オピ研とは、みなさんからいただいた商品・企業への声を
オピネットがみなさんに代わって直接企業に届けちゃおう!
というコーナーです。
オピネットへどしどしご意見お待ちしています!

オピ研vol.50 夏休みスペシャル

 
 楽しい夏休みも、もうそろそろ後半。
夏休みの自由研究は何にするか、もう決めましたか?
「まだ」という人は、
社会科見学に行ってみてはどうでしょう?!

今回のオピ研は夏休みスペシャル!
大人も子供も楽しい社会科見学を集めてみました。

お菓子工場にピアノ工場、警察の中、
水族館の裏側、相撲部屋の稽古…
普段見れない施設の中やお仕事の裏側を、
楽しみながらのぞいてみませんか?
 
 
 
   
  
 
お菓子やデザート、お料理の材料など、
みんなの大好きな食べ物を作っている工場を見学に行こう!

もしかしたら試食などもできるかもしれないよ!
  ・働いている人たちの好きなお菓子(食べ物)は?
  ・一日にどれくらいの量の商品が出荷されるのか。

上へ戻る
 
 
カルビー・カルビーグループオイシア
工場見学・無料
北海道ではポテトチップスの製造風景が、栃木県ではシリアルの製造風景が見れる。
予約:工場へ電話で予約
場所:北海道(千歳市)、栃木県(宇都宮市)
注意事項:平日のみ。二名以上
 
 
日本ミルクコミュニティ
工場見学・無料
牛乳やデザートなどの製造工程見学・ビデオ上映。
牛乳等の試飲もできる。
 
写真は千葉県の野田工場(外観)⇒

予約:工場へ電話予約。ただし、工場ごとに受付可能な日時が異なるため、必ずHPで該当の工場見学ページを確認した上でお電話してください。

場所:北海道(札幌)、宮城県(岩出山町)、千葉県(野田)、愛知県(豊橋)、京都府(八木町)
注意事項:平日のみ。見学内容・受付可能なは工場ごとに異なるので、予約の電話をする前に必ずHPをチェックしよう!兵庫県と神奈川県の工場は8月中はもうすでに予約は終了しまったので、見学をしたいときは9月以降にしよう。
 
 
 
鈴廣かまぼこ かまぼこの里
工場見学&展示・入館は無料
かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる博物館では、ガラス越しにかまぼこづくりが見学できる。要予約で有料だがかまぼこ作りなども体験可能。
また、かまぼこの板に書いた絵の展示などもあり。もちろん、かまぼこを食べられるお食事どころなどもたくさんある。
予約:見学などは予約不要。かまぼこ作り体験は要予約(電話・インターネット)。当日予約も可能
場所:神奈川県(小田原)
注意事項:8月25日は休館
 
  
 
ゴクゴク、夏にいっぱい飲みたい僕らの大好きなジュースや
パパの大好きなビールやお酒、飲み物を作っている工場を見学に行こう!

飲み物を飲ませてくれるところもあるよ!未成年はお酒を飲んではいけないので、
ビール工場などを見に行くときは大人の人といっしょに行こう!
  ・夏と冬では、作る量は変わらないのかな?
  ・ビール工場に見学に行ったら、一緒に行った大人に、
  やはりできたてはおいしいのか聞いてみよう。

上へ戻る
 
 
アサヒ飲料
工場見学・無料
三ツ矢サイダー(柏工場)や十六茶の調合(明石工場)が見られる。 
写真は工場の外観⇒
一番上が富山県の北陸工場
真ん中は千葉県柏の工場
下が明石工場です
予約:電話で予約
場所:千葉県柏市 富山県下新川郡 兵庫県明石市
注意事項:人数など、それぞれ工場によるので要確認
 
 
 
アサヒビール
工場見学・無料

ビール作りの工程などなど。

予約:電話などで予約
場所:北海道札幌市、福島県安達郡、茨城県守谷市、神奈川県南足柄市、愛知県名古屋市、大阪府吹田市、兵庫県西宮市、愛媛県西条市、福岡県福岡市、北海道余市郡、宮城県仙台市、山梨県山梨市
注意事項:各工場により条件などが異なるので要確認
 
 
 
サントリー
工場見学・無料
試飲が出来るガイドツアーなどがあります。各工場により作っているものが違います。
また、各工場にて7月、8月の平日、親子揃って環境についての勉強ができる「夏休み親子環境見学会」が開催。前日までの予約制で先着順になっていますので、予約状況など詳しくは直接お問い合わせください。
 
写真は「夏休み親子見学会」の様子⇒
予約:電話で予約。イベント「夏休み親子教室」は8/31まで。
場所:全国7箇所(工場・蒸留所・ワイナリー)山梨県北杜市、京都府長岡京市、大阪府三島郡、熊本県上益城郡、山梨県甲斐市、群馬県邑楽郡、東京都府中市
注意事項:各工場により作っているものが違う。
 
 
 
キリンビール キリンビアパーク千歳
(ジャンル)・(代金)
ビールの製造から出荷までが見学できる(そして大人はできたてを試飲できる)ブルワリーツアーのほか、広い園内には植物園やレストランもあり。
予約:ブルワリーツアーの見学は電話にて予約が必要
場所:北海道(千歳市)
注意事項:大人と一緒に行ってうれしそうな顔を見よう。
 
 
  
 
テレビやパソコン、洗濯機や電子レンジなどなど、
僕たちの生活を便利に、豊かにしてくれる機械。
その歴史や未来について勉強してみよう!

また、音楽が好きな子は、
楽器の製造を見学に行ってみよう!
ピアノを試しに弾いたりすることもできるぞ!
  ・その機械(楽器)つくりならではの苦労を聞いてみよう。
  ・未来の地球っ子として何をすべきか考えてみよう。

上へ戻る
 
 
松下電器株式会社 パナソニックセンター
ショールーム・無料
パナソニックの新商品展示や、未来のくらしと夢を体験できます。
パナソニックセンター東京には恐竜化石のミュージアムも。
夏休み期間中は手作り乾電池教室など、楽しいイベントめじろおし。
 
写真はパナソニックセンター東京(外観)⇒
予約:不要
場所:東京(有明)、大阪(京橋)
注意事項:イベント情報の詳細については、ホームページをご覧ください。
 
 
 
シャープ
ショールーム・無料
シャープの技術を見学できる「ハイテクノロジーホール」(幕張・天理)。夏休みはイベントもあり
予約:団体は要予約。イベントへの参加にも予約が必要
場所:千葉(幕張)奈良(天理)
注意事項:主に小・中学生(原則小学4年生以上)
 
 
ヤマハ
工場見学&ショールーム・無料
ヤマハのピアノ工場を見学できる。ショールームでは楽器の演奏ができるほか、ビデオ上映もあり
予約:インターネットでの予約
場所:静岡県(浜松市)
注意事項:要予約・時間厳守
 
  
 
乗っているだけでも楽しい、車や電車、飛行機などの乗り物。
飛行機は、どうやって飛ぶのだろう?
トンネルの中って、どうなってるのだろう…??

また、種子島、内浦の宇宙センターでは、実際に
ロケット(人工衛星)の打ち上げを見ることも出来るぞ!
  ・地上にある駅とはどう違うか見てこよう
  ・どうすれば野口さんみたいに宇宙に行けるか聞いてみよう!

上に戻る
 
 
JR北海道函館支社 青函トンネル 海底駅
施設見学・有料
青函トンネル内にある、吉岡海底駅・竜飛海底駅の中を見学できる。専門の係員同行のもと、駅構内や待避所などの見学コースを歩いて回り、ジオラマや体験炭鉱などの展示物や、トンネル内の様子などを見て回ることが出来る。
また、吉岡海底駅←→函館間を、ドラえもんのキャラクタードラえもんのキャラクターたちやドラえもんのひみつ道具が車両ごとにデザインされた、カラフルでかわいい「ドラえもん列車」が運行中。列車の運行日には、吉岡海底駅にてイベント「吉岡海底駅ドラえもん海底ワールド」が開催され、楽しいドラえもんワールドに触れることができる。
予約:予約制。乗車券・特急券のほか、「海底駅見学整理券」を前もって購入しておく必要がある。
場所:吉岡海底駅(北海道)、竜飛 海底駅(青森)
注意事項:予約制。駅や年齢によって費用が異なるので、詳しくはホームページで確認のこと
 
 
全日本空輸 ANA 機体メンテナンスセンター  
工場見学・無料
全日空の飛行機の整備工場の見学。整備作業中の飛行機を見学できるほか、飛行機や整備に関する説明や、飛行機の製造に関するビデオの上映など。(内容は異なる場合もあり)
見学できるのは月曜日〜金曜日(祝日・年末年始は除く)、小学生以上対象ですが、小学生には保護者の引率が必要です。
予約:希望日の6か月前〜1週間前までにインターネットにて予約(電話受付もあるが、インターネット予約のほうが優先される)
場所:東京都(大田区羽田)
注意事項:小学生以上対象。小学生には保護者の引率が必要です。
 
 
JAXA宇宙航空研究開発機構 宇宙センター
施設見学・無料
内容は展示施設によりけり。決まった日に研究設備を公開している施設や、種子島、内浦の施設では、ロケットなどの打ち上げも見ることが出来る。最新の打ち上げ予定は8/24にあるもよう。子供に一生の思い出を作ってあげたい方は是非。詳しくは公式サイトで。
 
種子島宇宙センターでの打ち上げの様子

写真は左から順に、(1)種子島宇宙センター展示(2)種子島宇宙センターと種子島の海(3)筑波宇宙センターの展示 (写真提供 JAXA)
予約:各施設へ問い合わせ
場所:鹿児島県(種子島、内之浦、増田)、茨城県(筑波)、千葉県(勝浦)、沖縄、埼玉県(鳩山町)、東京(調布)、宮城県(角田)、長野県(臼田)、秋田県(能代)、神奈川県(相模原)
注意事項:施設によって内容・注意点などが異なるので事前に要確認
 
 
  
 
警察の中は、どんな風になっているのだろう?
お金って、どこから来るのかな?

普段なかなか見れない、日本のしくみを、ちょっとだけのぞいてみよう!
  ・お金をいっぱい作ったら、
  日本はお金持ちになるんじゃないのですか?
  ・この仕事の楽しいところ・大変なところは?

上に戻る
 
 
日本弁護士連合会
施設見学・無料
弁護士や裁判制度について幅広く知ってもらうため、また、司法教育の充実の一助となることを目的に実施
予約:平日(月〜金曜日)の9:30〜17:00のうち1ヶ月以上前までに、なるべく複数の候補日時をあげて申し込み
場所:東京(霞ヶ関)
注意事項:対象は小学校6年生、中学生、高校生(小学生の場合は成人の引率者が必要です)
 
 
国会議事堂
施設見学・無料
本会議場傍聴席、御休所、皇族室、中央広間、前庭などを案内。所要時間はおおむね60分。
祝祭日、年末年始を除く月曜日から金曜日までの午前8時から午後5時まで(受付は午後4時まで。
個人で見学される方の案内時刻は、午前9時、10時、11時、正午、午後1時、2時、3時、4時)。
 

写真は国会議事堂正面
(参議院事務局提供)
予約:直接参議院の参観受付窓口へ申し込み(10人以上の団体の場合、予約が必要)。
場所:東京都(千代田区)
注意事項:平日のみ(本会議がある場合は、開会予定1時間前から終了まで見学は中止)。
国会閉会中の第1・第3日曜日は議員の紹介により見学可能。
 
http://www.sangiin.go.jp/japanese/jimukyok/bochou/kengaku.htm
 
 
警視庁 警察博物館 
ミュージアム・無料
警視庁の活動や歴史に関する資料がたくさん展示されているミュージアム。
白バイやヘリコプターなどの乗り物や歴代の制服や武器、鑑識に使う道具など、普段あまり見ることの出来ない展示がいろいろ。
他にもゲームのコーナーや、子供(3歳から12歳まで)を対象に、警察官の制服や白バイ隊の制服を着て記念撮影できるなりきり体験コーナーなども。(カメラは持参)制服のサイズは各100p、120p、140pの3サイズ。
施設の見学・なりきり体験コーナー共に予約は不要。
ホームページでバーチャル見学ツアーを見ることが出来る。
予約:不要
場所:東京都(中央区京橋)

注意事項:年末年始及び、毎週月曜日は休館(ただし月曜が祝日に当たる場合は、翌日が休館となる)
なりきりコーナーで写真をとる場合はカメラ持参のこと。

 
 
 
造幣局
工場見学・無料
お金を作っている造幣局。お母さんもきょうみしんしん。ビデオ上映、博物館見学、工場見学と盛りだくさん。8/18〜8/31は親子教室も開催。
予約:10日前までに予約が必要。
場所:大阪、東京、広島 (博物館を併設)
注意事項:10日前までに予約が必要。
 
 
  
 
アニメやドラマ、お笑い番組、
そしてニュースやコラムなどなど。

みんなが毎日目にするテレビや新聞は、
一体どんなところで、どうやって作っているのだろう?
  ・この仕事でやりがいを感じるのはどういう時ですか?
  ・大変なのはどんな時ですか。

上に戻る
 
   
 
読売新聞
お仕事見学・無料
新聞ができるまでを説明するビデオ上映(約15分)と、編集・制作・印刷・発送など新聞制作の過程を見学します。新聞編集のデモ
予約:インターネットのほか、はがき、電話にて予約
場所:東京(大手町)
注意事項:主に小・中学生(原則小学4年生以上)が対象
 
 
 
フジテレビ
お仕事見学・ 球体展望室は有料
フジテレビのビル内(一部)を見学。スタジオ見学コースでは、番組の収録が見れることもあるかも。球体展望室には、報道番組の擬似体験を出来るコーナーもあるよ。
予約:特には不要
場所:東京(お台場)
注意事項:お台場冒険王が開催中なので、混雑は覚悟していったほうがいいかも?
 
 
TBS ビッグハット
お仕事見学・無料
およそ1時間〜1時間半のコースでスタジオや大道具倉庫など放送局の裏側を見られる。
予約:完全な予約制。希望日の一週間前までに。
場所:東京(赤坂)
注意事項:中学生以上対象。5人以上から15人までとしたツアー形式
 
 
  
 
ライオンやパンダ、うさぎに熊に、
いるかにアロワナ、クマノミ、カメ・・・・

生き物が好きな人は、水族館の裏側や
夜の動物たちが観察できる、こんなツアーに参加してみよう!
生き物たちのいつもとは違う顔が見れるかもしれないぞ。
  ・動物や魚達が普段どれくらいの量の食事をするのか
  ・上から見たお魚や夜の動物達、
  普段見るのとはどんな違いがあるか良く見てこよう。
  ライオンはどんな風に寝るのかな?

上に戻る
 
 
葛西臨海水族園
バックヤードツアー・通常の入場料のみ必要
水族館の裏側がのぞけるバックヤードツアー。給餌風景や清掃風景など見れる。
予約:予約はできない。土・日・祝のみの開催で、開園の15分前から受付の先着15名のみ。
場所:東京(葛西)、
注意事項:バックヤードツアーは土・日・祝のみ。小学生のみの参加は×。身長120cm以下の方の参加も×。サンダル履きでの参加も×。予約はできず、先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。早めに行こう。
 
 
 
よこはま動物園ズーラシア
夜の動物園・通常の入場料のみ
8月の土、日曜日だけの特別企画「ナイトズーラシア」は、普段見れない夜の動物たちの様子が見学できる特別プログラム。(一部見れない動物も居ます)
また、縁日や市民ステージ、影絵といった、参加型のイベントが多数開催されるほか、8月の土曜日にはウナギやスイカなど、動物たちにステキなエサのプレゼントをする企画も!

他にも全国の動物園でナイトイベントなどが開催されています。自分のうちの近くにある動物園を調べてみよう!

 
木陰から現れたウンピョウ。すごい迫力!↑

写真は左から順に、(1)闇に溶け込むスマトラトラ(2)迫力満点のインドライオン(3)楽しそうな縁日の様子
予約:不要・開催日はサイトをご覧のこと。
場所:神奈川県(横浜市)
注意事項:懐中電灯、遊び道具などの持ち込みは不可。フラッシュ撮影なども×。開催日など詳しくはズーラシアのサイトで。
 
 
  
 
あこがれの的、スポーツ選手。
彼らの勝負の舞台である試合場や、
練習の様子を見に行こう!

もしかしたら憧れの選手を近くで見れちゃったりして・・・?!
  ・試合中などのおもしろいエピソードなど聞いてみよう。
  ・選手やお相撲さんに会ったら、手の大きさ、
   腕の太さなど自分と比べてみよう!

上に戻る
 
 
東京ドーム
バックヤードツアー・ツアー参加料が必要
スタンドコースとグラウンドコースがあり、ベンチやVIPルームなど、普段見れない東京ドームの裏側が見れる。運が良ければ選手の練習風景が見れることも…?
ツアー参加料は、ツアーのみで、大人1,200円 中学1,000円 小人800円
ツアー+野球体育博物館 だと、大人1,450円 中学1,150円 小学生950円
予約:当日受付のみ。9:30より、参加者そろって受付。総合案内所 22ゲート前広場にて
場所:東京都(水道橋)
注意事項:グランドコースの場合、ハイヒールや靴底が高いお履物でのグラウンド入場は危険なため不可。当日受付のみで定員制なので、なるべく早めに行こう。
 
 
日本相撲協会 両国国技館
バックヤードツアー・無料
普段見られない両国国技館の裏側がのぞけるツアー。希望によりまわしもしめられるそうです。
開催日がなんと明日!(8月17日)なので参加したい人は お早めに!
予約:不要。参加希望者は開催日(8/17 明日です!)の13:50までに国技館正面入口へ集合。明日(8/17)開催なのでお早めに!
場所:東京(両国)
注意事項:8/17(明日)開催。
 
 
 
相撲部屋は稽古風景を見学できるところが多いよ。家の近くの部屋や、行ってみたい部屋などを調べて、見学できるかどうか電話で聞いてみよう。
荒汐部屋 ただ今リフォーム中だそうなので、
9月になったら行ってみよう
お仕事見学・無料

元小結、大豊・荒汐親方と6人の力士が稽古に励んでいる相撲部屋。
稽古風景が見学ができるよ。かわいい犬もいるみたい。
8月中はリフォーム中で稽古場では練習して居ないそうなので、9月になったら行ってみよう。

予約:特に不要。訪ねていって、見学できるかどうか聞いてみよう(失礼のないように注意しよう!)
場所:東京都(人形町)
注意事項:真剣に稽古をしているので、居眠り、食事、私語などは厳禁です。外に出ていることも多いそうですが、土日の早朝は部屋で稽古してることが多いそうです。8月中は稽古場では練習してないそうなので、9月になったら行ってみよう。
 
 
  
 
今年一番の話題スポットといえば、なんといっても「愛・地球博」!
冷凍マンモスやロボットのダンスなどなど、楽しそうなイベントが盛りだくさん!
みんなはもう行ったかな?

そんな「愛・地球博」の裏側をのぞける
ちょっと変わったツアーが登場したよ!
  ・一日に何人くらいの人が来るのか
  (入場者数と同じ人口の町などないか調べてみよう)
  ・どのくらいの数の人が働いているのか

上に戻る
 
 
愛・地球博
バックヤードツアー・会場入場費のみ
愛・地球博の裏側がのぞけるツアー。「北コース(エネルギーコース)」と「南コース(循環型システムコース)」の二種類がある。
他の人とは少し違う目線で、万博をのぞいてみよう。
予約:開催日の一週間前までにインターネットまたはFAXによる申し込み
場所:愛知県(名古屋)
注意事項:コースが二つあるので要注意。写真撮影は禁止だそうです。
 
 
 


vol.51
 
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved