みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

>vol.109:永谷園生姜部(1)〜生姜ブームのきっかけとは?! 2009.10.29

今、生姜が密かなブームになっていることを、あなたはご存知ですか?
この生姜ブームの火付け役となったのは、お茶漬けやふりかけなどで有名な食品メーカーの永谷園さん。
生姜を使った商品を次々に発表、ユーザーと一緒に生姜について勉強する「生姜部」を発足するなど生姜に力を注いでいます。
生姜に目覚めるきっかけは何だったのでしょうか?お話を聞いてきました。

▼今回お話をお聞かせくれたのはこちらの方です
永谷園 広報室・生姜部員 山田さん
生姜を使った商品を次々に発売、「生姜部」の活動を開始するなど、
永谷園さんは近年生姜に力を入れていますが、きっかけは何だったのでしょうか?
「冷え知らず」さんの生姜とん汁
「冷え知らず」さんの生姜とん汁
私たちが生姜に目覚めるきっかけになったのは、2007年の「冷え知らず」さんの生姜シリーズの発売です。
「冷え知らず」さんの生姜シリーズは、夏の冷房や冬の寒さで冷えた体をポカポカ温めるというのがコンセプトのシリーズで、生姜をふんだんに使用しているのが特徴です。
この商品へのお客様からの反響が大きく、「生姜ってすごいんだ」「生姜って必要とされているんだな」と感じたんです。以来、生姜を使った商品開発や「生姜部」の活動に力を入れています。
「冷え知らず」さんの生姜シリーズにはどのようなラインナップがあるのですか?
「冷え知らず」さんの生姜担々春雨スープ こちらはスーパーなどで販売のカートンタイプ
「冷え知らず」さんの生姜担々スープ
こちらはスーパーなどで販売のカートンタイプ
メインのコンビニ向けカップスープは季節ごとにメニューを変更していて、今年の秋のラインナップはとん汁、けんちん汁風、ミネストローネ、サムゲタン、ココナッツカレースープの5種類です。この他にも、今まで発売した人気メニューは永谷園のサイトで通信販売しています。
スーパー専用のカップスープ・カートンタイプのスープも発売しています。
ドリンクは「生姜チャイ」と「生姜レモンティー」の2種類です。
おかげさまで好評で、近々「生姜ココア」も発売します。
「冷え知らず」さんの生姜シリーズは、永谷園の他の商品と、
パッケージの雰囲気が異なっているように見えますね。
パッケージには、季節のファッションをモチーフにしたかわいいキャラクターのイラストが描かれている
パッケージには、季節のファッションをモチーフにしたかわいいキャラクターのイラストが描かれている
永谷園の商品はファミリー向けが主流なのですが、このシリーズは、働く女性を主な対象に発売しています。ですので、パッケージもキャラクターのイラストを使ってかわいらしく仕上げています。
おかげさまで好評で、パッケージのかわいさに惹かれて購入する方や、ずっと永谷園の商品だと気づかないまま買い続けて、ある日突然、パッケージに描かれたマークに気づく…という方も多いようです。
今までと違う、女性向けの商品を開発することになったきっかけは?
「冷え知らず」さんの生姜シリーズを開発したのは、女性の開発者です。
彼女には「自分たち(女性)のための、美容と健康をサポートする商品を作りたい!」という想いが
昔からずっとあったのだそうです。
なぜ、女性向けの商品で、「体を温める」というコンセプトになったのですか?
この秋の新メニュー、生姜ミネストローネ
この秋の新メニュー、生姜ミネストローネ
どんな商品にしようかとコンセプトを練っている最中に、彼女が冷えで体調を崩してしまったんです。
夏場のクーラーや冬の寒さで、冷えに悩む女性は多いですよね。
でも、実際に市場を見渡してみると「冷え」に対応するような商品って以外とないんです。お茶や生姜湯で自主的に対策しているという方がほとんどだと思います。
彼女はこの体験から「冷えに悩む女性のための、体を温める商品はどうだろう」と考え、「冷え知らず」さんのの開発へとつながっていきました。 今は通年で販売していますが、当初は、職場のクーラー冷えに悩む女性のために、夏限定で発売していました。
たしかに、私も冷えに悩んだことがあります。
やはり、女性には多いですよね。
ただ、夏場=冷たいもの、カップスープ=冬のものというイメージが根強く、また、男性だと冷えの悩みを実感したことがある人が少ないので、すぐに賛同が得られたわけではありませんでした。
しかし、実際に女性達に向けて「体の悩み」を調査してみたところ、なんと、肩こり、肌荒れに次いで「冷え」が3位にランクインしたんです。ダイエットや便秘よりも順位が上という驚きの結果にこれはイケるということで、商品の開発が決定しました。
なぜ「生姜」を選んだのでしょうか?
最初に発売した「生姜とん汁」「生姜みそ汁」「生姜担々」の3品
最初に発売した「生姜とん汁」「生姜みそ汁」「生姜担々スープ」「生姜コンソメスープ」の4品
彼女が体を温めるために飲んでいた生姜湯がヒントになりました。
他に、根菜や香味野菜など、様々な素材をブレンドするという案もあったのですが、昔から寒いときや風邪の予防に使われており、"体が温まる"というイメージがすでに浸透していることから、最終的には生姜一本に絞りました。
最初に発売したのは「生姜とん汁」「生姜みそ汁」「生姜担々スープ」「生姜コンソメスープ」の4種類です。
開発ではどんなところに苦労しましたか?
「冷え知らず」さんの生姜シリーズの開発は私たちにとって本当に初めてのことが多く、それまでの常識との違いに苦労しました。
そもそも、対象を女性に絞って作るというのが初めてですし、パッケージにこういったキャラクターのイラストをデザインするのも初めてです。また、「働いている女の人って、スーパーでスープを買わないよね」ということで、コンビニでの展開を決めたのですが、カップスープの棚は非常に競争率が激しくて、置かせてもらうのも大変でした。
はじめは端っこにそっと置かせてもらっていたのが、少しずつ少しずつ置かせていただける店舗・種類が増えていって…ありがたいことです。
発売後の反響はいかがですか?
アンケートハガキに「こんな商品を待ってました」「ありがとうございます!」と、お客様からの感謝のお声を沢山いただいたんです。
商品の感想や意見要望が書かれていることは多いですが、こういったお礼の言葉を大勢の方からいただくのは、本当に珍しいことなんですよ。 その反響の大きさから「そうか、生姜って意外と必要とされている食材なんだ」と実感し生姜部への活動へと繋がっていきました。
>>オピ研 バックナンバー
「オピ研」感想や、「永谷園」「永谷園生姜部」へのメッセージ、生姜に関することなど、お気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
KOBAさん  20代女性  2009/11/13 18:22:08
いいですね!収穫祭!楽しそう。

でるさん  30代女性  2009/11/06 17:52:33
冷え対策に生姜を取り入れたいんですがなかなか味も特徴あるし、方法を模索中です。
生姜部、入部したいです(笑

マツコさん  20代男性  2009/11/05 12:41:49
生姜好きです。
生姜部さんのおかげで生姜の認知が向上してるようで嬉しいです。

ものものさん  40代女性  2009/11/05 8:50:28
これからの寒い時期には生姜が良いんですよねぇ。我が家では風邪のひきはじめは、大人も子供も生姜ですよ!

ウィッスさん  20代女性  2009/11/04 17:13:36
生姜の商品は目に付きます!最近増えてきてうれしい!

こしひかりさん  20代女性  2009/10/29 22:00:39
生姜大好きです!みんなが飲んでいたので試しに買ってみたらとってもはまりました!!!カップスープを買うならコレです!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved