オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.61: エフコム(2) 〜含浸のはじまり2006.05.23.
オピ日記「ブラックストロベリー」
―――前回お話いただいた凄い技術「含浸」ですが、
    この技術はどのようにしてはじまったものなのか教えてください

実はこの技術、元々は食品向けではないんです。
まず、エフコム事業の発端となった「プラセラム」という会社のことからお話をしなくてはならないのですが、この会社では主に工業製品向けの含浸技術を取り扱っております。

アルミなどの鋳物の金属には、製造工程でできたミクロ単位の小さな穴がたくさんあいているんですが、プラセラムではその穴に、樹脂や潤滑油などの液体を染み込ませて「複合素材」を提供しています。

特に多く使われているのは自動車業界ですね。
たとえば、エンジンブロックなどアルミ鋳造品に生じている微細な穴に樹脂を染み込ませると、この小さな穴が埋まり、オイル漏れ、水漏れなどを防止することができます。

 
プラセラムの工場の様子
プラセラムの工場の様子
 

また、こういった機能以外にも、素材の強度を高めるといったこともできますし、
染み込ませる液体によっては電気特性を変えたり、
表面の滑りやすさを変えたりさびにくくしたりと、
色々な機能を加えることができます。

二つの素材を組み合わせることで、今までになかった新しい素材を作る。
それが、「含浸」という技術です。
ちなみに、元々「含浸」という言葉は、アパレル系の染色業界で使われている言葉で、
言葉自体の歴史はかなり古いみたいですよ。


―――スイーツからは想像がつかない、
     すごく工業的なところで使われていた技術だったわけですね。
    その技術を何故食品に利用しようと思われたのですか?
現在のエフコムの工場
現在のエフコムの工場
 

プラセラムでは含浸により色々な新しい素材を作っているんですが、こういったことをしている会社って国内に殆ど無いんです。手前味噌になりますが、含浸の技術力の高さは業界内でも評判でして、工業関係者の間では、「ユニークな形や機能を付けたければプラセラムに持っていけ」なんて言われていたりもします。

そんなある日、ある工業関係者の方から「マグロに油を染み込ませて、トロを作れないか」という話が持ち込まれました。
その方は、「マグロの赤身にマヨネーズを塗って一晩置いておくとトロの味になる!」というのをテレビで見て「これは儲かるんじゃないか?」 と思いつき、「複合素材で面白いことができる」と有名なプラセラムに、相談を持ちかけてきたというわけです。

―――そのお話がきっかけになったんですか?
そうですね。
それまでは食品に応用しようなんて考えたこともありませんでした。
でもこれは面白そうだということで、試しにやってみたんです。
マグロの油が手に入らなかったんで、まずはオリーブオイルで試してみました。

そうしたらすごく美味しいカルパッチョができたんです。(笑)
これは面白い!と社内でも評判で、食品への応用に取り込みはじめました。
その含浸トロは商品化には至らなかったんですが、
伝説になっているみたいで、
今でも「含浸トロを一緒にやりましょう」なんていう引き合いをたくさんいただきます。

―――こんなに面白いお話なのに何故商品化しなかったのですか?

マグロは元々冷凍で流通されているのですが、 冷凍品は氷が加工の際に邪魔になるので溶かさないといけないんです。まず、それが手間になるんです。

またそういう技術的な問題っていうのもありますが、大きな問題点としては、しょせん含浸トロは加工品なので、天然素材のトロのように高い商品価値を見込めないということです。

やればそれなりのものは出来るんですよ。大トロまではいかなくとも、中トロぐらいのレベルの商品は出来るんじゃないかと思います。(笑)

ただ、元々あるものを安く作るためにコスト削減を考えるよりも、全然違うものを作ったほうが面白いんじゃないかと考え、今までにないものをまずは作っていこうという結論になったんです。

 
White Corn(ホワイトコーン)
White Corn(ホワイトコーン)
エフコム楽天市場で購入できます。
 

そこで、目新しいものが喜ばれるお菓子やスイーツといったものから目を付けました。
たとえば、とうもろこしにホワイトチョコを染み込ませた「ホワイトコーン」という商品があるんですが、
とうもろこしのようなものはポップコーンのように加工しないと、
気軽に持ち運んで食べることができませんが、
この商品は元の粒の形のまま、
手軽にとうもろこしを食べることができる点がポイントです。
また、前回も少しお話しましたがチョコを染み込ませたイチゴは腐りにくくなり、
半年はもつようになります。
すると、パティシエの方も色々アレンジがしやすく
新しいお菓子類の幅が広がってくる・・・
まさに新しい食品を作るということになるんですよ。

ブラックカラント

美・カシスの実

摘みたてのフレッシュなブラックカラント(黒カシス)を
凍結真空乾燥した後、
特許取得済み新製法で
クリーミーなホワイトチョコを
染み込ませた新感覚ビューティースイーツです。

ブラックカラントは
ポリフェノールの一種であるアントシアニンを
含有量が豊富といわれるブルーベリーの
1.5倍強も含んでいます。
その中には健康作用で注目されている
ブラックカラント特有の
アントシアニン(カシスアントシアニン)
含まれています。
カシスアントシアニン
特に眼精疲労に有効です。

また、そのほかの栄養分も豊富です。
ブルーベリーに比べ14倍ものビタミンC、
1.3倍のビタミンA、9倍のカルシウム、8倍の鉄分、
5倍のマグネシウム、3倍のカリウム、2倍の亜鉛を
含まれているんです。

ブルーベリー以外の果物と比較してみても
ビタミン類全てに関して含有量がトップクラス!

手軽に美味しく美しく!!
ホワイトチョコレート含浸
フリーズドライブラックカラント
『美・カシスの実』

価格 880円 (税込) 送料別
●80g(約115粒程度入っています)



株式会社エフコム



vol.61 エフコム(3)
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved