みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.46:太陽油脂(3)〜商品ラインナップ 2005.07.05

『ナチュロンシャンプー』のような石けんシャンプー以外にも色々商品があると思いますが、オススメ商品を教えていただけませんか?


パックスナチュロンUVクリーム
化粧下地としても使える日焼け止めクリーム。
なんと、@コスメ・2004年ベストコスメ大賞
日やけ止め部門で第三位獲得!
洗濯用石けん、台所用石けんが多いのですが最近では、UVクリームから化粧品といったフェイシャル商品も揃えるようになりました。こちらがオススメです。

洗濯用・台所用石けんももちろん使っていただきたいのですが、まず合成界面活性剤を使っていない商品の良さを実感できるのはフェイシャル用品だと思います。クレンジングや化粧品のクリームなどには水と油が使われていて、これらを乳化させるために多くの化粧品では合成界面活性剤が使われています。
これは(石けんでない)洗濯用・台所用合成洗剤と同じ成分なのですが、自分の顔に使うときに、自分の子どもに使わせたときに残ってしまうのはどうなのかと考えますよね。

「合成洗剤を使って洗濯物やお皿を洗うと、川に流れて、海や魚を汚してしまいます」といっても直接自分には影響がないのであまりピンとこない方が多いと思います。ですが自分の皮膚に直接触れるようなものであれば実感できるのでわかりやすいと思います。

クレンジング・化粧水などのフェイシャル用品
そこで石けんシャンプーやフェイシャル商品などを実際に使って、髪や肌が良くなったという実感を感じると次は洗濯用も台所用も使ってみようかと、生活を全部変えることにつながります。

以前は洗濯用・台所用石けんから説明をしていたのですが、最近ではフェイシャル用品のような実感が掴めるものからお話をすると生活全般までわかっていただけるようです。

自分の実感があると納得しやすいですね。何か1個商品を使い出すと他の商品まで使いたくなりそうです。


パックスナチュロン ハミガキ
一般のハミガキのような「スースーした感じ」や、
ハミガキの後の独特の違和感がない。
他には歯磨き剤の『ナチュロンハミガキ』もわかりやすいです。最初は一般に売っている合成歯磨き剤と味が全然違うのでびっくりするかもしれませんが、1週間使っているとそれまで使っていた合成歯磨き剤に戻れなくなってしまうと思います。良い成分は特に入っていないのですが、悪いものも入っていないんです。歯磨き剤が泡立つということは、洗濯用の合成界面活性剤が歯磨き剤の中に入っているということなんです。それで歯の汚れは落ちるのですが、その時に口の中の粘膜に合成界面活性剤がくっ付いて取れなくなってしまいます。そうすると、舌の上に味を感じる味蕾にもくっ付いてしまうものですから、段々味がわからなくなってしまいます。ですから普通の歯磨き剤を使っているとお茶の味までが変わってしまうんです。

ところが合成界面活性剤を使っていない歯磨き剤を使っていると、お茶の味が美味しくなる、ご飯も美味しく食べられる、ということを実感できます。そうすると皆さん、商品の原料表示をよく見るようになってきます。そこに「発泡剤」などと書いてあるのですが、それを見ると「なんだこれは?台所洗剤と同じ物が入っている、そんな物で歯を磨いていたんだ」ということにお気づきになると思います。商品の良さを実感しながら1週間使った後に合成界面活性剤を使った歯磨き剤に戻してみると「あら、口の中が変だわ」と感じるし、ちょっとお茶がまずくなるということがわかってくると思います。

一度ためしてみたくなりますね。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved