みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、オピネットで話題になった商品
などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>バックナンバー

vol.135:カメラのキタムラ(1)〜本のようなフォトブック『フォト本』2011.11.11

柔らかい質感に、帯もついてまるで文庫本のような写真集がつくれる
フォトブックサービス『フォト本』。
柏木きなこさんもオピ日記で紹介してくれた『フォト本』
また従来のフォトブックサービスや、写真プリントについて
「カメラのキタムラ」さんにお話を伺ってきました!

▼今回お話を聞かせていただいたのは
   
株式会社キタムラ
   イメージングサービス統括部長 福本さん(右)
   ネットイメージング部部長 坂井田さん(左)です。

 私も、フォト本を作成させていただいたのですが、この自然な質感がとてもいいですね。

福本

「カメラのキタムラ」では2007年から、写真を写真集風に製本する『フォトブック』サービスを展開してきていますが、今までの『フォトブック』はどちらかというと"写真"としての光沢感や品質に力を入れてきていました。

今回の『フォト本』はより自然で柔らかい質感を目指したものを作りました。できあがりを見た方の感想としては非常に反応が良いということを聞いています。

特にA5サイズが人気で、7割以上はA5サイズでのご注文です。
文庫サイズは値段がお手頃なので、上手に使い分けていただければと思っています。

 
『フォト本』
本のようなフォトブック『フォト本』

 レイアウトもとても豊富ですよね。
 コマ割やコメント量のタイプが沢山あって、私はコメントを考えるのが苦手なので、
 コメント無しでも見栄えのするレイアウトがあるのが有難かったです。

フォト本のサイト。体験レポートも…。
フォト本のサイト。 体験レポートも…。
 
福本

今までは専用ソフトを使用して注文していただいていたんですが、今回はWEB上でレイアウトや写真を選んで編集できるようになりました。画面の配置などはまだ一部わかりにくく感じるなど課題もありますが、以前のソフトと比べると操作性ですとか、編集する楽しさという面では前進したと思っています。

今までは、どちらかというと一言コメントのみというものが多かったのですが、今回は沢山文章入るレイアウトもありますし、写真だけ並べていけるレイアウトもあるので、比較的自分流にこだわって作れると思います。
写真を選ぶのも、コメントを考えるのも結構時間がかかると思いますが、作る過程を楽しんでいただいているという声はよく聞きますね。
   
本当にこだわろうと思ったらもっとレイアウトのパターンも増やして…となるのですが、あまり多くなりすぎて、迷わせてしまう要素が増えすぎてしまうのも、使いにくいので難しいところです。

同じようにフォントの字体も増やそうかという話もしているのですが、やっぱり多すぎるとどれを選んでいいかとなりますよね。
丁度良いのは何種類ぐらいかと考えながら検討中です。

 帯に使用されている紙も雰囲気があって良いですね。

福本

最初に"本らしい"というテーマが出たときから、できる限り、本を真似しようというのを前提に考えてきました。

帯に使う紙も、表紙・裏表紙の内側に挿入する紙も沢山の候補の中から選定しました。その他にも、一番最後のページに年月日や作者の名前を入れたり、ページ数をふるようにしたりと、本のイメージに近づけています。

 
一番最初のページと一番最後のページ。
一番最初のページと一番最後のページ。
文庫本のように紙が一枚挟まっていたり、
作者名や年月日が入っている。

 "本らしい"というテーマでフォトブックを作ろうと思ったきっかけはどのようなことだったのでしょうか。

フォト本の編集中
フォト本の編集中
 
福本

これまで沢山の種類のフォトブックを出してきましたが、デザインやバリエーションが増えすぎてきてしまっていまして商品の整理を進めています。
元々あったものの一部を終了したりですとか、カラーを人気のものに絞ったりですとか、フォトブック全体の整理もしながら、新しいものをということではじまりました。

その中で、他社さんのフォトブックや、注文できるフォトブックサイトを見て、評判のいいものはどういうものなんだろうと、弊社と違う部分を研究していきました。

 坂井田

そうして、今「カメラのキタムラ」のフォトブックに足りないものは何なのかと考えていった結果『自然な感じ』とか、 『柔らかい感じ』なのではないかという話になったのですね。

ずっと"写真"にこだわってやってきたので、それまでのものは『硬い感じ』という印象がありましたが、 『自然な感じ』や『柔らかい感じ』を求めてる人もいるだろうということで本のようなフォトブックを作ってみてはどうかとなったわけです。

 そこからのお話合いも、社内でされたのですか?

福本

そうですね。
まず、社内でどういったものを作ろうかと話合いました。
女性社員も含めて、ミーティングやディスカッションをして、「こうすると本みたいに見える」「こうしたらかっこいいんじゃないか?」 というようなアイディアを沢山出していきました。
   
そういった中に、開発ベンダーさんやデザイナーさんにも入って貰っていって、更にアイディアを絞り込んでいき、技術的なものとも擦り合わせていくというところで数ヶ月はかかりましたね。

 
レイアウトパターンも多彩
レイアウトパターンも多彩

 メールやSNSで写真やコメントを共有して作成することもできる機能というのも面白いですね。

お友達へのリクエスト画面
お友達へのリクエスト画面
 
福本

はい。
メールやSNS(Twitter、Facebook、mixi)を利用して、お友達に案内を送れる機能がついています。案内をもらった関係者はそこにあるリンク先からアクセスをして画像やコメントを送ることができます。

こちらに関しては、まだ反響やご感想は多くはないのですが、今はTwitterやFacebookなどをご利用の方も増えていますので、そういった時代に合ったものなのではないかと思っています。

 坂井田

このシステムは、年明けぐらいから使っていただく機会が増えるのではないかと考えています。異動や卒業などの人の動きのある季節なので、寄せ書きの代わりなどに是非活用していただければと。
まだ、初期段階ではあるのでお客様のご要望を伺いながら、画面も含め、より使いやすいようにしていきたいですね。



カメラのキタムラ

フォト本



vol.135:カメラのキタムラ(2)〜フォトブックが登場してから…

カメラのキタムラ(1)〜本のようなフォトブック『フォト本』

カメラのキタムラ(2)〜フォトブックが登場してから…

カメラのキタムラ(3)〜フィルムからデジタルへ…

カメラのキタムラ(4)〜年賀状とこれからの写真の楽しみ方

カメラのキタムラ(5)〜川口ラボに見学に行ってきました!


>>オピ研 バックナンバー


●「オピ研」感想や、「カメラのキタムラ」へのメッセージ、フォト本、フォトブックに関することなど、お気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
あぺさん  20代男性  2012/01/12 20:26:06
自分も利用したことあります。
今度はカレンダー作ってみたいと思います。

わいさん  50代男性  2011/12/10 8:57:02
家族の描いている油絵をカレンダーとシンプルタイプ100でフォトブックを作成。絵の良し悪しはともかく、本人は喜びそう。絵によって季節感を考えてカレンダーをつくるのも楽しい。この時期カレンダーはお勧め。

りりさん  20代女性  2011/12/02 13:31:11
デザイナーズ年賀状可愛い〜!
作ってみたいけど使えそうな写真はあるかな?

ゆまさん  30代女性  2011/11/18 14:46:17
携帯ストラップサイズかわいいですね。

にあさん  20代女性  2011/11/17 11:36:26
最近のフォトブックはお洒落ですよね〜!
旅行の本をシリーズで作って本棚に並べて置きたいです♪


ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved