みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.54:キユーピー(4) 〜マヨネーズのこれから 2005.11.22

キユーピーマヨネーズの今後の展開は


今年10月21日から発売のキユーピーディフェ
【後藤】今年の10月21日から、特定保健用食品の認可を受けた商品を販売しています。「食べ続けるとコレステロールが下がる」という機能を持った、「キユーピーディフェ」という商品です。
人間ドックなどでコレステロール値が高いと診断される人が年々増えてきていて、今や約30%以上(日本人間ドック協会調べ)が指摘をうけているのだそうです。コレステロールの値が良くなくて、お医者様から「マヨネーズは食べちゃだめだよ」と言われる方もいます。
そういった方にもおいしくマヨネーズを食べていただきたいということで開発したのが、「キユーピーディフェ」です。
コレステロールを低くといった、「抜く」というころから1歩先に進んで、「下げる」というアクティブな機能をつけたマヨネーズです。
「食べ続けるとコレステロールが下がる」という効果を立証して、厚生労働省から特定保健用食品の許可をいただいて発売しています。

【吉岡】ただ、実は普通のマヨネーズも、食べ続けると油の中の脂肪酸の効果でコレステロールが高めの方はコレステロールが下がるという実験の結果もあるんですよ。マヨネーズの油の脂肪酸は、オレイン酸中心で、リノール酸やα‐リノール酸などの構成だからなのです。普通のマヨネーズでも特にコレステロールが溜まるというわけではないんです。
「キユーピーディフェ」のように、特定保健用食品の認可を受けた商品なら効果や効能もわかりやすくお客様に伝えられます。

キユーピーマヨネーズ製造ライン(1)
【後藤】実際にはマヨネーズのコレステロールは多くないんですが、イメージ的に気にする方が多く、先ほど「キユーピーハーフ」の話のときにも触れましたように、カロリーが高いというイメージも強いです。
でも、マヨネーズは栄養学的にはもっといい部分もあるんです。
野菜から獲れる脂溶性のビタミン、A、D、E、Kといったものは、油で炒めたりして植物油と一緒に摂ると吸収率がいいと一般的に言われていますが、実験の結果、マヨネーズと一緒に摂るとそれよりも格段に吸収がよくなるということがわかりました。
最近法律の改正などで、栄養学的なことを直接製品には書くことができなくなってきたのですが、ホームページなどではこういったことも紹介しています。
あまり知られていませんが、マヨネーズの健康への効果というのはかなりあるんです。
マヨネーズは元々栄養が豊富で健康的なものですので、そのものが悪いのではなく、取りすぎることが問題なんです。

【吉岡】それに、コレステロール自体も生きていく上では必要なものです。細胞の構成要素ですし、なかったら人は死んでしまいます。コレステロールが身体の中で脳に一番多いですし、血管の壁を作っているのもコレステロールです。コレステロールそのものが悪いのではないのです。

【後藤】いくら体内で合成される量がコントロールされるとはいえ、お肉ばかりを毎日食べて野菜を摂らないといったひどい食生活を続けたり、カロリーオーバーした食事を続けていたりすると、過剰摂取でコレステロールがだんだん増えて、動脈硬化などのよくないことがおきるんです。
ですから本当は、食事全体のカロリーをコントロールし、結果としてコレステロールを下げるということが一番大切なんですね。

「味」に関しては、やはり「キユーピーマヨネーズ」が一番ですか。


キユーピーマヨネーズ製造ライン(2)
【金子】食べれば食べるほどに「やはり『キユーピーマヨネーズ』が一番おいしい」と感じますね。
「キユーピーハーフ」や「キユーピークオーター」も勿論おいしいんですが、やはり一番おいしいのはどうしても「キユーピーマヨネーズ」です。

【後藤】そうですね。私も色々な商品を開発してきましたが、「キユーピーマヨネーズ」が一番おいしいと思います。2000年には、新技術の開発などで「キユーピーハーフ」を「キユーピーマヨネーズ」の味に近づけることができましたし、「キユーピークオーター」や「コレステロールゼロ」「キユーピーハーフ」の開発も手がけてきたのですが、目標とする味はやはり「キユーピーマヨネーズ」なんです。
それだけに、「キユーピーマヨネーズ」と言うのは、自分の中でも大きな商品ですね。「キユーピーハーフ」や「キユーピークオーター」があの味に近づくにはまだまだ遠いですが、逆にそれがやりがいでもあります。

商品以外にはどんな展開を予定されていますか?


キユーピーが80周年の記念に出した
小冊子「マヨネーズ物語」
【後藤】最近では、「実はマヨネーズはこんな使い方があるんです」というようなユニークな使い方を研究して、学会で発表もしています。マヨネーズを使用して卵焼きをふんわり仕上げたり、油で揚げずにエビフライを作ったりといった、普段の料理をラクにおいしくしてくれる裏技的な使い方を研究しています。
(『キユーピーマヨネーズ』の楽しい使い方は次回【第五回】でたっぷり紹介いたします!お楽しみに!)

【金子】中には、お客様から教えていただいた使い方というのもあるんですよ。裏技的な使い方のほかにも、ホームページでは、様々なサラダやレシピを次々と公開しています。こんな楽しくて便利な使い方がある、というのを伝えていくのも、私たちがすべきことと考えています。

最後に

【後藤】今やマヨネーズは、家庭の冷蔵庫に1本は入っているという商品になりましたので、これから先はどんな魅力的なものを作り出せるか、ということにかかっていると思っています。
マヨネーズはあくまで食卓の脇役で、主役になることはありませんが、本来のおいしさや使っているときの楽しさや魅力というものはしっかりとお伝えしていきたいと思っています。

あくまで調味料であるということを忘れないようにしつつ、「こんな使い方もあります」というようなことを提案してマヨネーズの楽しい魅力をお伝えしていくというのも私たちの使命と考えています。
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved