オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.117:本田技研工業「ピアンタ」(3)2010.06.11
「ピアンタ」を開発する上で、一番苦労した点は何ですか?
安全性を第一に工夫されている
安全性を第一に工夫されている
 
安井

やはりカセットガスを使ったエンジンの開発ですね。

以前のガソリン式に比べ、カセットガスエンジンには、手入れや補給の簡単さ、手が汚れない、メンテナンスが楽、燃料が場所をとらないなど、様々な利点があるのですが、ガスならではの難しさもあり、エンジンの開発には苦労したと聞いています。

ガスならではの難しさとは?
安井

一番は安全性です。
カセットコンロの燃料としてカセットガスを使う場合、使用される場所は室内とほぼ決まっていますが、
耕うん機のエンジンとして使用する場合、土埃にまみれたり、雨が降っている可能性もあります。
そういった場面でも安全に使えるよう、万が一のガス漏れや圧力がかかった際には、
強制的にガスをシャットアウトするようにしました。

このカセットガスエンジンは、「ピアンタ」のために開発したものなのですか?
安井

はい。
耕うん機の新しいエンジンとして、本田技研工業が開発したものです。

しかし、このエンジンは耕うん機だけでなく、他にも様々なものに使えるのではないかということで、同じエンジンを使った商品の第二弾として、先日、屋外用の発電機を発表いたしました。
「エネポ」という商品です。

 

 
屋外用の発電機「エネポ」
屋外用の発電機「エネポ」
ガスボンベで発電も出来るのですか!
アウトドアなど、様々なシーンで活躍
アウトドアなど、様々なシーンで活躍
 
安井

はい。

発電機も、今までのものは耕うん機と同じくガソリン式だったため、中身のガソリンの劣化が心配・燃料が場所をとるなどの問題がありました。
しかし、エネポならばそういった問題がなく、燃料の保管・購入も楽ですし、保管やメンテナンスも楽ちんです。

災害時やアウトドア、日曜大工時の際など、様々なシーンで活躍してくれます。

カセットガスのエンジンは、これからもさらに発展していくのでしょうか?
安井

そうですね。
まだまだこれからですが、さらに様々な商品に応用していきたいと思っています。






vol.117 本田技研工業「ピアンタ」(4)
 

オピ研 本田技研工業「ピアンタ」BBS

●「オピ研」感想や、本田技研工業へのメッセージ、ピアンタ、ミニ耕うん機、
家庭菜園に関することなど、お気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
jazisさん  50代男性  2010/06/04 21:48:11
奇想天外な発想に脱帽です。良くぞ思いついたナ〜!

近未来さん  50代男性  2010/06/04 13:47:44
自給自足を 考ええる時期に さしかかって いるので これだけ 手軽な 商品を もう少し 安価なところで 購入したいです

なすさん  40代男性  2010/06/02 22:21:15
家庭菜園といっても、クワで土を起こすことは必要ですし、女性には大変な仕事ですよ。男でも腰が痛くなることもあります。お手軽な価格ならちょっとした家庭菜園にも欲しいですね。

モモさん  30代女性  2010/06/01 13:12:51
オーガニックさんのところはわかりませんが、うちは家庭菜園なので本格的ではないのですが、使ってみたところミニといっても耕運機は女性には重くて大変ですよね。この商品は女性にも使いやすいのでしょうか。

オーガニックさん  40代女性  2010/06/01 12:02:24
うちのミニ耕運機はオイルなので、安全性をみこしてオイルがなくなるまでふかして収納するということをしています。ガスポンベなら手軽ですごくいいですね。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved