オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.76:カゴメ(2)〜野菜、色々 2007.06.26
オピモニ徹底比較「野菜ジュース」
オピモニ「野菜生活soft」
オピバイヤー「芳潤」
―――「野菜生活」からは、オリジナルブレンドのほかに、4色の「野菜生活」が出ていますが、
     それぞれどんな商品なのですか?
「カゴメ 野菜生活 赤の野菜」
「カゴメ 野菜生活 赤の野菜」
 
西村

「赤の野菜」は、トマトをはじめとした8種類の野菜と6種類のフルーツが入った「野菜生活」です。味はすっきりしたリンゴ味で、トマトが苦手な方でも美味しく飲んでいただけます。
「紫の野菜」は、紫にんじん、紫いも、赤じそ、紫キャベツといった紫色の野菜を中心に、18種類の野菜とぶどうやブルーベリーなどの5種類のフルーツをブレンドした「野菜生活」です。
「緑の野菜」は、ほうれん草をメインに、21種類の野菜と4種類のフルーツをブレンドした「野菜生活」です。すっきり・さわやかなグレープフルーツ味で、美味しくかつしっかり野菜を摂ることができます。

西村

そして、今年の春に発売した「黄の野菜」は、にんじん、中でもフルーツとの相性がいい「黄にんじん」をベースに、18種類の野菜と5種類のフルーツをブレンドした野菜生活です。マンゴー味で飲みやすく、野菜ジュースが苦手な方にも非常に好評です。

―――「紫の野菜」は、最初知ったとき特にびっくりしました。
西村

そうですね。やはり色にビックリされる方が多いです。
開発にも苦労しました。
野菜の中でも「紫」という色は、大変健康価値があり、いずれは野菜生活から「紫」を発売したいと研究してきました。ただし、主原料である「紫にんじん」を大量に調達するということが、製品化するための必須条件でしたので、そこに至るまでに大変苦労しました。

「紫にんじん」とは、その名の通り紫色のにんじんです。日本ではあまりなじみがありませんが、ヨーロッパやアメリカでは一般のスーパーでも販売されているんですよ。

 
「カゴメ 野菜生活 紫の野菜」
「カゴメ 野菜生活 紫の野菜」
―――「紫の野菜」に対するお客様の反応はいかがでしたか?
紫にんじん。外は黒っぽくも見えるが、中身は紫。
紫にんじん。外は黒っぽくも見えるが、中身は紫。
 
西村

野菜生活を飲んでいるお客様とそうでないお客様で反応が異なりましたね。
普段から野菜生活を飲んでくださって、その飲み易さを知ってくださっている方は、色からブドウやブルーベリーが入っているのを想像して、抵抗なく買っていってくださるのですが、普段あまり買っていない方はやはり驚いてしまうようで、「何これ!」という反応も見られました。
ですので、普段はあまりやらないのですが、店頭試飲を行ったり、ブドウやブルーベリーの味を前面に押し出したPOPを設置したりと、意識的に「飲みやすさ」をアピールするプロモーションを行いました。

―――「野菜生活」を発表した頃から、4色作ろうと考えていたのですか?
西村

いえ、元々野菜の色については研究していたのですが、初めから4つ出そう!と決めていたわけではありません。
「紫の野菜」の開発の話でも触れましたが、野菜ジュースの開発に欠かせないのは、原料の確保です。なにしろ自然が相手ですから、新しい原料を使う際には一筋縄ではいかないんです。
研究・調達部門と協力しながら、やっとのこと「出すことができた」という感じですね。

―――野菜の色について研究しているとのことですが、どんな研究なのでしょうか。
西村

当社では野菜の色は大きく「赤」「黄」「緑」「紫」の4つに分かれると考えています。
これらの色が私たち人間の体にとってどのような働きをしてくれるのか、私たちが研究しているのは、野菜と色の関係についてです。

 
「カゴメ 野菜生活 緑の野菜」
「カゴメ 野菜生活 緑の野菜」
―――それぞれの色には、どんな意味があるのでしょうか。
「カゴメ 野菜生活 黄の野菜」
「カゴメ 野菜生活 黄の野菜」
 
西村

赤や黄の色素(カロテノイド)は、光合成の過程で発生する活性酸素を消去する機能のほかに、紫外線などから細胞を守り、成熟に従って果実に蓄えられ、種子を保護する役割も果たしていると考えられています。緑の色素(クロロフィル)は、光エネルギーを効率よく化学エネルギーに変換し、炭水化物にしてたくわえます。紫の色素(アントシアニン)は、それを長期保存します。一見、白色に見える野菜でも、その色素は薄い黄色(フラボノイド)です。
白色は光が吸収されない状態ですから、植物にとっては太陽光のエネルギーを活用できないことを意味します。 つまり、植物が生きる力としている色素が、「赤」「黄」「緑」「紫」なのです。カゴメはこの4色を「野菜の4原色」として、人間の健康に役立つ力を、もっともっと解明していきたいと考えています。

―――なぜ、野菜と色の関係に注目するようになったのでしょうか。
西村
当社の中核素材である「トマト」について様々な研究をしていく中で、その赤い色素「リコピン」の健康価値を発見しました。そしてその研究結果から、「野菜の色」に着目し、その後も、にんじんのオレンジ色の色素である「βーカロチン」等、様々な野菜の色の研究を続けてきたのです。

また、実は食べ物の色と人間を結びつけるのは、昔からある考え方なんです。
よく、「彩りよく食べなさい」とよく言われますが、これは、日本に昔からある日本では昔から「五味五色五法」という食の考え方によるものです。「食と色」の関係性が言われているのは日本だけではなく、中国の陰陽五行説にも同じような思想があります。
当社は野菜や果物といった「植物性食品」を主に取り扱っているメーカーなので、「食べ物の色」の中でも「植物の色」に着目して研究してきたのです。

今後は、栄養学的な面だけの研究ではなく、「植物の色」が人間に与える精神的な面での研究も必要だろうと考えています。





vol.76:カゴメ(3)

オピ研「カゴメ」BBS

●「オピ研」感想や、「カゴメ」へのメッセージ、カゴメの商品に関することなど、何でも気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
ひろさん  20代女性  2009/08/04 21:39:00
この前、スーパーで野菜ジュースのどれを買おうか悩んでいると、カゴメの人が声をかけてくれて、味や、何が入っているか(リコピンとかビタミンとか)を教えてくれました。
そのなかで私に一番良いものを選んでくれました。
その中で、紫と黄色、あとカゴメさんオススメの野菜絞りを買いました。
カゴメさん!一緒に選んでくれてありがとう!
親切な営業さんでカゴメファンになりました☆

通りすがりさん  40代男性  2009/02/22 22:45:12
新CM くどい位ゴクゴク喉鳴らして、
気持ち悪い…やめてほしい

聞いただけで、胃が膨ってくる
胃が空気で一杯な気持ちになる

やくざさん  30代男性  2008/05/29 9:32:59
ちょう、うまいんだよ、このやろー

ハイジさん  80代女性  2008/05/29 9:31:18
やばい

はやひとさん  10代男性  2008/05/29 9:11:45
おいしかった

bibiさん  30代女性  2007/07/16 12:36:11
カゴメトマトジュース。
私はビールと割ってレッドアイにwww
うまくてがんがん飲めちゃうからw

チングルマさん  30代男性  2007/07/05 20:54:04
これはおいしですよ。なんか最近、食材や産地にこだわることは大切だとおもう。

fullちゃんさん  40代女性  2007/07/03 11:05:29
紫がギフトでしか発売されていない頃からお気に入りでした。
5色のなかではっきりと味を主張している(他の4色はあまり味に特徴が感じられない)ところが、好きです。

arex1さん  40代女性  2007/07/01 14:34:07
紫もおいしいです。健康にも良さそうなので続けたいです。

やまのさくらさん  40代女性  2007/06/30 22:07:57
カゴメに『野菜生活』は美味しい。
私はペットボトルを会社の冷蔵庫に入れて、毎朝飲んでいます。あきない味、続けられるのがいいですね。

さくらさん  20代女性  2007/06/29 19:27:43
この間初めて「紫」を飲んでみたんですが、
本当に果実ジュースみたい!すごく飲みやすくて感動しました。
今度他の色も飲んで見ます。

サムソン28号さん  20代男性  2007/06/29 15:51:48
私もikkyuuさんと同じでなんかカゴメの野菜ジュースが美味しい。
素材へのこだわり?

ほたるさん  30代女性  2007/06/27 21:07:08
我が家は”紫”です。
本当に意外とおいしいんです。
子供たちにも大好評ですよ。色が「ぶどうジュース」みたいなのがいいのかも?

ikkyuuさん  20代男性  2007/06/19 20:33:14
私は食塩無添加のトマトジュースがお気に入り。
カゴメのは何故かおいしい。イメージからの思いこみかもしれないけど、それでもおいしい。

taさん  30代男性  2007/06/19 20:05:10
意外と紫がおいしいですよ。ブルーベリー以外ではこれでしょう

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved