オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!
vol.56: ポッカ(3) 〜おいしい野菜スープ・・22005.01.24
オピモニ「じっくりコトコト煮込んだスープ 緑野菜」
オピモニ「ポッカ COTOCOTO DINER」
―――「野菜シリーズ」の開発のきっかけは何ですか?
大楠

近年、スープに関しても、消費者の方の健康志向が高まってきていまして、「じっくりコトコト煮込んだスープ」シリーズでも、もっと多くのお客様に喜んでもらうために、健康にいいスープを作れないかな、と思ったのが、開発のきっかけです。

「健康にいいものを」とはいっても、あくまでスープは食事ですから、「健康」を重視しすぎて「味」が疎かになってしまってはいけませんので、あくまで「おいしいスープ」という器の中で、手軽に野菜の摂れる、健康にいいものを、ということで開発しました。

三種類以上の野菜を使い、健康感たっぷりに仕上げています。日々の食事の中で、自然に健康になっていけるようなコンセプトです。

 
緑の野菜たっぷりの「緑野菜のポタージュ」
―――開発にあたっては、どんな点で苦労されましたか?
大楠
どんな野菜を使用するかに関しては、結構議論を重ねました。
新しい野菜スープということで、特徴的なラインナップにしたいとは考えていたのですが、
当然、あまりクセがありすぎてもいけない。

使用する野菜も含め、一杯のスープとして見た際の、全体的なバランスをとるのにかなり苦労しました。
例えば、「赤野菜のポタージュ」に使われている「赤ピーマン」なんかは
個性的な味と食感なので、商品の特徴を出すにはピッタリなのですが、反面、クセが強すぎるという面もある。
また、「緑野菜のポタージュ」なんかは、どうしても葉野菜独特の香りが出てしまいますので、
それをポタージュベースでうまく包み込んで飲みやすくしたりといった工夫をしています。
それも、あまりポタージュを増やしすぎると野菜の風味がなくなったりしてしまうので、
ちょうどいいバランスを見つけ出すのが大変でした。

他の具材と調節したり、スープベースを工夫したり…。
一杯のスープとなったときに、ちょうどいいバランスとなるように、本当に何度も何度も調整を重ねました。

―――今、食感のお話が少し出ましたが、本当に野菜の食感が再現されていますよね。
赤や黄色の彩りも美味しそうな
「赤野菜のポタージュ」
 
大楠

具材を乾燥させる製法というのはいくつかあるんですが、
ブロッコリーなどの大きな具材は、フリーズドライ製法という、食感や形を残すときに使う製法で乾燥させています。

また、食材の乾燥方法には、もうひとつ、エアードライ製法という高温の熱風で数時間かけて具材を乾燥させる方法があるんですが、キャベツなんかは、そのエアードライとフリーズドライを組み合わせた独自の製法でシャキシャキ感を出しています。

―――お客様からは、どんな声がありましたか?
伊丹

ポッカのホームページにいただいた意見の中に、
「おいしくて驚いて、思わず会社の友達や同僚に自分で買って配っちゃいました」
なんていうものがありました。
これには、「そこまでしていただけるなんて!」と感動しました。お客様の声は何よりの励みになりますね。

本谷

「緑野菜のポタージュ」は、自分の家族や友人に見せると、
ぱっと見結構びっくりされるんですよ「こんなスープがあるんだぁ!」という感じで。
でも実際に飲んでもらうと、
「健康によさそうなだけじゃなく、味にもこだわっていておいしい!」という反応をしてもらえる。

「緑野菜のポタージュ」がほめてもらえるのは嬉しいです。

 
―――購入されるのは、どのようなお客様が多いですか?
大楠
インスタントスープというのは、基本的に30代40代ぐらい主婦の方に購入していただくケースが一番多く、「野菜シリーズ」に関しても同じ傾向があります。ただ、50代くらいの方や20代くらいの方、メインの層よりも一世代ずつ前後にずれた年代のお客様にも、比較的多く購入していただいていますね。

50代のお客様が多い理由としては、今、50代くらいの方達の食事が和風から洋風へとシフトしてきていて、スープを飲む方というのが増えてきているというのがひとつ。

あとは、近年、全体的に消費者の方の健康志向が高まってきているという中でも、特に50代の方は健康への意識が高いんですよ。

以前、健康志向への関心の高さを年代別に調査したことがあったのですが、全年代の中で50代の方の関心が最も高いという結果が出ました。

 
おいしい淡色野菜たっぷり
「淡色野菜のポタージュ」
大楠


あとは20代の、小さなお子さんのいるお母さんが、
「お子様に」ということで購入されるケースも多いです。
やはり野菜が苦手なお子さんは多いですので、
「おいしく野菜が摂れる」ということで、購入していただける場合が多いようです。

 
―――野菜が苦手な方でも食べやすそうですね。
大楠

「野菜のスープ」と聞くと、どうしても野菜ジュースのような、
「野菜」を前面に押し出したようなものを想像して敬遠してしまう人も少なくないのではないかと思います。
でも、「野菜シリーズ」は、あくまで、スープのおいしさが大前提。
一杯の「おいしいスープ」の中で、野菜と健康も表現しています。
そういったおいしさと健康のバランスが、お客様に好評をいただいている理由だと思っています。

 


株式会社ポッカコーポレーション



vol.56 ポッカ(4)
 
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved