オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.74:TEPCO銀座館(2)〜次世代の給湯&床暖房 2007.05.01

オール電化の三つのポイント、キッチン・給湯・冷暖房。
前回は、オール電化の「キッチン」を担う、IHクッキングヒーターをご紹介しましたが、
今回は「給湯」「冷暖房」にスポットを当てようと思います。
さて、オール電化で給湯、冷暖房はどう変わるのでしょうか?

IHクッキングヒーターで料理体験
エコキュートって?
エコキュートのカットモデル(ヒートポンプユニット・貯湯タンク内部構造)
エコキュートのカットモデル
(ヒートポンプユニット・貯湯タンクの内部構造)

次世代給湯機「エコキュート」は、エコロジー&エコノミーな給湯機。
エネルギー消費が少なく、CO2排出量が少ないというエコ(eco)性と、給湯代月平均1000円(※詳しい算定条件についてはこちらをご覧下さい。)というエコノミー(economy)性を両立させた、効率性抜群の給湯機です。

「エコキュートの高効率の秘密は『ヒートポンプ』というシステムにあります。」

従来の給湯は、化石燃料の燃焼をエネルギー源としていましたが、エコキュートのエネルギー源は、なんと"空気"。
エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの2台による構成になっており、ヒートポンプユニットが冷媒に空気の熱を集め、それを電気の力で圧縮、熱を発生させてお湯を沸かし、貯湯タンクに貯めるのです。

エコキュートの エコ(eco)

「『ヒートポンプ』は、1の電気エネルギーで3以上の熱エネルギーを作ることのできる非常に効率のよいシステムです。」(※図解

「ヒートポンプ」のエネルギー消費量は、従来型燃焼式給湯器と比較して、約30%の省エネ効果があります。しかも、CO2の排出量は従来型燃焼式給湯器のおよそ半分。また、補助金制度が設けられているなど、国もエコキュートの普及に力を入れています。 (※詳しくはこちらをご覧下さい。

エコキュートのエコノミー(economy)

家庭での光熱費の34%を占めるなど、意外とコストがかかっている給湯。しかし、昼間よりも約70%も割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かすエコキュートなら、給湯代月平均1000円とランニングコストは抜群です。
エコキュートは、地球にもお財布にも優しい「カシコイ」給湯機なのです。

しかも、給湯圧も強いのでお湯はりもスムーズ、シャワーもパワフル。快適なバスタイムを過ごせます。
私もシャワーの水圧を体験してみましたが、しっかりした水圧が感じられました。

 
シャワーの水圧も十分
シャワーの水圧も十分
グッドデザイン賞を受賞した コロナのデザインエコキュート
グッドデザイン賞を受賞した
コロナのデザインエコキュート
 

貯湯タンクやヒートポンプユニットは置き場所や使用スタイルに合わせていくつかのサイズやタイプが用意されています。
最近では、デザイン性を重視したタイプも登場。コロナのデザインエコキュートは、貯湯タンクからヒートポンプ、操作パネルに至るまですべてデザインが統一されており、グッドデザイン賞を受賞しました。

また、エコキュートの中には、一台で給湯だけでなく床暖房など他のエネルギーをまかなうことができる多機能型タイプも。生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

IHクッキングヒーターで料理体験
床暖房

「床暖房は、室内の温度差が少なく、快適で人気の高い暖房器具です。」

靴を脱いで床に立つと、足元からじんわりした温かさが。床暖房は、足元から温める、頭寒足熱の暖房器具です。
また、ランニングコストが安いもの、導入が簡単なものなど様々なタイプと種類があり、住まいやライフスタイル、使い方に合わせて選ぶことができます。

 

 
床暖房の「中身」がズラーリ
床暖房の「中身」がズラーリ
蓄熱式電気暖房器
使用中は熱くなるので、その点だけ注意
蓄熱式電気暖房器
 

蓄熱式電気暖房器は、その名の通り電気を"蓄える"暖房器。
電気を使って蓄熱材に一日の暖房分の熱を蓄え、昼間に放熱し、24時間いつでも暖かな空間を実現します。
エコキュートと同様、夜間の割安な電気を利用するため、経済性が高いのも特徴です。

「燃焼がないのでお部屋の空気をクリーンに保つことができ、なおかつ長寿命。20年以上の耐久性があります。」

近づくとじんわりと温かな空気が。
燃焼がなく空気をクリーンに保てるということで、今の主流となっている「高気密・高断熱住宅」(※)との相性も抜群です。

※断熱性と気密性を高め、省エネルギー性と快適性を高めた住宅の総称(※詳しくはこちらをご覧下さい。

省エネエアコン

冷房のイメージの強いエアコンですが、最新のものは暖房機能もばっちり。パワフルにかつすばやくお部屋全体を温めてくれます。

「エアコンは光熱費が…と思われがちですが、最近のエアコンは省エネ性にもすぐれ、この10年で消費電力量が約40%も削減されています。」

あなたもIHを体験してみよう!
経済性、省エネ、エコなど、ひとつで様々な利点があるのが「オール電化」のポイント。
他にも、生ゴミ処理機、食器洗い乾燥機など、電気にはさらに暮らしが便利になるヒントが盛りだくさん。
さらに快適で便利な生活へと導いてくれます。



TEPCO銀座館 「春のSwitch!キャンペーン」サイト
※ショーのお申し込みはこちらのページから



vol.74 TEPCO銀座館(3)
 

オピ研「TEPCO銀座館」BBS

●「オピ研」感想や、「TEPCO銀座館」へのメッセージ、オール電化に関することなど、何でも気軽にお書きください●

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
みしんさん  40代女性  2007/05/21 13:40:44
昨年、オール電化にリフォームしました。
4年前に家を建てた際にもオール電化にしようとしましたが、
屋根につける太陽光発電パネルが施工会社の指定のものでなくてはならず、
とても高額だったために諦めました。
新築してから3年後に希望の太陽光発電パネルを取り付ける工事をしました。
それまでのガスコンロにくらべると掃除はとてもしやすいし、
炒め物でも思っていたより火力が強くて満足できます。
エコキュートも考えていたより使いやすいです。
23:00〜7:00の間にタイマーをセットして集中的に家電を動かしていると電気代もとても安いです。
オール電化にして良かったと思っています。

なおままさん  30代女性  2007/05/19 22:31:17
我が家もIHです。IHにした一番の理由が子供たちが自分で調理できるようにとのことでした。
揚げ物をしてても安心だし、なんと言っても掃除が楽でいいですね〜。なべ底が黒くならないからいつまでも綺麗なままです。

mopocoさん  40代女性  2007/05/19 11:58:58
オール電化って本当に良いのかなぁ?全世帯がオール電化になったら、その電気量はどうやって作られるのかなぁ?全世帯でソーラーシステム取り入れる?

青空さん  40代女性  2007/05/14 21:30:53
オール電化を売りにした分譲マンションも結構出てきましたね。太陽光発電とかで全ての電力が賄えるんだとしたら地球にやさしい‥ということになるんでしょうが‥。

ぽかぽかさん  30代女性  2007/05/14 15:38:17
祖母の家がリフォームしてIHを取り入れていました。
掃除がとても便利で良かったです。

まひわさん  30代女性  2007/05/02 0:13:24
オール電化の宣伝をよく見かけるようになりました。
空気もクリーンでお財布にも優しくて…
といったイメージもありますが…

本音を書いていいですか?
水をさすようで申し訳ないのですが…

石油に関する問題は政治から環境まで問題山積ですが、
だからといって電気が問題ないわけではないと思うのです。
このままオール電化が推し進められたら、
原子力発電所がどのぐらい増えるんだろうか、ということを
どうしても考えてしまいます。

おいおいさん  30代男性  2007/04/29 2:16:54
どうせ削除されるんでしょうが。。。
電磁波の悪影響については、どう説明してくれますか?利便性の影に潜む、悪影響についても、ちゃんと教えて欲しいものです。それについて書いてる専門書を企業が買い占めるんやもんな〜。開発者自身が使いたくない代物ではないでしょうか?

ユー見んままさん  40代女性  2007/04/28 17:18:14
 実は私もIHを使用しているのですが、自動が好きでなくて、調節をしています。主人は揚げ物は自動が良いと言って知人にも愚痴っているのを聞き、ショックです。他の人の使い方も知りたいと思っています。

山口正子さん  60代女性  2007/04/28 0:03:17
60台の夫婦2人なので思い切ってIHにしました。とてもいいです。がひとつだけいまだに火力についていけません。

ほよぴよぽんぱんさん  30代女性  2007/04/27 13:53:32
今までのガス台より掃除が楽そうですよね^^

みどりさん  20代女性  2007/04/24 13:44:25
うっかり屋なので火事が怖くIHにしようかどうか悩んでいます。
賃貸なので、導入するにしても置くタイプかな

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved