商品が揃っております。

素敵ですね!現在何店舗ぐらいあるのですか?

日本市 奈良三条店
東京に「ecute東京店」「羽田空港第2ターミナル店」
「東京スカイツリー ソラマチ店」
の3店がありまして、 関西ではもうすぐ、2013年の10月26日(土)に「奈良三条店(三条通り沿い)」をオープンする予定です。このお店では、一刀彫や大和筆など、奈良ならではの特産品も揃えておりますし、地元の飲食店さんと組んで、2カ月に1回はマルシェも開催する予定です。地元奈良の美味しいものを味わっていただきながら、ゆったり買物を楽しんでいただく…そんな展開を考えています。

※奈良の方以外はイメージしにくいかもしれませんが、「三条通り」は奈良のメインストリート!JR奈良駅と近鉄奈良駅を結ぶ通りで、各観光スポットへもアクセス抜群です。

今から奈良三条店が楽しみです。他にはどんなブランドがあるのですか?

[左]遊 中川ロゴ [右]粋更ロゴ
総合ブランドとしては、「遊 中川」「粋更kisara」「中川政七商店」「日本市」の4つを展開しています。
まず「遊 中川」は、中川政七商店で初めて誕生したブランドです。「日本の布ぬの」をコンセプトに、日本に古くから伝わる素材や技術と、今の感覚を合わせたテキスタイルを展開。店舗30周年を迎えて、新たな挑戦として、国内外のデザイナーとコラボしたシリーズに力を入れています。新しい感覚を取り入れながら、商品もこれまでよりも幅広く、生活雑貨全般を扱っております。年齢層も幅広く、女性のお客様を中心にご愛顧いただいているブランドです。

[左]中川政七商店ロゴ [右]日本市ロゴ
次に「粋更kisara」ですが、コンセプトである「美しい暮らし 」を形づくる日本のモノ、ということで、生活雑貨、洋服、食品なども扱うライフスタイルブランドです。女性の30代〜のお客様を中心に、ギフト需要も高くなっております。直営店では、贈りものには桐箱に白い和紙と水引を用いる「折形(おりがた)」も提案して、贈る人の気持ちも一緒にお包みしています。
会社名を冠した「中川政七商店」では、品質やこだわりを大切に、オリジナル商品のほか、セレクト商品も数多く取り揃え、生活に根ざした機能的で美しい「暮らしの道具」を提案しています。お客様は男女問わず、日常にこだわりを持つみなさまにご来店いただいております。

魅力的なブランドばかりで、どこのお店も覗きたくなっちゃいますね。
次回はそんな中川政七商店さんの大ヒット商品である、「花ふきん」に迫ります!

>>オピ研 バックナンバー
感想や、中川政七商店に関すること、ふきんについてなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
akiさん  40代女性  2015/02/06 17:59:14
花ふきんのツバキ買いました。台拭きに使うため買ったけど、悩み中。

オーロラ姫さん  20代女性  2013/12/18 17:51:04
よく見たら、柄の中に鹿がいる(笑)すご。

こんこんさん  30代女性  2013/12/18 17:50:09
クリスマスプレゼントによさそう、ふきん。さりげなく贈れる。

みんみんさん  20代女性  2013/10/30 20:40:48
ふきんでグッドデザイン賞受賞って、確かにすごいです。
贈り物にばっちり。

ロッソさん  20代男性  2013/10/29 19:31:34
花ふきん素敵ですね。実際に、地方の「ご当地ふきん」を買ってみました!!

かさこじぞうさん  50代女性  2013/10/26 0:27:33
ふきんのやわらかい何ともいえない色合いがいいですね。

怪物くんさん  30代女性  2013/10/24 22:07:41
大仏花ふきん、可愛いですね。
奈良土産によさそう。

金魚注意報さん  30代女性  2013/10/21 22:33:58
私も奈良の学校に通っていたので、
三条通りとか懐かしいです。楽しみですね〜

ぼたんさん  20代女性  2013/10/21 18:03:30
奈良の学校に通っていたこともあり、奈良のブランドが大好きです!!
三条通りにオープンするのですね!!楽しみです♪

すももさん  20代女性  2013/10/21 17:19:15
いろんなところで富士山ふきんを見かけるのですが、中川政七商店のものだと知らなかったです!今日つながりました(笑)そして、ロゴの鹿が可愛くて好きです。奈良っぽさも出てますよね〜。

弁天さん  30代女性  2013/10/20 17:08:51
傘が絶妙!しかも調べたら、そんなに高くない。
最近の雨続きの毎日も、楽しく乗り越えられそう。要チェック。

酔鯨さん  40代女性  2013/10/18 15:45:58
花ふきんは前から気になっていた商品でした。
富士山のデザインのものもあるんですね。おめでたい雰囲気で素敵。

抹茶ぷりんさん  20代女性  2013/10/18 11:21:30
中川政七商店のロゴが渋くてカッコイイ。
歴史とお茶目さを感じます。

マイクワゾウスキさん  30代女性  2013/10/17 21:57:10
花ふきん、友達からもらいました!
ふきんとして使うのがちょっともったいないぐらい、いいですよ〜

沙羅双樹さん  20代女性  2013/10/17 21:55:14
お店の入口の雰囲気が、とても素敵ですね。
新店も楽しそう。。奈良に行ってみたくなりました。

いったんもめんさん  30代女性  2013/10/17 20:34:38
富士山の傘、かわいい!!!
さっそく検索しちゃいました。「花ふきん」という名前にもひかれます。
次回も楽しみにしてます!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved