みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、オピネットで話題になった商品
などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>バックナンバー

vol.140:小林製薬(3)〜“わかりやすさ”を重視した商品作り2012.03.16

 小林製薬さんというと、ユニークなネーミングの商品が多いという印象があります。

「四位一体のマーケティング」
「四位一体のマーケティング」
 
網盛

実は"ネーミング"は当社の"四位一体のマーケティング"手法の中の1つです。
当社では"わかりやすさ"に非常に重点をおいています。

当社の製品は、今まで市場になかったすき間を狙ったものが多く、まず"何をする製品なのか"をお客様にわかりやすくお伝えする必要があります。

そのため、まず"わかりやすいコンセプト"を基盤にして、
わかりやすいネーミング
わかりやすいパッケージ、
わかりやすい広告、
わかりやすい店頭という生活者の方々との接点すべてで"わかりやすさ"を常に重視するようにしています。

"ネーミング"はその中の1つなのです。

 なるほど。
 こういう"わかりやすいコンセプト"での製品作りはいつ頃からされ始めたのですか?

網盛

当社の歴史の中で一番最初の日用品は1969年発売の『ブルーレット』なのですが、この製品の名前も「ブルーの水の流れるトイレット」という由来で、既にわかりやすさをポイントに名付けられています。

他社からの譲り受けなどで、途中から当社製品になったものなどには例外もありますが、基本的にはすべての製品が"わかりやすいコンセプト"に基づいて作られていますね。

 
「ブルーレット」
発売当初の「ブルーレット」

 ネーミングはどなたが決められているのですか?

「ハナノア」
「ハナノア」
 
網盛

基本的には開発担当者がつけますが、会議で皆で話し合って決める場合もあり製品ごとに違います。

コンセプトがそのままネーミングになっているような製品はパッと決まるのですが、中にはなかなか決まらないものもあります。
例えば「ハナノア」という鼻の穴洗浄液があるのですが、それはなかなか名前が決まらなかったようで、"あ"から順番に響きを探したりと大変だったようです。

 このわかりやすいネーミングについては、お客様からの反応はいかがですか。

網盛

「小林製薬というと面白いネーミングの会社」というように皆さんに言っていただくことが多く、とても有難いです。
本社が大阪なので「ギャグを狙っている」と言われることも多いのですが、実は真面目に作っています。
当社としては、真剣にどうしたら名前を聞いただけで何をする製品かわかっていただけるかという、そこだけを考えています。
リズム感があり、覚えやすいということも重視しています。

 

 先ほどの"四位一体のマーケティング"にもありましたが、パッケージもとてもわかりやすいですよね。

網盛

何をしてくれる製品なのかがわかるように載せています。
CMや店頭もわかりやすさを心がけています。

当社のCMはほとんどが15秒CMなのですが、情報量は30秒CMと同じぐらい盛り込んでいます。
「あっ!小林製薬」って流れたあと、製品の名前は3回ぐらい繰り返しますし、大きな文字もドーンと出てきて、目と耳どっちからも情報が入るようになっています。例えば、部分入れ歯用洗浄剤『パーシャルデント』などは大きな文字がどんどんどんどん出てきますね。

小林製薬のCMは沢山流してる印象があるかと思いますが、ブランド数が多いので1つのブランドで見ると決して多くはないのです。
そのため、まず小林製薬のCMだということをわかりやすくするために「あっ!小林製薬」と入れています。

>>小林製薬のCM情報

 

 確かに小林製薬さんのCMってインパクトもありますし、どういう製品なのかもとてもわかりやすいですよね。

「ハナノア」
「店頭のイメージ」
 
網盛

お客様がCMを見て店頭に行っても製品が見つからなければ手にとっていただけないので、同じように店頭でもわかりやすい工夫をしています。
芳香剤であればすぐ香りがわかるサンプルをつけたりとお客様の五感に語りかける販促ツールで、「価値のわかりやすさ」を最大限に発揮できる売り場提案をしています。

 "わかりやすさ"のために本当に色々工夫をされているのですね。
  次回は開発時の取り組みや工夫についてお伺いします!



小林製薬



vol.140:小林製薬(4)

小林製薬(1)〜トイレその後に 香りに変身

小林製薬(2)〜トイレその後に 香りに変身

小林製薬(3)〜“わかりやすさ”を重視した商品作り

小林製薬(4)〜様々な取り組み

小林製薬(5)〜印象的なエピソードとこれからの小林製薬


>>オピ研 バックナンバー


●「オピ研」感想や、「小林製薬」へのメッセージ、芳香消臭剤に関することなど、お気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
和さん  60代女性  2012/12/15 1:13:28
トイレその後にを海外旅行に持って行きたいので、
スプレー缶以外はありませんか。

いちこさん  50代女性  2012/04/07 8:44:28
無香空間などいろいろな商品開発されており、消費者にとってはありがたいことです

アトムさん  60代女性  2012/04/05 19:26:07
いつも快適な生活を追求されていること ありがとうございます。オババも納得して買います。

atsusi001さん  40代男性  2012/04/05 18:55:46
ナノケアは気持ちよく使いやすくすっきりするのが気持ちよい

atsusi001さん  40代男性  2012/04/05 18:44:42
しっかり瞬間的に効果がありとてもよい

kakuさん  30代女性  2012/03/21 23:19:09
芳香消臭剤使ってますが、換気扇してるからか、香りがすぐ無くなるので、何処に設置した方が良いのか、教えて欲しい。

cloverさん  30代女性  2012/03/14 9:57:01
もともと、臭いに敏感で、臭いを臭いで消すのが余計に嫌でした。
でも、トランスオーダー技術、すごい!
悪臭があって、完成させる・・なるほど〜って思いました。


servusさん  60代男性  2012/03/09 17:30:12
「トイレそのあとに」は気になる商品です。どこのメーカーも匂いだけで、「あっ!これはトイレの芳香剤だ」と分かる商品が多いです。

ひとりんさん  30代女性  2012/03/05 17:18:50
瞬間的に臭いが消えとっても安心して次の人に入ってもらえます

郁ちゃんさん  40代女性  2012/03/03 22:27:05
今までトイレの後によく続いて入られて臭いが残っているため抵抗がありましたが、今は安心しています。


ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved