オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.81:紀文(4)〜年神様をおせちでお迎え 2007.12.12
オピバイヤー「静岡発 黒はんぺん」
―――練り製品やおでんの話を中心にうかがってきましたが、
    他にも色々な商品を出されていますよね。
萩原

はい。
私たちは練り製品メーカーというイメージが強いのですが、お惣菜などもかなり力を入れています。
中華惣菜、和惣菜など全国で展開している商品を数えると、全部で500品くらいになります。

 
「玉子とうふ」シリーズ
「胡麻とうふ」
―――500品とはすごいですね。練り製品以外ではどのような商品があるのですか?
「うなぎや」シリーズ
「うなぎや」
 
萩原

皆様がよく目にされるのは、ロングセラー商品の「胡麻とうふ」「うなぎや」あたりでしょうか。
「うなぎや」のように、もともと外食で接する機会の多かった料理を家庭のメニューとして定着させたものや、「餃子」のように、ご家庭での調理時間を短縮し寄り簡便に召し上がれるように商品化したものがあります。

あと、おせちにも力を入れています。お正月前の短い期間限定での販売ではありますが、毎年様々な商品を発売してお正月を盛り上げています。かまぼこ・伊達巻といった定番の品はもちろん、オードブルや佃煮など、単品商品では、煮しめ以外はほとんど全てのおせち料理を作っていると思います。(もちろん、お重詰め商品には煮しめも入っています)それぞれのバリエーションも豊富で、かまぼこだけでも30種類を超える品目を発売しています。

萩原
また、店頭で販売しているおせちのほか、直販店やWEBショップで高級おせちも限定発売しています。
今年のWEB限定おせちは、フラワーアーティスト、川崎景太さんとのコラボレーションで生まれた「花正月」です。一重目が目で見て楽しむフラワーアレンジメントのお重、二重目が食べて楽しむおせちになっています。二百箱の予約限定での販売です。
他にはハローキティのお重なども発売していて、こちらもファンの方に大変人気です。
 
目も舌も満足な「花正月」
目も舌も満足な「花正月」
―――すごいですね。本当に華やかで、目で見ても楽しめるという。
「はろうきてぃのお重詰めセット」
「はろうきてぃのお重詰めセット」
 
萩原

川崎景太さんには、他にも様々な協力をしていただいており、「祝いの花とおせち」をテーマに、おせちの華やかな盛り付けを考案していただき、WEBサイトで紹介しています。
椿の葉を重ねて箸置きにする箸置き「ツバキ」や、竹を切ってその中に料理を盛りつける「竹のお重」など。少しの手間と工夫でできることなのですが、ぐんと華やかになるんですよね。
実際の作り方は、紀文が店頭で配布している小冊子や、お正月特設サイトでご紹介しています。
また、冊子やサイトではこの他にも、おせちの正しい作り方、盛り付け方を紹介したり、おせちの由来について解説したりしています。大切なお正月文化を伝え、盛り上げていこうということで様々な働きかけを行っています。サイトのほうではテーマソングがDLできたりもしますよ。

―――テーマソングですか!すごいですね。
萩原
はい。ポップス調のものとラップ調のものの二曲です。どちらも楽しい歌なのでぜひ聞いてみて欲しいです。 (紀文のお正月ソングのページへ>>

また、毎年行っている「我が家のお重詰めキャンペーン」、今年も行います。お正月に食べたお重の写真を撮影して送っていただき、入賞すると塗り物のお重や漆器が、そして応募していただいた方全員にクオカードがプレゼントされます。ぜひご応募ください。(「我が家のお重詰めキャンペーン」ページへ>>

―――各家庭によって、お重の中身も変わってくるものですか?
萩原

はい。
地域によって風習が違ったり、家族構成や世代によって内容が違ったりと、すごく面白いですよ。
例えばお子さんのいる家庭ではボリュームのある料理が増えますし、逆にお年を召したご夫婦ですと、オーソドックスなお重が多いです。
毎年大体300〜500名と、多くの方にご参加いただいているのですが、中には毎年連続で送ってきてくださる方もいて、年を追って見ると、おせちの様子から家族の変遷がぼんやりとわかったりもします。去年までなかった小さなお箸とお膳が添えられていて「あぁ!子供が生まれたんだな!」とか。

 
2007年の応募写真
「我が家のお重詰めキャンペーン」応募例
―――「お正月」という行事を非常に大切にしているんですね。
萩原
はい。
紀文では毎年おせちに関する調査を行っているのですが、それによるとなんと、調査した世帯の96%もがおせちを食べているんです。時代の変遷で様々な風習が少しずつ薄れてきている中で、結構驚きですよね。最近は核家族が増えてることもあり、上の世代から下の世代へ、文化の継承がされにくくなってきているのですが、お正月というのはそれだけ大切にされているものなんだな…と感じます。
一年のはじまりを祝う、その心と伝統を受け継ぐお手伝いを、私たちがお手伝いできたらな…そんな風に思っています。



>


vol.82 バンダイ(1)
 

オピ研「紀文」BBS

●「オピ研」感想や、紀文へのメッセージ、ねりもの・おでんに関することなど、何でも気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
かりんとうさん  30代女性  2007/12/15 22:10:52
ふわふわの魚河岸あげが大好きです。おでんには必ず入れています。

田畑浩子さん  60代女性  2007/12/15 17:53:48
餅入り油揚げ、おでんに入れるとすぐになくなってしまいます。ろこ

ぽたさん  20代女性  2007/12/13 22:20:03
味のしみた、大根!

ばばままさん  40代女性  2007/12/13 21:21:47
おでん風のちくわが好きです。

でるさん  30代女性  2007/12/12 10:37:16
チーズ入りのはんぺんが好きです♪
ちょっと表面を焼くだけで香ばしくなるのですよね。

カンカンピさん  40代女性  2007/12/11 19:17:59
つい具沢山になるのですが、それも美味しさの素になっていたのですね。 すぐにでもおでんが食べたくなりました。 明日はおでんかな。

ねねさん  20代女性  2007/12/11 14:41:54
牛筋が好きです。
でもうちのおでんにはあまり入っていないんです…

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved