オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
  vol.57: 男前豆腐店(4) 2006.02.28
オピバイヤー「男前豆腐・風に吹かれて豆腐屋ジョニー」
―――「男前豆腐」のこれからのご予定について教えてください。
伊藤

商品のラインを今よりもっと広げようと思っています。
普通の、130円台くらいの四角いお豆腐をウチのレシピで作って「男前豆腐店」のこだわりと実力を表現してみたいと考えています。勿論、今ある200円、300円のお豆腐もキチッと作っていった上で。
あと、製法のお話のときにちょっと触れたんですが、今の定番ラインナップの原料の大豆を、国産からカナダ産の大豆にリニューアルしようかと思って、今研究しています。

130円くらいからのものはカナダ産の豆で、200円以上のものは国産の豆で作って、全ジャンルの商品を供給できるように研究していきたいですね。

 
茶豆のジョニーブラウンと 緑大豆のジョニーグリーン
ジョニーシリーズならではの食感と
しっかりした大豆の味わいが楽しめる新商品。
※マウスをあてると中身が見れます。
 
―――新商品のご予定は?
伊藤

3月20日から初夏にかけて一番お豆腐が食べたくなる時期に合わせて、新商品を出そうと思っています。
具体的な内容はまだ秘密なんですけど、
一年にひとつは新しいこと挑戦したいなと思ってるので、「斬新」なものを。

あと、今、直営店では、「男前豆腐店セレクト」のポン酢(ジョニポン)を販売しているんですが、
今度は「男前豆腐店セレクト」の納豆を販売する予定(※)です。
僕の認めた美味しいものだけを集めます。楽しみにしていてください。
(※「男前豆腐店」セレクトの納豆は、2月初旬に発売されました。)

―――商品以外では、どんな展開をお考えですか?
「男前豆腐店」工場ロビーの風景。
「男」のオブジェと、“オトコレ05-06 KYOTO”を
見事に着こなすスーパーモデルのお二人
 
伊藤

とりあえず、ここ(京都・男前豆腐店工場)を、出来立てのお豆腐が買える直売所にしようと思っています。

あと、野望といえば、「男前堂(神社)」を作りたいですね。
お守りを作って、賽銭箱をおいて、男前になりたい人がお参りする感じの神社を作りたいなぁ、と。
神社は、やっぱり申請が難しいから、どっかの神社を借りられないかなぁ。なかなか貸してくれないんですよね。

あとは海外展開。男前豆腐店グッズを海外で売ろうかと思っています。
もともと海外展開は何年も前から狙っていて、常に考えてるんだけど、やっぱり豆腐はそれほど馴染みがないせいで、なかなか売れないんですよ。

伊藤

だから逆に豆腐より先にグッズを売ろうと。
「男」一文字のタトゥシールとかを売って、そのシールが有名になってから、
「実はこれは日本の豆腐屋が作ったらしい」って分かって豆腐の方も広まるとか、
そういうのカッコいいですよね。
ちょうど今、ニューヨークの方では漢字とか流行ってますし。

―――直営店は増やされないんですか?
伊藤

あんまり多くても大変なので、もし出すとしたら、関西に一店舗。どこに出すかはまだ考え中です。あんまりあちこちに出す気はないんです。
お客さんからも「メジャーになってほしくない、メジャーになって味が落ちるようになって欲しくない」っていうような声を結構多くいただきますし、僕ら自身、店舗拡大、取り引き先拡大といった「商売」の領域であんまり手を広げすぎて、肝心の商品のほうがおろそかにならないように。と常に気をつけているので。
品質へのこだわりだけが、僕らのセールスポイント。だから絶対にレベルは落としちゃいけない。
「今」にプラスアルファするなら、もっと新しいことをしたい、今より更に「おいしい豆腐」を見つけたいですね。

 
男前な豆腐がズラリと肩を並べる
―――伊藤さん自身が一番好きな商品をあげるとしたらどれですか?
伊藤

やっぱりジョニーかな…。
ジョニーはお客さんの人気も一番高いんですが、
理解してもらうには少し時間がかかるくらいの最先端な豆腐を狙って作ったので、
こんなに早く飛びついてもらえるとは思っていませんでした。正直意外です。
嬉しい反面、逆にすごくあせりますよね。お客さんが追いついてきている。どんどん新しい、
色々なことやらないとダメだなと思います。

それに、僕自身、ジョニーは好きですけど、飽きも来ているんですよね。
早く「次」に行きたいんですよ。
「飽きる」といっても、別に手を抜くっていう意味じゃない。
今より違う可能性追いかけたい、新しいことを、よりおいしいものを見つけたいんです。
「次」が見たくなるんですよ。
男前豆腐を発売して、でもそれで満足せずに「次」「次」と思ってたから「ジョニー」もできたんですよ。

「男前豆腐店」の豆腐たち
 
伊藤

新しいことをやって技術的に次に行けば、今あるラインナップもさらにレベルアップできると思っているので、新しいことはどんどんやっていきたいです。
勿論、失敗する可能性というのもあるんですが、失敗する可能性があっても、僕は次に行きたいですね。
商品がいくら売れようが何しようが、それがないと僕の欲求は満たされないので。

ジョニーが何万丁売れるより、次の商品を見つけたいですね。


「男前豆腐」は、直営店(玉川高島屋SC店)、通信販売のほか、
全国のイトーヨーカドー、イオン各店舗などでお買い求めいただけます。

男前豆腐店株式会社

三和豆友食品株式会社

通信販売はこちら(お豆腐/グッズ




vol.58
 
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved