みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.34:大掃除プレスセミナー 2004.12.14

もうすぐ年の暮れ、大掃除の季節がやってきます。
去年より楽にキレイに掃除をするには?
株)ダスキンさんで行われた 「大掃除プレスセミナー」では、自分でできるちょっとしたお掃除のコツやプロのお掃除のこだわりをお聞きしました。
今年こそはプロに頼んでしまおうかな〜と思っている方も、自分で大掃除する方もぜひチェックしてみてください。

会場はダスキンラーニングセンター。(ダスキンおそうじ大学)
実習棟には和室や居酒屋を再現した部屋などがあり、掃除の研修を行う。 ラーニングセンター

キッチン 〜レンジフード〜


まずは分解する

ファンは浸け置き洗いをしてスチーム掃除をする
1.換気…酸欠防止
2.脱臭…悪臭の追放
3.除塵…ホコリの追放
4.除湿…湿気の追放
5.温度…熱気の追放
5つの役割
アンケートによるとキッチンの掃除で主婦が嫌いな個所は1位から順番にレンジフード、コンロ、グリル、コンロ前面の壁、オーブンレンジだそうです。
一番嫌われている「レンジフード」ですが、レンジフードをはじめ換気の目的には5つの役割があり、正しく機能させるには日ごろからのこまめな掃除と、年に数回の徹底的な掃除が欠かせません。

【失敗しやすい注意点】
分解と塗装の剥がれに注意! レンジフードを分解するときには感電の可能性があったり、コンロの熱や洗剤の使用によって塗装が剥がれやすくなっているので注意が必要です。

【頼み掃除】
ダスキンサービスマスターのプロのお掃除では、汚れや素材に最適な薬剤を使用し、スチーム洗浄機・浸け置き洗浄機を使ってフィルター、換気扇の羽根、カバー内部、配線のコネクタまでキレイに清掃します。

お風呂場

排水溝
排水溝までキレイにします
お掃除グッズ
家事代行メリーメイドのお掃除グッズ
毎日使っているのに、気が付いたときには汚れがこびりついているお風呂場。 実は「石鹸カス」が原因となることが多いとのこと。
これは石鹸成分が水道水に含まれる金属イオン(カルシウムやマグネシウム)と反応してできてしまいます。

【自分掃除】
石鹸カスをためない〜 石鹸カスを普段からためないようにする方法〜
1.お風呂を出る時、温水シャワーでお風呂場を流す。
 →石鹸カスを流す。
2.冷たいシャワーで洗い流す。
 →温水の水滴をそのままにしておくと、湿気がたまりカビの原因になってしまう。

【頼み掃除】
家事代行のダスキンメリーメイドによる風呂掃除は、鏡やカラン、排水溝の内部、洗面器、風呂椅子など普段行き届かない部分も細部まで丁寧に清掃。
また、仕上げがキレイに見えるようにシャンプー、リンスのボトル類は拭いた上、ラベルの向きを揃える、蛇口を壁と垂直に揃える、タオルは三角折りにするなどの心配りをしている。
仕上がりを見て「自分の家じゃない?」と思う人もいるとか。

水アカ
水アカはこんなに目立つ
掃除グッズ
窓ガラス掃除グッズ
普段は気付かないようにしているけれど、よーく見ると汚い窓ガラス。
知っていると、ガラス拭きがちょっと楽になる情報を聞いてきました。

【自分掃除】
・掃除は外側から!  窓ガラスは表裏で汚れ具合が違います。
  内側の汚れは複雑なので先に外側からキレイにすると
  拭きムラが少なくてすみます。
   表(外側)…水滴・ホコリ・土砂汚れ
   裏(内側)…室内の湿気・タバコ汚れなど
・ガラス用洗剤はX字状に!ガラス用洗剤はXの文字を書くようにスプレーする。
汚れがひどいときや窓が大きいときは※にする。
・「隅から中央へ」拭く拭く時は窓ガラスの隅から中央に向けて洗剤をのばしながら
汚れと洗剤を拭き取ります。

【頼み掃除】
何度も雑巾を変えて徹底的に拭きあげたり、また、ガラス表面についた“水アカ”(長期間放置された汚れで、時間の経過とともにガラス面内部まで進行、化学反応した頑固な汚れ)まで除去します。
特に頑固な水アカについてはダイヤモンド研磨布のついた専用の機械を使って、キズをつけることなく水アカを除り去ります。
また、最後にガラスコーティングをするので約半年から1年間は水アカがつきにくくなるそうです。
<おまけ>

会場となったダスキンラーニングセンターには、
掃除のプロを育成するためのいろいろな研修設備が揃っています。
中には居酒屋セットも!
セミナーでは上記に取り上げたレンジフード、お風呂、窓ガラスの掃除のほかにも フロアやエアコン・洗濯機掃除についての紹介もありました。色々と掃除のコツを学んで、ちょっと大掃除が楽しみになりました。

また、「自分で掃除をしたくない」「忙しくて手がまわらない」 「一度、スッキリきれいにしてみたい」という方にはプロのお掃除・家事代行をお願いするという手もあります。
検討している人は相談してみてはいかがでしょうか。
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved