みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.119:ダッドウェイ(1)

女性の社会進出と共に、「夫婦揃って育児しよう!という風潮になってはいるものの、
まだまだ女性の負担が大きく、お父さんの育児参加は少ないのが実情。
「夫にももっと育児に関わって欲しいのに…」と思っているお母さんも多いことと思います。
今回オピ研で訪れた「ダッドウェイ」さんは、お父さんの子育てをおもしろ楽しくしたい!をコンセプトに、育児商品を数多く発売しているベビー、ペットグッズ専門店。
"お父さんに人気の子育てグッズ"とは一体どんなものなのか、
近年で、子育ての意識はどう変わってきたのか?
お話を聞いて参りました。
▽今回お話を聞かせてくれたのは、こちらの方です。
経営企画室 広報チーム 石川さん 

ダッドウェイさんは一体どんなことをなさっているのですか?

ベビー用品やペット用品の企画・輸入・販売を行っています。
なかでも、「お父さんの子育てをもっとおもしろ楽しくしたい!」というコンセプトで、お父さんも育児が楽しくできるグッズなども多く取り扱っているのが「ダッドウェイ」の特色です。
百貨店やベビーグッズ専門店への販売の他、直営店やオンラインショップでの販売も行っています。

なぜ「お父さんの子育て」をコンセプトにしようと考えたのでしょうか?

創業当時の新聞報道の様子
創業当時の新聞報道の様子
このコンセプトは、ダッドウェイの創業当時からのものです。社名にも「ダッド=父親」と入っており、「父親のやり方」「父親の道」という意味が込められています。ダッドウエイが創業したのは1992年。当時は現在よりもはるかに「父親の子育て」という意識が低い時代でした。
「ダッドウェイ」創業のきっかけになったのは、社長自身の子育て体験です。
もともとアウトドア好きの社長夫妻は、お子さんが生まれてさっそくオートキャンプなどアウトドアに出かけたりしていたのですが、当時の環境では、小さな赤ちゃんを連れたアウトドアはかなり大変。

しかも、当時の子育てアイテムはパステルカラーやキャラクターものなど、いかにもかわいらしいデザインばかりで、男性である社長には好みのものがありませんでした。
そういった中で、社長夫妻は既製品を改良したり自分達で作ったりするようになり、その自分達のための工夫が、「ダッドウェイ」の基礎となって、「お父さんの子育てをもっとおもしろ楽しくしたい!」というコンセプトになったのだと聞いています。

なるほど。実際の体験がきっかけになったんですね。

はい。他にも、欧米の方では父親の育児参加の流れが起こったり、関連商品が増えてきていたというのもあります。
そういった、父親のための育児グッズを販売することで日本でも父親が楽しく育児をする文化を紹介していきたいという思いから、
自分達で作った育児グッズの販売を始め、海外の育児グッズの輸入販売へと広げていったのだそうです。

先ほど申し上げたとおり、当時は今より遙かに「父親の子育て」という意識は低かったので、大変な話題になったそうです。

お父さん向けの子育てグッズというと…例えばどんなものがあるのでしょうか?

男前バギーとして男性に人気のベビーカー「マイクラライト スーパーバギー」
男前バギーとして男性に人気のベビーカー「マイクラライト スーパーバギー」
男性でも使いやすい、シックなデザインのものや、男性の興味を引くユニークな機能性のアイテムなどを扱っています。
女性はパステルカラーなど明るい色やデザインのものに惹かれる場合が多いですが、男性は仕組みや機能性などに興味を持たれる場合が多いです。

具体的にはどんな商品が人気ですか?

ERGObaby
ERGObaby
一番人気なのは、「ERGObaby エルゴベビー・ベビーキャリア」というハワイ生まれのベビーキャリアです。この商品は男性・女性共に大人気で、ベビー雑誌などでも数々の賞を受賞しています。最近も2010キッズデザイン賞を受賞しました。
この商品は、赤ちゃんを楽に・快適にだっこできるというもので、最初はお母さんたちのコミュニティや口コミで人気が出て広がったのですが、徐々に男性にも好評いただくようになりました。
幅広いウエストベルトが、楽にだっこできる秘密の1つ
幅広いウエストベルトが、楽にだっこできる秘密の1つ
この商品には、赤ちゃんが自然なお座りをする立体縫製・腰をバランスよくささえるウエストベルト、肩の負担を軽減するたっぷりと綿の入った肩紐など、赤ちゃんを快適にだっこできるようにするための工夫が各所に施されています。
男性は機能性の高さをきっかけに興味を持ってくださることが多いので、男性の方にも選ばれる様子を見ていると、私たちのコンセプトがしっかりと、受け止められているようでうれしくなりますね。
ちなみに、この商品は本当に人気が高くて、ウソみたいな話なのですが、先日道を歩いていたら、50m程の間に、前から歩いてきたお子様をだっこされていた方が立て続けに3人ともRGObabyをお使いだった、なんてこともあったんですよ。
>>オピ研 バックナンバー
「オピ研」感想や、「ドール」へのメッセージ、「バナナの自動販売機」、
バナナ他フルーツに関することなど、お気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved