みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.148:株式会社マルアイ(3)
〜女性のためのワーキングアイテム『Kalis』〜 2013.09.20

「Kalis マグネットクリップボード」が第22回日本文具大賞【デザイン部門 優秀賞】を受賞されました。“Kalis”についてまず教えていただけますか。


『Kalis』(カリス)シリーズ
『Kalis』(カリス)シリーズは2012年7月から発売している、働く女性に向けて企画したワーキングアイテムです。
ブランド名は、ギリシャ神話に登場する美と優雅を司る女神の名前が元となっています。
「職場で使うファイル用品はなんだか事務的で味気ない。」
「ありきたりなカラー展開ばかりで本当に使いたい色がない。」
「プラスチック製のものよりも、もっと上質なものが使いたい。」
そんな女性の声を反映し、立ち上げたブランドです。
”仕事中もお洒落でありたい”と考える、意識の高い20〜40代の女性をターゲットにしています。

女性の社員さんが開発されているのですか?


ISOT特集でも紹介したマグネットクリップボード
はい。
近年、会社からの文具の支給が減少し、自分で文具を用意しなければいけないケースが増えているため、お洒落な文具でオリジナリティを出したいと仕事用の文具にこだわる方が増えています。
せっかく自分で購入するなら、より品質の良いもの、ファッション性の高いものを購入したいと考える女性も多いようです。

これまでマルアイでは女性の視点だけでつくった文具はなかったのですが、「大人の女性が使えるアイテムを企画したい」と、20〜30代の企画職・営業職の女性社員が集まり、職種の垣根を超えたプロジェクトチームを2011年秋に発足しました。
社員自身が「こんなアイテムが欲しい!」と思うものを考え、素材選びからデザインまで細部にこだわって企画をしました。

『Kalis』にはどのようなアイテムがあるのですか?


ドキュメントケース
まず、「ドキュメントケース」「ドキュメントフォルダー」「マグネットクリップボード」を第1弾として昨年発売しました。
書類や資料を持って外出したい時や、社内で場所を移動する時に、書類や筆記用具、手帳などをまとめて「ドキュメントケース」に入れて持ち歩くと、仕事ができるお洒落な女性に見えませんか?
文具大賞を頂いた「マグネットクリップボード」は、金具ではなくマグネットで挟む仕組みになっており、女性の手でも開きやすくネイルを傷める心配がないのが特長です。
凹凸のないフラットな形状なので、他の資料と重ねてもかさばらずスッキリと持つことができるのもポイントです。
封筒型が特徴の「ドキュメントフォルダー」は、A4のクリアフォルダーが入るサイズなので、バッグの中で書類を仕分けたい時などにおすすめです。
「ドキュメントケース」にも収納できますので、是非併せて使って頂きたいですね。

どんなところにこだわって作られたのでしょうか。


ドキュメントフォルダー
ドキュメントケースの裏地の色とリンクしている。
一番のこだわりは素材です。
ドキュメントケースをはじめとしたオフィス用品はプラスチック製のものが多いですが、プラスチック製だと社外に持ち出すにはちょっとお洒落感が足りない…と感じている方は多いのではないでしょうか。
『Kalis』シリーズの主なアイテムにはクロス素材を使用しているので、洋服のコーディネートにも合わせやすく、上質感も感じて頂けると思います。
そして、もう一つのこだわりは色です。
一般的には「女性向け商品=パステルカラー」と思いがちですが、実際に社内の女性の意見をヒアリングすると、淡い色よりも濃くてはっきりした色を好む女性が大半を占めていました。
『Kalis』シリーズでは、ビジネスシーンでも使いやすいネイビーやグレーといったベーシックな色をベースに、裏地に濃ピンクやグリーンなどのビビッドな色を使うことで、主張しすぎない大人のお洒落感を持たせました。
開いた時に「おっ」と思わせる色展開になっておりますので、是非その意外性を楽しんで頂きたいです。
ちなみに、特に人気があるのはブラック、ネイビー、レッドの3色です。

新商品も発売されたそうですね。


名刺ファイル(左)、ブックカバー(右)
今回、「名刺ファイル」と「ブックカバー」が第2弾として仲間入りしました。
ブルーやブラウンなど、第1弾には無かった新色も加えています。

「名刺ファイル」は、収納できる枚数は108枚と充分な容量ですが、女性の手でも扱いやすいスリムサイズにしました。
全6色のカラー展開なので、カテゴリーごとに色分けをしてお使い頂くと便利ですよ。

「ブックカバー」は文庫本が丁度入るサイズで、折り返し部分がしおりとして使えます。
張りがある布素材を使用しているので、たるんだりヨレたりせず、本にしっかりとフィットするのがポイントです。
さらっとした手触りも、使っていて心地良いですよ。

Kalis以外に女性向けに作られた商品はあるのですか?


『コフレ・ア・モ』
クラシカルなコスメをモチーフにしたメッセージカードで、『コフレ・ア・モ』というシリーズがあります。
パッケージ買いをしたくなるような、可愛らしい箱入りのメッセージ色紙で、中のカードは香水瓶やマニキュアボトルの形をしている、女性らしい遊び心が詰まった商品です。
『コフレ・ア・モ』はフランス語で「言葉の小箱」という意味を持っていて、「プレゼントを贈るように、大切な人へ伝えたい言葉を小箱に詰めて贈る」をコンセプトに企画しました。
メッセージカードを箱に入れて相手に渡すことができるので、開けた時にちょっとしたサプライズ感もあり、ギフト感覚でお使い頂けます。
従来の色紙のように、卒業や退職などのお別れのシーンではもちろんですが、お友達の結婚祝いやお誕生日祝いなど、 ちょっとかしこまった特別なシーンにもおすすめです。

『Raffine』(ラフィネ)
また、大人の女性向けの祝儀ブランドとして、『Raffine』(ラフィネ)というシリーズがあります。
水引のかわりにリボンやタッセルを使用したり、エンボスや箔押し加工を施した洋紙を使用したりと、通常の新金封よりも洋風でスタイリッシュなデザインが特徴です。
最近は結婚式や二次会にパーティードレスで出席することが多いですよね。
そんな装いに合わせやすいように企画した商品です。

新金封以外にも、出産をはじめとしたお祝いのシーンでお使い頂ける祝儀袋や、ぽち袋もあります。
いずれも派手すぎないクラシカルなデザインですので、大人と大人のお付き合いに品良く華やかさを添えてくれるシリーズです。

どちらも大人の女性が惹かれるかわいさですね…。
さて、次回はドットを活用して機能とデザインを追求するブランド「on the dot」シリーズについてお伺いします。

>>オピ研 バックナンバー
感想や、マルアイに関すること、金封や文具についてなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
チョコさん  30代女性  2013/09/18 16:05:28
この記事を読んで、気になって家にある金封を見てみたら「マルアイ」と書いてありました。
知らない内に使っていたんですね。

べりーさん  20代女性  2013/09/13 18:04:33
こころふせん、いいですねー!!

朝顔さん  50代女性  2013/09/13 11:03:55
先日姪の結婚式で祝儀袋の売り場を見に行ったときに華やかなものがたくさんあって驚きました。
最近の祝儀袋は色々あるのですね。
選ぶ方も楽しいです。

ポチさん  30代女性  2013/09/10 14:08:06
金封って一言でいっても、いろいろ考えられて作られているんですね!!

あいりんさん  20代女性  2013/09/10 11:22:52
ディズニーのご祝儀袋…雑貨屋で見てカワイイなあと思っていました!

かえでさん  20代女性  2013/09/10 10:57:00
多彩な金封がマルアイさん発祥ということを知らなかったので、勉強になりました。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved