みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.36:チロルチョコ(2) 〜その他商品〜 2005.1.6

チロルチョコは何種類くらいあるんですか?

コーヒーヌガーミルク
チロルチョコの定番、コーヒーヌガー(左)とミルク(右)
オトメのイチゴプリン
1月に発売の「イチゴプリン」
今までに発売されたチロルチョコは70種類以上あって、同じ時期に出回るのは10種類前後です。
『コーヒーヌガー』と『ミルク』が定番で、その他に限定品やアソート品があります。
アソートパックの中には『BIS』や『アーモンド』といった定番品のほか、アソートにしか入っていない味が入っていることもあります。

また季節限定商品として2004年には『スイートポテト』、『きなこもち』、2005年1月には『イチゴプリン』、3月には『コーヒーフロート(アソート品)』、5月に『ミントチョコ』が発売の予定です。

また、1月には『いちご大福』や『いちごプリン』、 『いちごタルト』を組み合わせた 限定のアソート『いちごがいっぱい』も登場します。
大きなチロルチョコと普通サイズのチロルチョコ
大きなチロルチョコ。
普通サイズのチロルチョコと比較するとかなりの大きさ。
ちょこっと気持ち
ちょこっと気持ち
また、バレンタインには『ちょこっと気持ち』や、通常のチロルチョコが詰まった大きなチロルチョコを発売します。義理チョコにもいいですよ(笑)。
この『ちょこっと気持ち』は結婚式の二次会に配るのにちょうどいいということでよくお問い合わせをいただきます。
バレンタイン期間以外はチロルチョコのサイトで通信販売ができますのでぜひご利用ください。
チョコレート業界は秋からがメインで、9月や10月に各メーカーさんから新しい商品が発売されます。
チロルチョコもそのタイミングで新商品を発売するのですが、実は昨年の12月くらいから今年の秋の商品を考え始めているんです。

今年の秋冬商品はもう準備が始まっているんですね。発売が楽しみです。

ちなみに今年発売する1月の『イチゴプリン』や3月の『コーヒーフロート』のパッケージには
いろんな種類のデザインがありますから、チェックしてみててください。

全種類集めたくなりますね〜!


つなげると牛の柄に?!
実は他のチロルチョコにもちょっとした仕掛けがあるんです。
この『ミルク』は、全部で10種類の柄があって、つなげると牛の柄になるんですよ。

おお!本当ですね。今まで柄に違いがあることにも気が付いていませんでした…。
さらにくっつけると牛の柄になるなんて面白いですね


左は普通のアーモンドのパッケージ。
右がピースをしているアーモンド。
他にも秘密があって、『アーモンド』は10円のもので100個に1個、指がピースをしているんですよ。
実は昔、「ピースをしている『アーモンドチロル』があるんですね」とお客さまにお問い合わせを頂いて初めて社員が気付いたそうです。
今ではきちんと事前に打ち合わせをして作っているのでそういうことはありませんが、デザイナーの遊び心を大切にして今でも続けているんです。
『いちごミルク』の裏にいる"いちごみるくちゃん"もウインクをしているものがあります。探してみてください。

面白いですね。


裏の“いちごちゃん”がウインク!しているものがあるらしい。
お菓子には遊び心が必要ですから。
また、定番商品をずっと出しているので飽きられてしまわないようパッケージのリニューアルも頻繁に行ったりしています。
「チロルの包装紙はかわいいので、捨てずにとってあります。プチコレクションです。」というパッケージのファンの方もいらっしゃるんですよ。

また、1月には『いちご大福』や『いちごプリン』、 『いちごタルト』を組み合わせた 限定のアソート『いちごがいっぱい』も登場します。

ずっと昔からあるのに古く感じない理由はそんなところにもあるんでしょうね。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved