オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.72:森永乳業(3)〜ミルク×??「MOW」いろいろ 2007.03.12
オピモニ徹底比較「バニラアイス」
オピバイヤー「ピノ(いちご味)」
オピバイヤー「MOW(モウ) キャラメル」
―――「MOW」も、「ピノ」同様様々なフレーバーが出ていると思うのですが、
     これまでに全部で何種類くらいのフレーバーを出されましたか?

シングルカップだけだと、出した順に
ミルクいちご、エスプレッソ&ミルク、ミルク&はちみつ、ミルクマンゴー、ミルク&メロン、エスプレッソ、メープル、ミルクバナナ、キャラメル、ミルクティー、の10種類です。

マルチパック(ミニカップが2種類×6個入った箱入りの商品)の「抹茶」やモナカ(ミルクバニラ味)も混ぜると全部で12種類ですね。

「ピノ」と同じく、2004年からフレーバー品の展開を始めました。最初に出した「ミルクいちご」は通年商品、それ以後のフレーバーは3ヶ月〜6ヶ月の限定味です。

 
「MOW(ミルクいちご)」
「MOW(ミルクいちご)」
―――フレーバーのついた「MOW」を出すことになったきっかけは何ですか?
「MOW(ミルクティー)」
「MOW(ミルクティー)」
 

お客様から「MOW」のアレンジレシピを教えていただくことが良くあるのですが、チョコレートやはちみつ、キャラメルなど、何かをかけて食べるという方が非常に多いんですね。それならば私たちのほうでもフレーバーのついた「MOW」を開発してみようか。と考えました。

「MOW」は"ミルク感"がコンセプトなのですが、ミルク感を強調しすぎるとフレーバーが感じられなくなってしまうし、逆にフレーバーを強調しすぎてもミルク感が感じられなくなってしまうしで、両立がなかなか難しいですね。
試作したけれど、結局上手く味が出ず発売できなかった・・・なんていう味も結構あります。

―――今までに出した限定味の中で、特にお気に入りの味はどれですか?

キャラメル味ですね。

キャラメル、と一口に言っても、苦味の強い味と甘味の強い味とがあるんですが、このキャラメルは苦めのキャラメルを使用しています。
苦味のあるキャラメルがミルクと非常にマッチして、私たち自身も非常に気に入っています。

 
「MOW(キャラメル)」
「MOW(キャラメル)」
―――今後はどんなフレーバーを出す予定ですか?
春からの新フレーバー「MOW (チョコレート)」
春からの新フレーバー「MOW (チョコレート)」
 

3月に新フレーバーとして「チョコレート」を発売する予定です。

また、それと同時に「MOW」を全面リニューアルいたします。
大きな路線変更はないのですが、全体的にコクがアップし、さらに美味しくなります。
ミルクいちごは、現在、「アイスミルク」としての販売なのですが、リニューアル後は「アイスクリーム」へとグレードアップします。(

アイスは成分によって規格区分がされており、アイスクリームは乳固形分15%以上(うち、乳脂肪分8%以上)
アイスミルクは乳固形分10%以上(うち、乳脂肪分3%以上)、 ラクトアイスは乳固形分3%以上とされている。

―――「チョコレート味」は今までなかったんですね。意外です。

実はチョコレートは、アイスクリームの味の中ではバニラに次いで二番目に人気の味なんです。
「MOW」でも何度か開発にトライしていたんですが、
なかなか納得のいくものが作れなくて、発売できずにいたんですよ。

2年にわたる開発の末、ようやくこの度納得のいくものができましたので、
リニューアルに合わせて発売することにいたしました。
従来のフレーバーは、3ヶ月か長くても6ヶ月というスパンでチェンジしていたのですが、
これはもっと長期的な販売を予定しています。

―――ひとつの味に二年!それはすごいですね。

ビターからミルクまで、様々なチョコレートで試作したんですが、なかなかミルク感とチョコ感が両立した味が作れなかったんですよ。ありとあらゆるチョコを試して試作を繰り返すこと二年・・・。やっと納得のいくものができました。

上質な、大人向けの味に仕上がっています。

 
春からの新ラインナップ(ミルクバニラ・ミルクいちご・チョコレート)
春からのラインナップ(ミルクバニラ・ミルクいちご・チョコレート)
―――それは楽しみですね!是非食べたいです

はい。こだわりにこだわりぬいた自信作ですので、ぜひ多くの方に召し上がっていただきたいです。






vol.72:森永乳業(4)
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved