オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.77:ぺんてる(4)〜ワクワクドキドキを届けたい 2007.08.15
オピモニ「エルゴノミックス」
オピモニ「エルゴノミックス ウインググリップ」
オピモニ「フレックスフィットGT」
オピバイヤー「ノック式油性マーカー NX5」
―――今と昔の文房具作りを比べて、変わった点はありますか?
「ぺんてるくれよん」昭和30年から変わらないデザイン
「ぺんてるくれよん」
昭和30年から変わらないデザイン
 
白井

現代の消費者の方たちは、健康や安全性に非常に関心が高いので、私たちもそれに合わせて商品を作るようになりましたね。
例えばクレヨンなんかは、当然お子様が誤って食べてしまっても大丈夫なように作っていますし、食べてはいけないものだということを覚えさせるために、苦味を感じさせる「苦味剤」を入れてお子様が吐き出すようにしているものもあります。
お子様が壁や床に落書きしてしまっても安心な、水で簡単に落とせるクレヨンなんかも発売していますよ。

あと、成人の方は絵の具といえば「こういう匂い」というイメージがあると思うのですが、最近では匂いのしない絵の具なんていうのもあるんですよ。

白井

というのも、最近の学校は冷暖房完備のところが多く、窓を閉め切ったまま授業をしたりするため。窓を閉め切った状態でクラス全員が一斉に絵の具のふたを開けたら、空気や匂いがすごいことになってしまいますよね。人によっては気分が悪くなってしまうかもしれません。
昭和27年の「ぺんてるえのぐ」の発売から始まり、児童向けの水彩絵の具も様々に形を変えています。チューブは金属からポリチューブに変わり、キャップは回転式からワンタッチ式に変わり。形だけでもずいぶん変化しましたよ。

お客様の声やニーズをしっかりと聞いて、その時代に合わせた使いやすさを提供していけたらなと思っています。

 
日本で初めてエコマークに認定された水彩えのぐ「ポリチューブ入りエフ水彩」
日本で初めてエコマークに認定された水彩絵の具「ポリチューブ入りエフ水彩」
―――お客様から意見が寄せられたりすることは結構あるのですか?
白井
「ぺんてる」のサイトの中に「ぺんてるタウン」というコーナーがあり、ぺんてるの歴史を漫画で紹介したり、メールマガジンを配信したりして、お客様との交流を図っています。
「ぺんてるタウン」には、簡単なアンケートのコンテンツもあります。
―――どのようなアンケートをとっているのですか?
9月に発売する「サプリオ」は、芯の内部に閉じ込めた香りで勉強をサポートする新発想のシャープ芯。
9月に発売する「サプリオ」は、芯の内部に閉じ込めた香りで勉強をサポートする新発想のシャープ芯。
 
白井

時事ネタなど、文房具にこだわらず様々な話題を題材にしています。
文具だけでなく、もっと様々な角度から、ぺんてるのファンになっていただきたいと思いまして。
あとは、文具以外の色々な話題を取り入れて、私たち自身が視野を広げたいという気持ちもあります。

ぺんてるは「ワクワクドキドキする文房具」・・・まだ誰も見たことがない、ビックリするような商品を作ろう、という目標をかかげています。
新しい商品を作るためには、新鮮な意見を吸収する力を持ち続けなくてはいけませんから、頭が凝り固まってしまわないように、文房具以外でもいいところがあったら、どんどん見て聞いて、取り入れるようにしているんです。

白井

長い間文房具業界にいると、ついつい、「業界の常識」といった目線で考えてしまいがちです。しかし、「いやそれは無理だよ」とか「技術的に・・・」とばかり言っていては新しいものは生まれてこない。
毎年新入社員が入ってくるのですが、新入社員はお客様に一番近い立場なので、やっぱり一番参考になるんですね。「業界の常識」にとらわれない新人やお客様の意見は、なによりもアイディアを与えてくれます。

企画も営業も、研究者も、既存の概念にとらわれないように、なるべく外へ出て新しいものを見るように心がけています。

―――そういった思いが、前回お聞きした数々の発明にもつながっているんですね。
白井

そうですね。
ぺんてるは、ポリシーとして「初めてのものを出したい」という気持ちで文房具を作ってきました。
これからも、みなさんに驚きと感動を与えられるような商品を目指して行きたいですね。
「ワクワクドキドキする文房具」期待していてください!

 
色の吸着力を高めた新しいパステル「ぺんてる」は、社名の由来にもなった
色の吸着力を高めた新しいパステル
「ぺんてる」は、社名の由来にもなった。





vol.78

オピ研「ぺんてる」BBS

●「オピ研」感想や、「ぺんてる」へのメッセージ、ぺんてる製品に関することなど、何でも気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
うっちさん  20代男性  2015/02/02 11:08:50
是非再販して欲しい。前もっていたが無くなってしまったので。

りりさん  10代女性  2015/01/28 20:39:09
もう一回売って欲しいです‼︎
お願いします❗️

もりもっこりさん  10代男性  2014/07/17 12:30:03
また復刻販売してー

yuさん  10代女性  2012/06/05 16:49:29
このペンいいね〜〜
買ってみよ〜ん
なんでこんな市場に出回ってないわけ??

ヤンキーさん  10代男性  2009/08/03 17:59:06
早く次の形のが出てほしい このシリーズのぺんの売ってる店は誰も知らず誰にも教えてない あ・・どこで買ったっけ? と言ってるだってみんなに買われたくないじゃんみんな買ったら珍しいペンじゃなくなるじゃん だからこのぺんの売ってる影の薄さがいい クルトガなんて珍しくない

ヤンキーさん  10代男性  2009/08/03 17:51:39
見た目はいいけど書いてる範囲の下の方は書きずらい 正直言って俺は手が疲れるのではなく見た目がいいから買っただけであって   どうゆうのが手が疲れるというのが手が疲れるのか分りません

ん〜さん  20代男性  2009/06/13 17:50:22
使いづらい。

Milesさん  50代男性  2008/05/22 17:58:17
文房具に相当な「こだわり」を持っている私からすると、四点支持の発想が実に素晴しいと思います。現時点ではこれ以上に書き易い筆記具は見当たりません。断定できます。出来ればペンの自重を少し重く(+50g程)するともっと良くなるような気がします。原理は全く同一で、出来れば私達中高年に相応しい、もっと高級感(3,000円〜5,000円クラス)の溢れるものが欲しいです。

I Nさん  10代男性  2007/08/21 20:19:49
このペンは、疲れないのでよいですね!

chichanさん  30代女性  2007/08/18 21:04:31
私も知りませんでした
今度使ってみたいです

おっかさん  50代女性  2007/08/11 13:43:39
初めて知りました。私は筆圧が高いので、このペンだと疲れなくて良いかもと思いました。

はるさん  30代女性  2007/08/02 9:34:34
初めて知りました。是非使ってみたいです!

AREXさん  50代男性  2007/08/01 20:22:29
いつも使っています

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved