オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.60: 雪印(3) 〜気軽に楽しむ本格派2006.04.25
オピモニ「アルプスの少女ハイジ レンジ用チーズフォンデュ」
日めくり新商品「コクとうまみのひとくちチーズ 」

日めくり新商品「ネオソフト キャノーラ入り 」

日めくり新商品「ソフト&バター」
―――今回は、オピネットで取り上げた商品について教えてください。
    まずは、オピモニで取り上げさせて頂いた
     「雪印 アルプスの少女ハイジ レンジ用チーズフォンデュ」について、
    お話を聞かせていただけますか?
村田
>

通常、チーズフォンデュをご家庭で作ろうと思うと、専用の道具をそろえなければできないとか、後片付けが大変だったりと、煩わしく感じられてしまいます。

「雪印 アルプスの少女ハイジ レンジ用チーズフォンデュ」は、ご家庭でも手軽にチーズフォンデュをお楽しみいただけるように工夫した商品です。

プラスチック製の容器にチーズをあけて電子レンジで加熱するだけで、簡単にチーズフォンデュをお楽しみいただくことが出来ます。食べ終わった後も容器を捨てるだけなので、後片付けの手間が要らず「便利だ」と大変ご好評をいただいております。

 
(左)「雪印 アルプスの少女ハイジ
レンジ用チーズフォンデュ」
(右)「雪印 アルプスの少女ハイジ チーズフォンデュ」
―――面倒なセッティングをしなくてもチーズフォンデュが作れる点は、
     オピモニの評価でも高かったですね。
気軽に楽しめるチーズフォンデュ
 
村田

「チーズフォンデュを楽しみたいけど自宅で作ると手間がかかる」といったお客様の声は以前から把握しておりましたので、そのニーズをしっかり満たすことが出来たのではないかと思っております。

容器についても、レンジで調理する際の使い勝手ややけど防止などに配慮をしております。また、外箱は召し上がるときの台座としてもご使用いただける他、箱の裏側に『まちがいさがし』や『トコトコ相撲』など4種類のゲームがあり、お召し上がり後もお楽しみいただけます。

「雪印 アルプスの少女ハイジ レンジ用チーズフォンデュ」は9月から2月までの期間限定発売となっておりますが、姉妹品のフォンデュ鍋(※)で作るタイプ「雪印 アルプスの少女ハイジ チーズフォンデュ」は年間を通じて販売しております。
これからの季節には、野外のバーベキューにもぴったりの商品です。

※土鍋やホットプレートなどでも作れます。

―――こちらの「コクとうまみのひとくちチーズ」は、日めくり新商品のコーナーでご紹介しましたね。
    私も、近くのスーパーで見かけて、食べてみましたが
    濃厚な味わいでとっても美味しかったです!
村田

この商品は、当社オリジナルの芳醇ゴーダチーズを食べやすいように一口サイズにクラッシュしたものです。そのおいしさの秘密は、ゴーダチーズを熟成させている乳酸菌にあります。

この商品の『コクとうまみ』は、豊富なアミノ酸によるものですが、雪印では、日々の研究の中から、乳のタンパク質からアミノ酸を大量に作り出すことが出来るヘルベチカス菌という乳酸菌を発見しました。

このヘルベチカス菌を北海道産の新鮮な生乳に加えて熟成させたチーズが、「芳醇ゴーダ」なのです。「コクとうまみのひとくちチーズ」は、この「芳醇ゴーダ」をひとくちサイズで気軽にお楽しみいただける商品です。

なんと「芳醇ゴーダ」は雪印で通常使用している国産原料のゴーダチーズに比べて、2倍以上ものアミノ酸が含まれているんですよ!

 
「コクとうまみのひとくちチーズ」
―――アミノ酸の量が2倍というのはすごい!研究の成果は偉大ですね。
熟成中のゴーダチーズ
(※写真は雪印乳業チーズ研究所)
 
村田

チーズの研究は、熟成の期間が必要ですし、温度や湿度などの環境のちょっとした変化によっても影響されるので、本当に手間がかかるんですよ。何をどうすれば、必ずこうなるということが、ないのです。
研究用チーズを熟成させて、その結果が出るのは『半年後』、というような長期的サイクルでことが進められるので根気も必要です。
あと、苦労したことといえばどのようにゴーダチーズを食べやすい大きさにクラッシュするかという点ですね。ただ、こちらに関しての詳しいお話は企業秘密とさせてください。(笑)

おかげさまで、この商品に関しては「美味しい!!」という声を非常に多くのお客様からいただいています。なかには、「食べきりのサイズではなくもっとたくさん食べたい」といった声もあり、嬉しい限りです。

―――どちらの商品についても『手軽さ』がキーワードになっているんですね。
村田
はい。これらの商品は「6Pチーズ」のようなプロセスチーズではなく、
ナチュラルチーズなのですが「手軽においしいチーズを楽しんでいただけるように」という
根底にある思いはかわりません。

もっと、チーズを皆さんの食生活にとって身近な存在にして
「芳醇ゴーダ」のようなチーズ本来の美味しさを知っていただくこと、
これが私達の目標です。

そのためにももっと手軽にチーズを楽しんでいただけるように、
商品開発をしていきたいと思っています。


雪印乳業株式会社



vol.60 雪印(4)
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved