みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.45:モスバーガー(5) 2005.5.24

実は、値段が高いということや、お店が駅から遠くて不便だというご意見が多かったのですが…

・モスバーガーは日本国内のファーストフードで一番大好きですが、値段がちょっと高め。もう少し安くなりませんか?(30代 女性)
・なぜ他のバーガー屋さんのようにクーポン券を発行してくれないのですか?(40代 女性)
……値段設定について:他79

・駅前には、あまり店舗がないような気がします。駅前に、店舗を増やしてください。(30代 女性)
……店舗の立地について:他15

ファストカジュアル業態の「緑モス」
写真:モスバーガー新橋二丁目店
【知念】
『匠味』の際にもお話したのですが、おいしさと品質を重視して商品を作ると今のお値段になってしまうんです。
クーポンを発行しないのも、割引をする余裕がないからで、もし割引ができるような価格設定にするのであれば、その分最初から値段を安くしたり、開発費用にまわしたいと思っています。

【松田】
店舗の立地については、創業当時の戦略なのですが、そうせざるを得ない状況でもあったのです。というのも出店資金が乏しかったので、家賃が高い駅前などには出店できず、1本裏に入った家賃が安いところ、もう1本入ってさらに安いところ…と出店したのです。
ですから古い店舗ほど路地裏にあります。お店が小さくて、場所がわかりづらくても、商品がおいしければ評判が評判を呼んでお客さまに来ていただけるだろうと考えたんです。ここでも商品に関してコストを下げるのではなく、他のところでコストを下げるように工夫したんです。

そうだったんですか。最近では緑の看板の「緑モス」なるお店が増えているそうですね。

緑モスって何??(30代 女性)
……緑モスなど他業態について:他16

「緑モス」のさらに上をいく「次世代」の店舗
看板のイラストは、「ミッフィー」などの人気キャラクターで
有名なディック・ブルーナ氏によるもの。
写真・モスバーガー国立店
【松田】
モスバーガーでは、今従来の赤い看板のモスバーガー(呼称:赤モス)からファストカジュアル業態の緑モスへの転換をすすめています。
ファストカジュアルとはファーストフードのように手軽に利用できて、
カジュアルレストランのように高品質な商品とサービスを利用できる業態のことです。緑モスには緑モス限定メニューもありますからぜひ足を運んでみてください。

お店で使われる「食器」についての質問も来ています。

ほかのファーストフード店ではホットコーヒーなども使い捨ての紙コップで出てきますが、
モスは普通のマグカップですよね。省資源になるとかいろいろメリットはあると思いますが、
ほかにもポリシーみたいなのがあったら教えてください。(20代 男性)

冷たい飲み物はグラスに入っている。
おいしいものを出すための工夫の一つだ。
写真・アイスコーヒー4種
【松田】
モスバーガーのイートインでは使い捨ての食器やスプーンを使わないようにしています。
これもおいしい商品をおいしく召し上がっていただくための雰囲気づくりの一つで、創業時から変わりません。美味しく作った商品をより美味しく召し上がっていただくには紙コップよりもグラスで飲んだほうが、サラダもプラスチック容器よりガラスの器の方が、おいしく感じられるんじゃないかということです。
環境問題が重視される最近になってゴミの減量にもつながるといった利点も感じています。

モスさんにはお店の入り口にメッセージを書いた黒板がありますよね。
今日伺った本社にも黒板があってびっくりしました。

店頭で見かける黒板に書いてある店員さんの"今日のひとことメッセージ(?)"とても素敵なコメントがいつも書かれていますが、あれは店員さん皆が順番に書いている物なのですか?それとも、"特定の選ばれた店員さん"(そういうのを書くのが得意な)が書いているのですか?
【松田】
お店に黒板を置き始めたのは1996年ごろからで、店舗によって店長が書いていることもあれば、アルバイトさんが交代で書いていることもあります。これはお店にいらっしゃるお客さまや、お店の前を通る方に何かメッセージを発信できたら、お店が地域のお客さまとコミュニケーションできたらと考えているもので、何を書いてもいいんです。新商品のお知らせでもいいですし、店長のつぶやきを書くお店もあれば、地域のイベント情報を書くお店もあります。

実際に書いたことありますか?


モスフードサービス本社にある
「モスの看板」
【松田】
本社の玄関の黒板は社員が持ち回りで書いているので私も書いています。黒板に書き移すのは受付のスタッフなのですが、私も文面を書くことがあります。

【知念】
私は本社では書いていないのですが、以前、店舗勤務だった頃にお店の黒板に書いていました。ほんとにひとり言みたいなことを書いていましたね。「青い空を見ていると海が懐かしい、海いきたい」とか。(笑)

【松田】
あの黒板に一人でも足を止めていただけるお客さまがいればうれしいです。
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved