みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、オピネットで話題になった商品
などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>バックナンバー

vol.141:リベルタ(3)〜ネット活用と海外展開2012.06.01

      前回第8回からコンテストもFaceBookやTwitterでエントリーできるようになったと伺いましたが、
      ネット上でのツールも活発に使われている印象です。

 
海野

最初にブログを始めたのですが、その頃、企業の公式ブログといえば情報発信がメインで、ユーザーさんとのコミュニケーションを積極的に取っているブログはまだそんなに多くありませんでした。
ベビーフットのブログは立ち上げのときからユーザーさんとのコミュニケーションを取りたいというのが最大の目的だったので、ユーザーさんの多いアメーバブログで立ち上げることにしたんです。

なので当初から、いただいたコメントには必ずお返事していますし、積極的にユーザーさんのブログにお邪魔してコメントを残したり、口コミ書いて下さってる方にお願いしてリンクさせていただいたりとコミュニケーションを取りながら更新してきています。私たちスタッフにとってはブログの更新が仕事の合間の息抜きだったりもするので、情報配信だけではなく、会社の裏側を見ていただいたり、スタッフの気持ちを垣間見ていただいたりと身近に感じていただいているのではないかと思っています。

時々、息を抜きすぎてくだらなすぎる内容を更新してしまったりもしますけど…(笑)

      すごい積極的にコミュニケーションされているのですね!
      Twitterでも同じような感じなのでしょうか。

海野

基本的な姿勢や考え方は変わらないですね。
ただ、Twitterの特性上、ブログよりももっと砕けた感じになっています。

またブログよりも、よりリアルタイムなので、「ベビーフットなう!」と言って下さっているそのタイミングで見ることができれば、「あと何分ですね!」というようにお返事させていただいています。

他にも、「まだ剥けないなー」と言っている方や、すごい剥けてきてびっくりしている方のツイートもリアルタイムに見ることが出来るので、ブログよりもより密なコミュニケーションが取れていると思います。

身近に感じていただきつつ、何かのときに使ってみようかなと思い出してもらえるきっかけになれば嬉しいですね。

 

      開発されている方から直でお返事もらえるって嬉しいですね!

海野

本当ですか?
そういっていただけるとその倍以上嬉しいです!
私たちとしても、できるだけ不安を取り除いて快適に使っていただければと思ってお返事しているので。

 

      もう1点FaceBookも使われていますよね。
      こちらもどう使おうかと苦労されている企業さんも多いとは思うのですが…。

 
海野

最初の頃は、どう使えばいいかわからずかなり迷走しました。
TwitterのノリでTwitterのツイートを流してみたけど何か違うなと思ってやめて、情報だけを淡々と更新していったりという使い方もしてみたのですが、それもなんだかつまらなくて…私が(笑)

最近では、ちょっと崩した感じも入れつつ大事な最新情報は1番早く更新しているのではないかと思います。スタッフの気持ちやコメントも入れて、ただの最新情報より、伝わるものがあればいいなという気持ちで更新していますね。

      それだけ沢山更新するものがあると大変ですよね。

海野

そうですね。
リアルタイムな更新をしたいイベントの時なんかには、片手にiPhone、片手に携帯電話で常に更新しているあやしい人です(笑)
全部更新していくのは大変だと感じるときもありますが、基本的に楽しくやっているので苦労だと思うことはないですね。

 

      ブログやTwitterに登場するキャラクターや似顔絵も可愛いですよね。

海野

キャラクターはズルむけちゃんですね。
足裏の妖精でお年頃の女の子です。

ちょっと眠そうなのが可愛いズルむけちゃんですが、あのキャラクターは元々イラストが得意なスタッフが「描いてみたよ〜」というような感じで生まれました。
足の角質を脱いでいる感じが伝わりやすい感じなのと、「可愛いじゃん!」ということで社内でも大好評で、今では愛されキャラに成長しました。

ブログ担当スタッフの似顔絵もイラストが得意なスタッフが描いています。
ブログ担当以外の女性社員の分もあります。

 
「ズルむけちゃん」

      これからも更新が楽しみですね!
      さて、海外でのベビーフットについてお聞きします。
      海外でも発売されているのですよね。

海野

はい。現在45カ国で発売しています。
ちょっとずつ国に合わせてパッケージや成分など変わっている部分はあるのですが、コンセプトは同じものです。

 

      45カ国!すごいですね。
      どの国で売れ行きがいいとかあるのですか?

「海外のベビーフット」
 
海野

1番売れているのはノルウェーなんです。
特に大きくこちらから売り出したわけではないのですが、発売前に有名な美容の業界紙で紹介してくださったライターさんがいて、それがすごい反響だったようで、発売前から注目してくださる方が多かったようです。

      ノルウェー!ちょっと意外ですね。

海野

それとロシアでも人気があります。
どちらも寒い国なのがちょっと意外なのですが…。

あとは「ズルむけコンテスト」を開催している国もあります。
香港、台湾、シンガポールなどで開催しました。
この夏にはアメリカでも開催予定です。

 

      海外でも大人気なのですね!
      ベビーフットの今後の展開や展望についてお聞かせください。

海野

ユーザーさんからのお声では、足裏以外を求めるものもあります。
ひじや、ひざ、背中とかは気になりますよね。
あと顔というお声もいただいたり…。

足裏のものと同じものというと現実的には難しいと思うのですが、そのぐらい角質除去の方法を求めている方もいるということで、もっともっと手軽に簡単にピーリングができるようになればいいなと思います。

 

      こんなお客さんに使って欲しいというのはありますか?

海野

足裏のガサガサが恥ずかしくて、素足になれない人に是非使ってみて欲しいですね。
私もベビーフットに出会う前、どう保湿してもかかとが白くなっちゃって、ミュールやサンダルを履くのを避けていた時期がありました。フットケアサロンとかマッサージとかも恥ずかしくて行けないと思ってしまうんですよね。
でも、それは勿体無いので、そういう方に是非、勇気を出して1回使ってみて欲しいなと思います。

最近では男性のユーザーさんも増えてきているので、男性で悩んでいる方にも是非使っていただきたいですね。

 

      気にせず、足元のオシャレを楽しめるようになれると嬉しいですよね!
      ベビーフットについて色々お伺いできてとても楽しかったです。
      次回はベビーフット以外の商品について、ご紹介します。



▲応募は締め切りました!沢山のご応募ありがとうございました!▲



ベビーフット

株式会社リベルタ



vol.141:リベルタ(3)

リベルタ(1)〜赤ちゃんのような足に…“ベビーフット”

リベルタ(2)〜足裏ズルむけコンテスト

リベルタ(3)〜ネット活用と海外展開

リベルタ(4)〜ベビーフット以外の商品

>>オピ研 バックナンバー


●「オピ研」感想や、「リベルタ」へのメッセージ、足裏角質ケアに関することなど、お気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
のんのんさん  50代女性  2012/06/22 0:19:23
夏場は素足の出番です。是非私もつるんとしたかかとになりたいです。効果があるとうれしいです

Mermaidさん  40代女性  2012/06/21 20:25:48
是非、カサカサザラザラ足裏踵に試してみたいです

あーちゃんさん  40代女性  2012/06/19 23:13:39
是非とも自分で体験してみたいです。

おばはんさん  10代女性  2012/06/19 14:29:04
このような商品があることを知りませんでした。
私は長い間かかとのカサカサに悩まされていましたが最近は夜寝る前に必ずハンドクリームを足裏全体に塗るようにしています。それからはかなり改善されました。

toratyanさん  50代男性  2012/06/19 12:26:19
履くだけでいいから便利

あっはさん  60代女性  2012/06/19 9:24:55
ベビーフットの名前がかわいい

上沼恵美子さん  30代女性  2012/06/19 9:00:15
むけきるまでは結構な苦痛かもしれませんが、こんなにきれいにとれたら大満足ですね。試してみたいです

オハナさん  50代女性  2012/06/18 23:19:26
簡単そうですね。

一蔵さん  40代女性  2012/06/18 17:59:23
以前から興味があったので、面白く読みました。

りりかさん  20代女性  2012/06/07 17:05:05
ベビーフット、ドラッグストアで見かけて気になってました☆足の裏ガサガサなので使ってみたいです…!


ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved