みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.65:コクヨS&T(2) 2006.08.22

つづいて、同じくオピモニで取り上げた「カドケシ」について聞かせてください。
とてもユニークな形をしていますが、どんな商品なのですか?

10個のキューブ、28個のカドでできている「カドケシ」
10個のキューブ、28個のカドでできている「カドケシ」
10個のキューブが集合した"カドだらけ"の消しゴムです。全部で28個のカドがあるので、ひとつのカドが丸くなってしまっても、また新しいカドが使うことができます。
細かい修正がしやすいほか、新しいカドを使う爽快感をたっぷり味わうことができます。
2003年6月に発売すると、小学生を中心に話題となり、発売後一年足らずで100万個の売上を達成する大ヒット商品となりました。
多くのメディアにも取り上げていただき、また、MoMA(ニューヨークの近代美術館"The Museum of Modern Art"の略称)の展示会に出していただいたりミュージアムショップで取り扱っていただいたりと、デザイン的な部分でも高く評価していただけました。

とても面白い商品ですよね。このアイディアはどこから来たものなのですか?

「カドケシプチ」 青、ピンクの他に白もある。
「カドケシプチ」 青、ピンクの他に白もある。
コクヨでは、「コクヨデザインアワード」という商品アイディアとデザインのコンテストを一年に一度行なっています。「カドケシ」は「コクヨデザインアワード」の第一回の受賞作品(佳作)です。
他にも受賞した作品はあったのですが、受賞作品の中で最も商品化しやすかったこともあり、受賞作品の商品化第一弾として発売しました。
もとのアイディアは「カドが丸くなったらちぎって次のカドを使う」というものだったのですが、さすがにそれはもったいないし、環境的にもよろしくないのでコンセプトを少し変更して、現在の形となりました。
商品の名前も少し変えています。原案では「カド消しゴム」という名前だったのですが、よりわかりやすく親しみやすいように…ということで、「カドケシ」と、少し短くしました。

商品化にあたって、どんな点で苦労されましたか?

左から順に、デカカドケシ、カドケシ、カドケシプチ デカカドケシの体長(?)は7.5cmも!
左から順に、デカカドケシ、カドケシ、カドケシプチ
デカカドケシの体長(?)は7.5cmも!
一番難しかったのは「ちぎれない」ようにするための調節ですね。この特殊な形状を保ちつつ、消しやすさを実現するのが大変でした。形をいじったり、消しゴムの硬さや材質を変えてみたり・・・。カドのつけかたひとつでも、消しやすさやちぎれにくさが大分変わってしまうんですよ。
応募していただいた段階で、すでにかなり完成度の高い模型をいただいてはいたんですが、それでもやはり、商品化するための調整には苦労しました。
あと、売り方や見せ方、パッケージをどうするかについても頭を悩ませましたね。
普通のケシゴムのように紙ケースで包んでしまうと、肝心の「カド」が見えなくなってしまいますから、どんなケースに入れたら魅力が伝わるだろうと。価格の設定も難しかったですね。
それまでもいくつか消しゴムを扱ってはいたのですが、ごくスタンダードな商品ばかりで、会社としてもあまり力を入れていませんでした。「カドケシ」は今までにない全く新しいタイプの商品でしたし、ブランド的な知名度もなかったので、発売する前は消費者の方々に手に取ってもらえるのか少し不安でした。正直、ここまで大きな反響があるとは、全く予想していませんでしたね。

「コクヨデザインアワード」とはどんなコンテストなのですか?

斜め断裁でめくりやすい「パラクルノ」
斜め断裁でめくりやすい「パラクルノ"
2002年からはじまった、商品アイディアとデザインのコンテストです。ユーザーの方も含めた色々な方々から、モノ作りのアイディアを募ることを目的として開催しています。
「カドケシ」の他にも、受賞作品がもうふたつ商品化されています。

どんなものが商品化されたのですか?

たまほっち
「たまほっち」は卓上式なので、
力の弱い人でも簡単に紙をとじられる
ひとつは、第一回の優秀賞受賞作品を元に商品化した「パラクルノ」。めくりやすいように上半分と下半分がそれぞれ斜めにカットされたノートです。
そしてもうひとつは「たまほっち」。こちらも第一回の受賞作品。グランプリ受賞作です。卓上で押して閉じるたまご型のステープラーです。卓上に置いたまま紙を挟み、上から押すことで紙をとじられます。掌やひじを使えば、握力の弱い人でも簡単に紙をとじることができます。
「コクヨデザインアワード」は、各年ごとに募集テーマがあり、今年は「素」の一文字をテーマとしてアイディアを募りました。(※2006年度の応募期間は終了しています)
これらの作品が受賞した第一回のテーマは「ユニバーサルデザイン」。
「カドケシ」も含め、この三つの商品はどれも「誰でも簡単に使える」という、"ユニバーサルデザイン"の考えに基づいて作られているんですよ。
>>オピ研 バックナンバー
「オピ研」感想や、コクヨS&T、また文房具に関することなど、何でも気軽にお書きください

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
サウスポさん  30代女性  2015/03/27 2:28:16
ドットライナーホールドは右利き用です。明記してください。

倉さん  10代女性  2006/09/01 21:27:54
プニョプニョピン可愛い!けれど、収納時場所をとりそう・・・。
軽い力で使える穴あけパンチはどのくらい一度に開けられるのでしょう?
カスタネットはさみは、小学生以下の子に使わせるのは危険かもしれません(わざと遊びそう;)

yさん  40代女性  2006/09/01 10:32:04
カスタネットはさみ、便利かも

ねむたいさん  20代女性  2006/08/29 13:11:20
ニョプニョピンかわいい〜

みみさん  10代女性  2006/08/23 10:03:30
この消しゴム面白い形していますよね〜!
文字を消すのに便利で重宝しています!

みつまさん  30代女性  2006/08/17 10:45:37
とても素晴らしいアイデアだと思ってます。
まだ使う機会がないのですが、ぜひとも購入したいですね。
こういう文具って大好きです。

kさん  10代女性  2006/08/16 23:54:13
友達が持ってて欲しいなー、と思っていたところでした。

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved